<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

最近すごく考えさせられるというか、直面させられる場面が多いのが
「自分が思う自分の自己価値、自己評価に見合っただけの事柄が起こる」ということ。

日本では話す際に、へりくだって自分を一段下において謙遜するのスタンダードとされている。
「それ、可愛いね。」と自分でないものを指されてほめられた場合には、「ありがとう。」って言えるのに、自分自信が褒められた場合などは、絶対に「とんでないです。」と謙遜しておいた方が無難だ。

私自身も昔から、自分というものを出せば叩かれるのではないか、という恐れがあったため、常に「いえいえ」「とんでもない」「まだまだです」「すみません」「申し訳ない」を口癖のようにしていた。
しかし、自己評価の低さ、自己価値の低さはかえっていやらしいのだと気付いた。
ていうか、面倒くさいし、ウザい。
「ありがとう」と受け取った方が相手も気持ちがよいし、自分も心地がいい。
こと「すみません」「私なんて」と言い続ければ、そういうすまない現実が起こるだけ。
言葉は言霊だから。

今、私はまさにそれをひっくり返すチャンスを得ている。
スターボーンで一緒に働いている先輩カリスマ姐さんの考え方が常にハッピーで、一緒にいるだけもウキウキした気分になるのに、話をしたりすると考や発想の転換が起こり、いつもいつも感銘を受けるばかり。彼女はスピの生き仏みたいな人だ。

「社長(と呼ばれています、後輩なのに、笑)、自信持って!!サポート力ハンパないよ!」
サクッと一言で人を元気にして、自分の価値を高めてくれる言葉をいつもくれる。

自分にを自信を持つ事は慣れないことだけど、そうすることによって、少しずつ現実が変わって来ている。
ただ、自分が凄いって言って誇示するものではない。それは余計に安もんくさいというか自信のなさのあらわれのようにしか見えない。

今まで、全てを自分で把握して、自分がやって、自分が取り仕切って、自分でコントロールしないといけないと思い込んでいて、そうしないと気が済まなくて、でもちゃんと出来てなくて。
自分だけの仕事、自分だけの自分。でも、全てって自分ひとりなんかでは出来上がらないし成り立たない。

今現在、チームとしての仕事の輪の中に入り、人に任せてみることで自分外しを教えてもらっている。

人にしてもらえるということに甘んじれば、実は感謝が湧いてくることに繋がる。
「してくれてありがとう!」
それを思う場面によく出くわす。自分でやってしまった方が早いかもしれないけど、人に感謝しながら明け渡せば、円滑に進んで行く。
今まではよくしてもらってはいけない、甘えてはいけない、我慢すればいい、そんな風に思っていた。
甘えることが得意な方もいらっしゃるので、うらやましくもあるけれど、それが私は本当に難しくて。
でもやっと気付けた。甘えることって決して悪い事、いけない事ではないのだなって・・・。

一度そこを手放すと、とっても楽でうまい具合に現実がぐるぐるとよい方へ回りだしていく。

何年か前に「あなたにはその価値があるんだから受け取って。(You are deserved to have it.)」と言われた事がある。正直びっくりした。価値がある?私に?と。
先日も「あなたは素晴らしい仕事をしているよ、あなた自身が思っている以上にね。」ってメールをもらった。
人からそんなに評価をしてもらっているというのに(何人かだけやけどね、笑)、自分で全然アカンと思い込んでいて、焦って、何をしていいかすらわからなくなっていたり。

そしてこの自己評価はお金にも愛情にも繋がっている。
豊かさを享受できる自分自身でなかったら入っては来ない。入って来ても豊かさを拒んでいるのだから、出て行く一方だろう。
自分を愛さないと人も愛せないし、人からも愛されない。だって自分が自分を大切にしない現実を作っているのだから、愛されるはずなんてない。ひいてはだめんずにも繋がっていってしまう・・・。
でもこれを発想の転換で180度回しちゃえば、どうだろう?

スターボーンに入ってから、かなりのビッグバン。
まさに自分の星が生まれ、現実がスパークしまくっているところだ。
[PR]
by mandalaxsuper | 2015-04-30 16:12 | Comments(0)

b0237279_18414548.jpg

仏教的な考えには「私のもの」というのは何一つない。
自分のものだと思っているものがあっても死ぬ時には何ひとつ持ってはいけない。

ダンマパダという仏典に
「わたしには子がある。わたしには財があると思って愚かな人は悩む。しかしすでに自己が自分のものではない。」という言葉がある。
私たちのこの体でさえも自分のものではない。
この体は今生で使うための借り物、レンタカーと同じようなもの。
次にこんな車に乗りたいなと思って、借りることが出来たの。
期間は死ぬまでだから長期間のレンタル。しかも新車で。リースしてるのと似た感じかな。
それやったらお金いるやーん?!て思うけど、宇宙はそんなケチくさいことはしないので、みんなに無償で貸してくれているわけ。
ただ、むちゃくちゃに扱ったりすると、ペナルティを払わされる。病気したりで病院代とかね。
車も外傷あるとそのままずっと残っちゃったりするけど、体も同じで外傷はずっと傷跡が残ってしまったりもする。私もむちゃくちゃに扱っていたから傷跡がしっかりと残っている。

ヨガでは「体は寺院」(そこ住んでいるのは神=魂)というし、キリスト教でも肉体は神の神殿だというそうだ。だから大切に扱わないといけないよ、っていうことなんだけど。
そういえばインドでは、寺院に入るときは裸足で入らないといけなかった。いくら寺院の周りや中が泥だらけで足の裏が真っ黒になろうとも、寺院は聖なる場所だから靴を履いて入るなんて冒涜みたいなもんで。こっちとしては足が汚れる方が嫌なんだけどね、笑。しかも中に入ったらシバリンガ(シバ神のイチモツ)が御開帳されていて、みんなで崇拝して祀り立ててるんだから、しかも儀式となれば水かけ地蔵みたいに上からミルクやらを注いでみたりしてなんなんだこれは一体?!て思うのだけれども。

体寺院。ひとりになれる場所で朝に光を浴びながら瞑想したりすれば、体が寺院であることがなんとな〜くストンと落ちてわかっちゃう感じがある。あ、今日はジャンク食べんとこ、白砂糖辞めようなんて思ったりするんだけど、つい忘れてしまうもので・・・。それもあってか、瞑想やヨガのおかげか、副産物的なご褒美として健康志向になってきた。で、市販薬自体も飲まなくなっていったんだけど。ま、「けど・・・。」なんだけど。時と場合によるよね。

お借りしているものって大事にしようと思うよね。
人に借りたものとか、そうでしょ。
レンタルで一定の期間だけ使わせてもらっているから、いつかお返ししないといけない時が必ずやってくる。そのお借りしてるものを自分のものだなんて思った瞬間、きっと大事にしなくなるのかも。雑に扱っちゃったりね。
大切に扱いはするんだけど、自分のものじゃないからそこに執着しても意味が無いってわかる。借り物なんだってわかれば執着がなくなっていくと同時に心から大事だと思う気持ちが芽生えてくる。これって一石二鳥でない??

ふっと思いをめぐらせてみれば、使わせてもらってるものってたくさんあるもんやね。
わたしの肉体に始まってわたしの○○、△△、××・・・。考えてみて、「わたしの」って頭につけた単語のすべて、自分のものだと思ってたもの。実は全部借り物なんだよ。


写真はインドのエレファンタケイブにあるシバリンガ寺院(これもお借りしました!)。
[PR]
by mandalaxsuper | 2015-04-16 16:16 | Comments(0)

シンクロニシティカード

b0237279_0335611.jpg

シンクロニシティカードで遊んでみました。
シンクロニシティカードというのは、FUMITOさんとLICAさんという超スピなご夫婦が作った2種類のカード(色とメッセージ)をシンクロさせて答えを導くオラクルカード。

著者のFUMITOさんは私が手伝っているブラジル原石屋さんで知り合いになり、色々話しているうちに共通の部分がたくさんあるというシンクロが!
FUMITOさんのご出身が福島でうちのばあちゃんも福島出身、奥様のLICAさんが大阪出身で、私も大阪出身、LICAさんのご実家の近くで私も住んでいたことがあったり、私もご夫婦もアパレル出だったり、そして最近FUMITOさんと同い年ということが判明。

先日、友人が「シンクロニシティカードって何?」と聞いてきた。
私「私、その事について何か言ってたっけ・・・?」
友「ううん、言うてなかったけどな、風間ゆみえ(スタイリスト)がな、ブログに書いてててん。」
私「てか、シンクロニシティカードの人知ってるけど。」
とこんなとこにもシンクロが!!

それはさておき、
昨日、4月4日の皆既月食の後、世の中のエネルギーがどんどん変わっていくかも的な雰囲気なので、今後の自分にいいオラクルを、と思って引いてみた。
b0237279_23304487.jpg

「ゴールド」と「True Yourself」と出た。
ゴールドのキーワードは、未来、新たな創造、進化、変革、シフト、導き、豊かさ、新しい価値観
True…は、「本当のあなた」、メッセージは本当のあなたに目覚める時、望み叶えたいことの現実化などなど。
2つをシンクロさせて読むと、本当の自分自身に気づき、新しいステージに入っていく。ここで得た新しい価値観をキッカケにして自分自身に戻り、自分を進化させていく。それによって豊かさを享受することを自分に認めていく(自己否定や自己卑下をしないこと)。
そんな感じかな?

今の私は過去の私の集大成、色々学び、気づきがあって、今がある。そしてそれらを消化して、要らないモノは排出し、要るモノは自分の血となり肉となり魂となる。そが未来だ。
去年暮れあたりからゴロっと動き出した私の新しい人生。
「これからどんどん変わっていくと思いますよ!」と先日、FUMITOさんが言っておられたのを思い出す・・・。

そういえば、10月8日にも皆既月食があった。
占星術的にはその日から昨日の皆既月食の間の半年に何があって、何を求めて、何をしたのか、また、何に感心を持ってどう動いたのかがテーマだとどこかに書いてあった。
半年前に何が課題だったのかを思い出し、この半年で始めたことをどうしていくか・・・。
10月が準備なら、4月がスタート地点、次の9月に起こる月食が通過点かな。
次の皆既月食は2018年だから、そこをゴールと仮定して。
だとしたら、今からどうしていくのか、どうしていきたいのかをしっかりと考えて動いていかないといけない時。
天秤座満月の昨日、私の天秤座は第3ハウスだからポジションや立場の変化や学びや資格に関係があるらしく、ほんまにそのままで、仕事のポジションがしっかりせなあかん立場になりまして・・・。

そういえばサイキックあみちゃんが
「10月!10月に良いことが待ってるし、これでやっていけるっていうのが出てくるから、楽しみにしてて!」って言ってたのを思い出す。何度も念押しされた10月、笑。
からの〜、スターボーンしっかり頑張らないと!!

2018年までの計画を立ててみようかな〜なんて。
しかし、計画なんて貯金と同じで苦手。
でも、苦手なことを克服すれば一皮むけるかも。今までの無計画なワタシを自分でオーガナイズしていないとなあ。

で、シンクロニシティカードがあまりにも星の動きと私自身にシンクロしているから凄い!!

シンクロニシティカード、実は自分勝手な使い方をしている私。
それは色のみのカードを出かける前に引く、いう方法。
何に使っているかというと、その日のジュエリー/石選びに。
まず「今日のジュエリー」を選んで、後のコーディネイトを決めちゃう。
インディゴブルーならアズライト、ピンクならインカローズ、パープルならスギライトといったように。自分の仕事はジュエリー&石屋さんなので、やはりここを外したらアカンかなと。それで、シンクロニシティカードに助けてもらっています。

Thank you!!

シンクロニシティカードにご興味のある方はアマゾンでチェックしてみて下さいね。


FUMITOさんとLICAさんのパラレルアースはこちら

LICAさんが新しい本を出版されました!!

[PR]
by mandalaxsuper | 2015-04-06 00:35 | Comments(0)

桜のフラワーエッセンス

b0237279_2393041.jpg

春ですね、桜が咲き始めました。都心部ではもう満開のところもあると思いますが。
日本人の魂の花、桜。
色も香りも控えめでやさしく、派手さはないけれど慎ましやか。
思いやりがあって、とても親切で、
良妻賢母で結婚相手に選びたい女性のイメージ??

風に吹かれ、舞い散る花びらの美しさといったら!
この瞬間、自分が日本人で良かったなと誰もが思うことでしょう。
特に「桜は散り際が美しい」と言って、武士は桜の散り際の潔さに人生の美意識を重ねていました。

花を手に取って鼻に近づけると、ほのかにふわっと桜の香りが。
微香ですが、しっかりと鼻の奥に記憶される、ほのかに甘いナッツのような。
シナモン、アーモンド、アニス、フェンネルにも似たそんな香り。
少しほろ酔い状態に似て心地が良くなる香りは、クマリンという成分が主体。
媚薬にも含まれることが多いクマリン、だからか桜にうっとりし、ふんわりいい気分になれるのでしょうね。

この花のエッセンスは、色々なところからも発売されていますが、
共通するのは、
愛、慈悲、受容、解放。
やさしさ、過去(傷やトラウマ)を癒す。
など。

桜は咲き始めてから満開まで一気です。
花を開かせたくて、咲きたい気持ちがいっぱいで、生きてることを喜んでいるような、
また新しく進んでいくエネルギーが非常に早いです。
気付いたり悟った人はもう二度と過去に帰ることをせず、ぐずぐずと悩んで戻ったりすることがありません。そのように、変容というのは一瞬であるということを桜は教えてくれているような気もします。

変化を恐れず、それをむしろ楽しみながら、新しい扉を開いて軌道に一気に乗る、
そんなエッセンスでもあると思います。

桜はとっても微細なエネルギー。
ヨガでは肉体を5つの鞘があると仮定し、それをパンチャコーシャ(5つの鞘)といいます。
(説明するとかなり長くなるので割愛します)
肉の肉体だけではなく、プラーナ(気)や感情、知性、宇宙意識や至福の層によって成り立つ理論です。
桜はこれらの微細なエネルギーをそれぞれ感知できるような感性を持っている気がします。
そのような微細なエネルギーを選り分けて理解できるサポートをしてくれるのではないでしょうか?

それらに気付ける人であればきっと万物にやさしく接することが出来るのだと思います。

やっぱり、良妻賢母でみんなに愛される女性的なイメージ。
婚活にも良さげですね。
やっぱちょっとした媚薬やね、桜って。
[PR]
by mandalaxsuper | 2015-04-01 00:00 | フラワーエッセンス | Comments(0)