<   2015年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

言葉足らず

b0237279_1540571.jpg
いつも誰かと会った後に思う事。
「言葉足らずだったかも・・・」

書くのは得意だが話すのは苦手だ。とっさに言葉が出てこない。
話すのは話すが、自分の得意分野のみだし、人の話を遮ってまで自己主張するタイプではないから、ついつい最後の言葉を飲み込んでしまったり、いい足りなくって説明不足だったりが多い。
だから常に帰って来たら、「ちゃんと伝わっただろうか?」「もっとこういう風に言っていれば良かったんじゃないか?」と思うことが多々ある。
もう少し頭の回転が早ければ、ちょっとした一言とか、ねぎらいの言葉とかかけられるのにな・・・。とっさの気遣いが出来ればいいのに。あとは自分が引っ込み思案だから。途中で「もういいか」っていう諦めや「これを言ったら嫌がられるかな」っていうのが出て来る。ただ単に自分を出すのが怖いだけ。特に私は、ひとりっこで兄弟姉妹がいないため、喧嘩もせず自己主張もしなくてもなんとなくで生きてこれたからってのもあるかもしれない。何か言われてもぶつかり合う意欲がまったくなくって、むしろ折れた方が楽。ただこれって、我慢を積み重ねた結果、後々、奇行となって爆発するから良くないよね。

格言の中に「沈黙は金」とある。しかしながらその前に「雄弁は銀」。
現在の意味的には黙っていること賞賛なんだけれども、話すのが上手いということも同時に素晴らしいと賞賛している。私が思うにスピーチ力のある者は人々の心を鷲掴みにするし、弁が立つ者が世界を制す。これは古い時代から今も変わらない定説。話せる力というのはそれぐらい魅力的だ。
ひとりで多数の者を説得できる能力のある者が上にいてくれなければ、下に付く誰もが安心が出来ない。

「英国王のスピーチ」という映画があった。吃音だったジョージ6世がスピーチセラピスト(言語療法士)にトレーニングを受けて見事なスピーチを聴衆の前で披露する、って話。トラウマ部分から治療していくことで話す事が苦手でなくなってくる、みたいな感じだったかな。
これを見た後、本当にスピーチセラピーに行こうかって本気で考えた。

話さないのは時として相手にいい印象をもたらさないこともある。無反応であることもとっても失礼にあたる。今の仕事をし始めてから痛感している。特に英語であれば、日本語と違ってニュアンスの違い、文化の違いなどによって伝わらない部分や理解しようにも出来ない部分がたくさんある。だからこそ、その部分は黙っていては双方理解出来ないままになる。だから英語ではなるべくメールを使って思っていることをちゃんと的確に伝えるように努力をしている。
ただ、日本語だとその部分の努力がいらないし、相手もわかっているものだと思い込んでしまうから、逆に黙っていることが美徳ではなくて、仕事ではそれがエラい問題になってくる場合がある。「ほうれんそう」っていうぐらいだからね。

英語の伸び悩みに悩んだ時も、元々話すのが苦手っていう部分でひっかかった。
お話好きの人はこれを英語で言おう、あれを英語で言おうって積極的に話すけれど、私はそこが欠けていて、聞き役にまわってしまうから、話す機会をミスってしまう。しかしそれでも仕事では嫌でも話さないといけない機会がやってくる。そこで初めて「話さないといけない!」って思うようになったのだと思う。
日本人感覚で相手の推測待ちをしても絶対に無理で説明力が試されるから、日本人モードから頭を「英語モード」に切り替えて、なんとか話せるようになった。

今私はまた新しい「モード」を作る時期に来ているのかも。
人とのコミュニケーションの上で、伝えないといけないことをきちんと、しかも自分も相手も良い気分になれるようにちゃんと伝えること、かな。結構頭使うなあ・・・。

幸いまわりを見れば、コミュニケーション力の高い人達ばかり!しかも、常に相手を気遣い、相手の立場に立つことが出来て、一緒にいると居心地がいい人がダントツに多い。自己主張だけしているのではなく、言いっぱなしではない。そういう人達がなぜそうなのかというと、ポジティブだからだ。それと頭の中が整理されているのだと思う。だからダラダラ話していない。言うべきことを簡潔で的確に伝えられて、コミュニケーション能力が高い。この恵まれている環境を活かして、自分もそうありたいなと願う。やはり寡黙よりも、人とたくさん会って、たくさん話してコミュニケーションを取れる方がいい。それはとっても重要なことだと思う。

私は言葉足らずを克服しようと思う。
こうやって書きながら自分の頭の中がいかにごちゃごちゃしているかがよくわかる。
言葉足らずでも頭の中は言葉でいっぱいだ・・・。
話すには言葉足らず、書くには言葉余り。
私の頭も部屋もそろそろ整理が必要なようだ。
[PR]
by mandalaxsuper | 2015-07-10 15:33 | Comments(0)