b0237279_2056268.jpg
最近滋賀もやっとアピール下手だと気がついたらしく、頑張って外に向けて滋賀のええところをアピっている。滋賀で自慢なのは琵琶湖意外に何なんや?と言えば、社寺仏閣、仏像でしょう。
ものすごい穴場だということは意外と知られているのか知られていないのか?
興味ある人しか知らんのでしょうけれど、最近の神仏ブームで仏ガール達が続々とやってきている。

今年は『江』もあったことから、滋賀にもちょいちょい観光をされる方も増えている。
そして、2011秋冬のトリはこれである。
『神仏います近江』
大津歴史博物館、滋賀県立美術館、ミホミュージアムと3館に渡ってお届けする神仏の祭典!
仏ガール大喜び!!

9月歴博、10月県立、11月ミホと毎月展示を楽しんでみたが、最後はミホにしてほんまに良かったと思う。
この美術館は凄い。美術館入口までに至るロケーションの幻想的な感じと中に入った時の展示の仕方と照明が前者2館と比べようもないほどに素晴らしく、ただ単にそこいらの寺にある仏像から国宝級の美術品(中には国宝ももちろんあるけど)へと変化しているような美しさで見せて、いや魅せてくれた。
女は化粧で変わるというが、美術品もまた展示方法と照明で別物に変わるのだと知った出来事であった。

滋賀は割と金色まま残ってる仏像も多く、かなり貴重だ。
だいたいは真っ黒けでホコリを被っていたとしても、国宝ですからとそのまま手を下さないパターンなのであるが、なんでなのか滋賀、保存の良い仏達に巡り合えるのである。
また白洲正子も絶賛した観音さん達がごろごろおるのである。

ミホの中で気に入ってじっと見つめていた栗東の千手観音、どこやらの(忘れた)大仏は圧巻であった。
お気に入り寺の百済寺(ひゃくさいじ)の弥勒菩薩のミニチュアもかわゆかった。
県立のは仁王さんがカッコよかったけど、ミホで感動してしまって内容は飛んでしまった。
歴博は正直言うと、もうちょっと(いつも)頑張ってほすい!
「置いてと言われたし置いたった」的なやっつけ感みたいなもんがめちゃ残念すぎ!!

ということで、ご興味ある方は是非ミホミュージアムへ!!

「神仏います近江」は歴博、県立は終了していますが、
ミホミュージアムでの展示は12月10日まで開催中です。
http://www.biwako-visitors.jp/shinbutsuimasu/

iPhoneから送信
[PR]
# by mandalaxsuper | 2011-12-05 20:56 | 美術 | Comments(0)

b0237279_1453193.jpg

滋賀に来てビックリした事のひとつに、「精米機がそこらじゅうにある」ということだった。
それは至るところにあり、また、頻繁に利用されている。
こちらに来て数年、やっと写真におさめることができた。
しかしながら、精米機のみを撮影しようと思いきや、
どんどこ人がやってきて、なかなか思うように撮れない。
このように、次々やってくる人々。すでに精米機の中ではおじさんが作業中である。
滋賀は米どころ。言わずと知れた近江米の産地である。
田んぼをしている人口がめちゃくちゃ多いので、精米機が置いてないと困るのだ。
私は実はまだ精米機のドアを開け、中に入ってみたことはないため、使い方を知らないのであるが、
でかでかと「コイン精米」と書かれているので、何百円かで精米できるのだろう。
いくらか?それもわからんが・・・・。

こちらは農協の横にて発見。
最近、米やらを買いに農協を利用している。
農協の中で米を買うと、おばちゃんがその場で好きな分搗きで精米してくれるので
精米機まで行かんでもええため、精米機はいまだに利用した事がない。
いつかそのうち・・・?
別にええか。

農協にいくと野菜がめちゃ安いのでありがたい。
大根、白菜、なんやらかんやらが100円。
一体これで農家の人にいくら儲けがあるのか?やっていけるのか?
農協への中間マージンも払わなあかんやろし、と逆になんだか心配になるのであった。

こんな感じで滋賀に染まりつつあります。

iPhoneから送信
[PR]
# by mandalaxsuper | 2011-12-05 14:53 | 観光事業部(滋賀) | Comments(0)

セドナ近郊の森にて

b0237279_1612166.jpg
先日実家が引越しをしたのであるが、そん時にえっらい古い写真を発見。

約15年ほど前のもの・・・。
うわあ、こんなん撮ってたのか~、と。

当時は、オーヴ写真収集をしていたわけやないのに、今よりも一番ええ球が撮れているとは!
やはり無心が大切なのか。
というか、土地のもつエナジー?

セドナ、セドナと今はパワスポの代名詞となっている次第であるが、
当時はアメリカンなスピープル(スピリチュアルなピープルの造語)しかおらず、
日本人のそれらは見当たらず、であった。
ま、ヨガに同じやね。
というのは今やインドはヨガを学びに世界各地から人々が集まるが、
始めの頃は欧米ピープルぐらいで、日本人は見当たらず、珍しいもんやからジロジロ見られたり、話しかけられたり。
そのうちに日本人なんて珍しくもなんともなく普通の光景になっていく。
メジャーリーグもそやね。
野茂ぐらいしかおらんかったが、今は日本人選手がごろごろ。
こういう流れ的な歴史って面白いね。

ていうか、そんなんどうでもええねんけど。
森って綺麗やね。
森はあたたか~い♪







iPhoneから送信
[PR]
# by mandalaxsuper | 2011-12-03 16:12 | オーヴ | Comments(0)

カンテ靱公園

b0237279_2274928.jpg
またカレーです。
ここんとこ肥後橋づいている私なので、靱公園近辺を探検しています。
学生時代からのカンテグランター(?)としては、いっぺん行ってみたかった靱公園店は
落ち着いたオトナな雰囲気。ただし、かかっている曲は印度、アフリカの濃ゆい民族調ではあります。
バラ園を横目に見ながらたどり着いたカンテグランテ。
昼過ぎてからはわんさかランチピーポーがっ。
場所柄サラリーメン、ウーメンが続々と。ネクタイ締めたきっちり系の皆様が濃い曲の流れる印度風の中、カレーを食べている様子が不マッチな感じのようでもあり、普通のようでもある、そんな靱公園でありました。

さて、私オーダーのこちらは「ほうれん草カレー」です。
パラックパニール(ほうれん草とパニールというチーズ)かと思ってパニールを探したけれども、皿の中のどこにも見つからず・・・。メニュー見直したら、パニールの文字部分は修正テープがちゃんと貼られてありました。ちゃんと見ずですんません。

カンテといえば、チャパティ。
印度では全粒粉のチャパティ主流であって、精製された小麦粉のナンでは決してなかったのを思い出させてくれるお店なので貴重です。調子乗ったらアカンぞ、と渇を入れてくれるような存在的な??

カンテグランテ うつぼ公園店
http://www.mmjp.or.jp/cante/utsubo.html

iPhoneから送信
[PR]
# by mandalaxsuper | 2011-12-01 22:07 | ベジタリアン | Comments(2)

ナタラジ梅田

b0237279_2242626.jpg

インド料理の分類は、ベジタリアンか非ベジタリアンかのどちらかなのでとても選択しやすい。
しかし、完全ベジなインド料理を日本で探そうものなら大変である。
こちらナタラジでは気兼ねなく菜食兼美を楽しめるので重宝している。
カレーは割と重いので後々胃もたれしそうな気配であるが、ここでは全くそれもなくありがたい。
朝ヨガ後のすきっ腹で行って、たらふく食べても胃が楽だった。
VEGANの人でも気兼ねなく食事を楽しめるレストランは日本ではかなり貴重やね!

ランチバッフェ 980円

ナタラジ梅田
ブリーゼブリーゼの上。地下鉄西梅田駅よりスグ
http://www.nataraj.co.jp/jp/Umeda/UmedaTop.shtml
[PR]
# by mandalaxsuper | 2011-11-23 23:31 | ベジタリアン | Comments(0)