リビアングラス

b0237279_18153140.jpg

ファラオのネックレスにも使われたマジカルパワー全開の不思議な天然ガラス。

2900万年前の隕石飛来による衝突により、地上の砂などの物質が溶けてガラス室になり、冷え固まって出来たと言われています。(いろんな説があります。)

リビアングラスに含まれる二酸化ケイ素の純度は非常に高く、なんと98%なのだとか。

近年になりリビアングラスと名付けられる前から博物館ではファラオのネックレスは存在していたらしいけれど、その時はただのガラスとしか認識されてなかったみたい。
現代人にはなかなか分かりにくかったのかな。
古代文明に生きた人々は今よりもきっとサイキックな力を感じ取る能力が高かったのか、宇宙人が古代文明を栄えさせたのか、謎だけれども、きっとリビアングラスのパワーは知って使っていたのかもしれませんね。

宇宙に同調し、サイキックアイを開き、自分の中に眠っている潜在能力をグイっと前に出して使えるようにしてくれるらしいです。

宇宙が降りてきた感ハンパない!!

ボルテックスの都セドナに本社があり、神々の聖地バリで作成されるスターボーンのジュエリーは、幸運を運んでくれる動物のカービングもたくさんあるのですが、なんと、リビアンにカエルを彫刻しているという超贅沢使い!!

第三チャクラを強めてくれそうな透明なイエローでここまでパワフルなのはリビアン以外にないと思います。チャクラ、全開しそうなペンダントですね!!

参考上代
写真上118ドル
右上カエル278ドル
左128ドル
右下158ドル
全てStarborn Japan
[PR]
# by mandalaxsuper | 2016-04-23 18:45 | Comments(1)

b0237279_1116748.jpg

あれ?何か沈香って聞いたことあるけど、何やったっけ??と思われる方も多いと思いますが、お線香に入っているアレです。三大香木といえば、伽羅・沈香・白檀。その真ん中のヤツです。ただ、伽羅というのも沈香の最上級のものなので、沈香と白檀が一般的に言われているポピュラーな「香木」になるのかな。アロマやってる人はわかると思うけど、ローズウッドなんかも香木です。

台湾の玉市で初めて出会って、何で石屋さんに香木屋さんが出店してるのかな〜と思って、「Sandalawood?」と聞いたら、「没有!(メイヨウ=No)、沈香(ジェンシャン)啊!(ア=〜だ!)」とおばちゃんが一緒にすな!的な言い方で。沈香の中国語部分聞き取れず、何だか意味不明気分になっていたところ、匂いを嗅いで、あ、沈香か・・・と。玉(石)と匹敵するぐらいの樹木、それが沈香の位置付けなんですね。レベル高い!!

写真はスターボーンの商品、インドネシア産アイトシキロン沈香(左、ブルーアンバー入り)とインドネシア産スラウェジ沈香(右、最上級品質)。スターボーンはシルバージュエリーだけでなく沈香も扱っています。ブルーアンバーも扱っています。知ってるかも、ですが。

左の方は一般的な沈香=Agarwoodとして流通しているもので、インドネシア政府も「沈香といえば、これでしょう!」と認可しているもの。実は、セカンドクラスと言って二番目のランクの沈香でもあり。インドネシアではこの木から精油を取り出して、様々な用途で使っているようです。この沈香は学名:アイトシキロン・シンペタラム、通称:クロコダイルガハル(鰐魚木)と呼ばれており、豊かな油分を含みます。その油分により、この木のビーズの表面はなめらかな輝きがあります。油分からの重みがあり、水に沈むため、この沈香と他のAgar(Oudha Gaharu)と見分けがつきにくいのですが、こちらのクロコダイル・・の方は香り成分を含む木のラインが他のものより繊細です。(木に柄としてラインが入っているのですが、この種類の場合はそこが香り成分を含むという印になります。)

右の白いものは、 通称:スラウェジ=Sulawesi、白沈香。
学名:アクィラリア・マラセンシスと呼ばれる、非常に高価な沈香です。日本酒で言えば、特級だね。インドネシア、スラウェシ島で採れる沈香木で、人工沈香ではなく、天然に出来上がったレア沈香です。このブレスレット一本で100,000円と、値段も0の桁が2個ほど変わりますが、香りも非常に上品!!
他にも、パプア=Papuaと呼ばれる白沈香もあり。これはニューギニア島の左半分(インドネシア、パプア州)で産出される沈香で、Sulawesiのそれとほぼ変わりません。
ただ、白沈香は天然のため、産出が非常に難しいのと、買い付けも難しいので数量は一回の入荷で2〜3個ぐらい。それ以上はかなり難しい、激レア品です。それもそのはず、ワシントンの希少品目第二種に指定されており、「現在必ずしも絶滅のおそれのある種ではないが、その標本の取引を厳重に規制しなければ絶滅のおそれのある種」とわかりにくい記載で乱獲から保護されている種です。

少し説明がてらお勉強の時間。
1:沈香って??
ジンチョウゲ科ジンコウ属(学名:アクィラリア・アガローチャ)の植物で正式名称は、沈水香木と呼ばれる。東南アジア原産、特にインドネシア、ベトナムが産地。
産地や香りなどにより、学名などが変わる。だいたいが、アクィラリア○○。
樹脂が沈着して比重が重くなるため水に沈むから沈香と呼ばれているが、非常に種類が多いため、沈まないものの方が圧倒的に多い。すべてAgarwoodと呼ばれるもの総称が沈香とするため、沈むことが都市伝説並みになっている。

2:なぜ香るのか? とその作られ方
というと、それは菌と微生物による作用。
菌が沈香樹皮に取り込まれると、木そのものの自浄作用で治そうと樹液を出していく(人も怪我をしてカサブタを剥がしたら、汁のような液状のものが出てきますよね。あれと同じようなことかな??)。その樹液が固まり、樹脂となり、その樹脂が木に時間をかけて沈着した部分が特有の香りを放つ。それを削り取り、沈香とします。ということで、沈香は特定の気候下(熱帯雨林)でしか産まれない偶然の産物。すべての木がそうなるわけではなく、沈香木になるには数百本に一本の割合だとも言われています。レアですね。
なので、わざと沈香の元ネタの生木や古木にわざと傷をつけて、土の中に埋めて腐らせ、沈香を人工的に作り出している。
この元ネタの木が育つには、何十年もかかります。高級なものになれば、樹齢は100年以上にもなります。

3:香り成分
木や樹脂は主に熱を加えると香りを放つものがあるが、沈香にもアガテトロール等クロモン類の香りと、常温で香るテルペン類がある。その香りと種類はバラエティに富むが、アガテトロールは樹脂が多いものによく存在するため、それを持って品質評価を図る場合もある。
ここで、豆知識! 沈香念珠等の香りが少なくなったなと思ったら、木をこすれば優美な香りがまた広がってきますよ!!
沈香の香りは、鎮静効果が高く(α波が増すらしい!)深い落ち着きをもたらしてくれると言われ、古くより文献に万能薬として使われていた歴史がある。リラックスしたい、安眠したい場合に良さげ。

4:日本における沈香
推古天皇三年(595年、仏教伝来の少し後ですね。)に淡路島に漂着した沈香を朝廷に献上したと日本書紀にある。
で、それを聖徳太子が鑑定、「あ、これは沈香やな。」と言ったとか言ってないとか。
753年、鑑真が6度目の正直、失明しながらやっとの思いで日本にやってきた時に(人間諦めたらアカン!と教えてくれますよね)、いろんな香木を持ってきて、調香を教えたらしい。
平安時代、宮廷を中心に、部屋や着物に香を焚き染める文化が出来たと言われている。

b0237279_13192587.gif

スラウェシはボルネオのお隣です。
b0237279_1320960.jpg

こんな美しい島で採れるのですね。行ってみたい!!


いかがでしたか? ちょっと長いですが、沈香のお話でした。

欲しい人は、言ってきてね〜! 卸も出来ます。
スターボーンジャパン担当エリナまでご相談ください。
茶色い方はグラム売りです。
[PR]
# by mandalaxsuper | 2016-03-15 13:25 | 天然石 | Comments(0)

b0237279_21422492.jpg

高橋さんと上野の博物館にエジプト展を観に行ってきた。
上野駅はシルバーウィークで超満員!!まるで初詣の時の駅みたいなことになってて。
人々の波を抜けて、博物館へ。人々の波はどうやら、動物園のよう。

博物館に入るとすぐ「ブルガリ展」やってて、先そちらに。

b0237279_2143314.jpg

この建物をすごく上手に使っててビックリ〜。空間デザインすごい!!
入ってスグ、丸いドーム型の天井を見上げたら、ブルガリのジュエリーで出来た万華鏡みたいに天井いっぱいに映像が広がっていて、ラグジュアリー!!!

これでもか!っていうぐらいのジュエリーの数々、基本がダイヤモンド、サファイア、ルビー、エメラルド。新しい時代に入ってやっとトルマリンとペリドットが出てくる感じ。
色もカットも均一に揃えないといけないから、大変だろうな〜と。
そりゃ、焼きもするわ!(⬅宝石処理方法)と。
日本人は石の天然さに重きをおくけれど、これらのジュエリー全部非処理のみでやったらたぶんうすらぼけた薄〜いジュエリーで迫力に欠けるだろうな、と。
こんなに数を揃えるのだから、ハイクオリティな石だけを揃えるにはこれまた大変だろう。
よくよく見たらインクルージョン入ってるなってのもそらたくさんあるわけで。
そら、焼きもするわ!と。(二回目)
ブルガリのジュエリーの数々を見ていたら、エンハンスメント処理の意味も納得。

小さいダイヤを畳のようにしきつめるパヴェっていうセッティング方法があって、ブルガリはこの手法を古い時代から取り入れている。さすがは、老舗だと思って見てたら、やっぱりどっか歪んでたりもするんやなって安心してみたり。
もちろんダイヤが取れないよう細心の注意を払って石留めしてるとは思うけど。
昔、ジュエリーの学校行ってた時、このパヴェが一番好きだった。でも、嫌いだった。楽しいけれど、時間が果てしな過ぎて終らないのだ。そして目が痛い・・・。

最初の写真のサファイヤのネックレスは、エリザベス・テイラーのコレクションらしい。
ピラミッドのような不思議なカットが美味しそう。この石に合わせた独自の爪留めもいい。
彼女はブルガリの上顧客であり、ブルガリの名前を世界に知らしめたのは、彼女だ。
でなければ、日本にもきっと入ってきてなかったかもしれない。

二階からエントランスの吹き抜けを見ると、円形部分の周りをシルバーで縁取ってブルガリの文字。
おお!ブルガリの時計そのものを表すなんて!!素晴らしい。ちょっと感動。

b0237279_2214845.jpg

感動のまま、お目当てのエジプト展へ。
う〜ん、キラキラ感足りないーー。石は石でもこっちは石版多め。
やっぱりエジプトは、メトロポリタン美術館まで行って初めて感動なのかも。
王妃にスポットを当ててるんだけど、なんかパンチ足りず。
っていうか、ブルガリ先見たらあかんかったかな・・・。

で、美術館の方に移動して、今度はモネ展へ。
美術展を3つもハシゴしたことは生まれて初めてだ!
モネの色使いが女性的だなーと思っていたら晩年に向かってオレンジ、赤と激しくなっていき(しかも白内障になってたらしい)、絵のタッチももうどうにでも的な書きなぐり度、それでもめっちゃキレイやからアーティストって凄いな。
お腹いっぱいですーー。

ミュージアムショップで美術手帖の春画特集を買っておいた。
次は春画展を見に行こーっと。

b0237279_2282753.jpg

高橋さんとバイバイして、浅草へ。
あれ?バス降りるとこ間違えた。花やしきやん!

b0237279_2291112.jpg

スカイツリーを見ながら、長いこと会ってなかった姉妹に会いに粉花へ。
久々の姉妹、可愛かったなあ・・・。占いネタで時間忘れるっ。
喋るのに集中して写真撮るのも忘れる!!

b0237279_22102143.jpg

世界中の人々でいっぱいの浅草寺と浅草神社を抜け家路に。
家?オフィスに帰ろうと。
って、お腹空いたなあ・・・。

b0237279_22111475.jpg

喫茶店と思いきや、カレー屋さん発見!!
すでに数日カレー続きなのに、またまたリピートカレー。

b0237279_2212119.jpg

インド人経営かと思いきや、日本の方。ご夫婦でされているお店。
ベジタリアンなんですけど、いいですか?
(しかも、お一人さまカレーやし!)
と聞いたら、なすと豆カレーがあったので、それを。
メニューに「ごはんに合う」って書いてたけどナンで。
食べたら、ほんとにごはんに合う味!
めっちゃおいしいや〜〜ん!!久々に感動よ。
なので、帰りに「めちゃ美味しくて、感動しました!」ってちゃんと伝えておいたよ。
ここ、オススメー。

この日は疲れ過ぎて9時前には就寝!!
子供かっ。


粉花
日本一美味しいおパン♡
http://asakusakonohana.com

インドカリー夢屋
http://www.curry-yumeya.com
[PR]
# by mandalaxsuper | 2015-09-24 22:19 | 美術 | Comments(0)

b0237279_1932394.jpg

四つ葉を発見したので、フラワーエッセンスを作ってみました。
※写真は前に見つけた四つ葉です。

幸せの象徴である四つ葉。発生確率はなんと10万分の1だとか。
ひとつひとつの葉にも意味があり、それぞれに「名声」、「冨」、「満ち足りた愛」、「素晴らしい健康」、四つ揃って「真実の愛」をあらわしています。
全てを手にしたかのようなミラクルさ!!
花言葉は「Be mine!(私のものになって、私を想って)」という多少重みあり、w
しかし、恋をしている人ならきっとそう想うだろう気持ちを四つ葉に託しているのですね。

自分に起こる奇跡を信じるなら、人生に確変を起こしたいなら。チャンスをものにしたいなら。
四つ葉のクローバーのエッセンスがいいのではないかと思います。
他のエッセンスと合わせるとそれらのエネルギーを高めてくれそうなイメージ。
パワーストーンでいうところの水晶みたいな感じでしょうか。
ふとJUJUの歌を思い出しました。
「奇跡を望むなら泣いてばかりいないで シアワセにはふさわしい笑顔があるはず
夜明けを待ちながら 見つめるその先には 探していた未来が微笑む 両手を広げて」

占いでは生まれついた日と時間によって見て行きますが、それは変える事の出来ない宿命のようなもので、それをもとに人生の地図を作って行きます。
もし宿命は変えられないとしても、あなたの運命は自分自身で切り開く事が出来るのです。
地図を手にしたとしても、自分が歩むルートはいくらでも変更可能なのです。
どんな幸運を手にしたいか、どんな夢を描くのか、考えるだけでもワクワクしてきませんか?

フラワーエッセンスとしてのクローバーの意味は、集団性。
流されやすかったり、ノーと言えなかったり、好ましくないグループから抜けられない、集団の考えに影響されやすい人に。抑圧されていることに気づき、自分自身を取り戻し、自分の感情をうまく取り扱い、自分の内側からの声に正直になれるエッセンスです。

あなたが自分自身であるならば、きっと迷いは少ないはず。
人と比べて優劣を感じたり、嫌われたらどうしようなんて思わなくても、あなた自身であることですでにじゅうぶん素晴らしいのです。

水面に写った月がその姿を完璧な姿で現すには、水面の波が一切なくならないといけません。
心のブレがなくなれば、あなた本来の美しさがきちんと自分で見えてきます。
自分がどうしたいのかをすぐに気付く事が出来、直感が冴え渡っています。
宇宙と繋がりやすい瞬間です。

キーワード:
幸運、幸福、ミラクル(奇跡)、自分自身を取り戻す、自分らしくある

b0237279_200579.jpg

[PR]
# by mandalaxsuper | 2015-09-11 20:01 | フラワーエッセンス | Comments(0)

ヤマハギとツユクサ

b0237279_0111272.jpg

久々にエッセンスを作成。
ヤマハギとツユクサのエッセンス。
ツユクサは、去年の記事参照で。

b0237279_0152043.jpg

ヤマハギは、秋の七草のひとつで、止血作用やめまい、のぼせなどに良い薬となるらしい。
民間療法では他に火傷の薬にも良いとか。
英語では"Lespedeza"と呼び、リウマチや血糖を下げるハーブとされている。
いずれにせよ、「血」に関連している感じ?
ハーブには、茎と根を使うらしい。

空からひらひらと季節外れの桜のように舞い散り、道路に薄紫色の花びらのカーペットを作り出している。見上げれば、鈴なりの小さなスイートピー状の可愛いお花。何の花なのかな、、と調べたらヤマハギだった。花が豆っぽいなと思ったらやはり豆科だった。

花言葉は「思い」「内気」「誠実」「前向きな恋」「柔軟」など。
あまり強く主張せず、優しい感じが出てると思う。

万葉の時代には、恋文を萩の枝にくくりつけて送りあったのだとか。

エッセンスとしては・・・
1:変容と受容のイメージ。
変化してしまった事実を受け入れること。それによって傷ついたハートを優しく癒して、包み込んでくれるような。苦しみに挟まって動けなくなりフリーズした状態から立ち直り、ゆっくりだとしても少しずつ前向きに歩んで行けるように。
2:依存なくバランスを取るイメージ。
一輪だけでなく重なり合うようにたくさんの花をつけるヤマハギ、お互いに重く依存し合っていてはバランス良く咲く事は出来ない。しっかりと自立しながらも関係性の中でのハーモニーを築いて支え合っていけるように。
3:喪失感からの解放のイメージ
失ったものを追い求めて美化している場合。
過去世からの傷は今世で美化され持ち越されている場合が多く、傷が気持ち良くなっている場合も。そこをゆっくりゆっくり溶かすようにあなたを癒してくれるでしょう。

あなたはひとりではないのです。周りを見渡してみて下さい。

例えば、失恋で相手を忘れる事が出来ない、ペットロスなど失ったものへの思いを手放さないといけないとわかっているのにそれが出来ない場合に。ステージを上げないといけない(例えば昇進、引越など)時に今までの場所の居心地が良くて動きたいといけないのに腰が重い場合にも。

自分が解消しないといけなかったテーマを知り、過去生からひっぱってきているカルマや恋愛の癖などを解放し、自分自身を愛せるようなり、一歩進んで世界を広げて行くエッセンスとなるでしょう。
[PR]
# by mandalaxsuper | 2015-09-11 01:01 | フラワーエッセンス | Comments(0)