<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

お湯とネパール語

b0237279_13341954.jpg

カレー屋にいると、食べるものが油っこいので胃がもたれることもしばしば。
胃が疲れると、肉体的にも響いてなかなか疲れが取れない。
たぶん、体の中が酸化しているのかも。

夜、仕事終わりでカレーを食べるのは非常に危険なので食べないようにしている。
店の人が「何食べる?」と聞いてきた。
食べるは「カヌ」で、食べます=「カンチャ」だから、
食べないの「ない」=チャイナをつけて、カンチャイナと言ったら、それは言わないと。
食べない=「カニマンチャイナ」らしい。
難しいね・・・。

で、白湯を体のクレンザーとして毎朝飲んでいる私としては、この日、白湯をもらうことにした。
「ガランパニ ディノス。」=お湯下さい
といって、ピッチャーにお湯入れてもらった。

パニは水。雨もパニ。温泉はタトパニ。
水系はパニなのか。
お湯はガランパニ。ガラムは熱いなので、熱い水でお湯になる。

ちなみに中国語で白湯は、”白开水” bai2 kai1 shui3 
開?って何故に?後で調べよう。

仕事終わる前にレジをチェックする。
「レジ、オッケーデスカ?」と聞くので、
「フンチャ」(OK)と言ったら、また違うってー。
「ティクチャ」(OK、大丈夫)って言うらしい。
難しいね・・・。

ネパール語の5W1H。
what  ケ
where  カハン
when  カイレ
who  コ
why  キナ
how  カティ
(whomはジャスライ)

ミネラルショーのお客さんのネパール人石屋の女の子に
「ネパール語なんて覚えてどうするの?」って(日本語で)言われたんやけど、
ほんと、どうするんだろうねえ・・・。
ま、人生無駄な事ってないので、いつか役に立つのだと思います。
いつの日か、JICA(海外協力隊)でネパール行くかもしれんし。
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-11-21 13:57 | ベジタリアン | Comments(0)

カシューナッツミルク

b0237279_11164453.jpg

キールが食べたくなって、どうしようかと思ったら、家にカシューナッツがあったので、ナッツミルクを作ってみた。

×牛乳  飲みたくないし買わないし
×豆乳  下腹部痛が恐ろしい
×ココナッツミルク   こってりしすぎ
×アーモンドミルク   無糖が売られていない

で、カシューミルクに。
ナッツミルクは、ナッツを一晩水につけておくという面倒な手間があるため、今まで敬遠してたけど、カシューナッツは比較的、水にそんなに長く漬けなくていいらしいから、ちょっとやってみようと思って。
早く浸すために熱湯を使用。いいんかどうかは謎・・・。

カシューナッツは、脂肪燃焼効果が高いらしく蓄積してこびりついた脂肪を燃やし易くするとか!!
糖の燃焼に必要なビタミンBが多いからかな?
亜鉛も多く含まれてるから、生理前にチョコ食べたい衝動(亜鉛不足によるもの)にかられたら是非カシューナッツを食べたいところ。

b0237279_1141521.jpg

【 材料 】
カシューナッツ(塩とか使ってないの) 40gぐらい
水 カシューナッツがひたひたになるぐらい
湯 カシューナッツがひたひたになるぐらい
塩 ひとつまみ

【 作り方 】
ボウルにカシューナッツを入れ、お湯を注いで2〜30分ほど漬けておく
お湯を捨て、水を入れる(少し多めでも可)
塩ひとつまみと一緒にミキサーにかける
茶こしなどで漉して出来上がり

味は、、カシューナッツ。そのままやけど、笑。
もともとの甘みがあるので、飲みやすいかも。

b0237279_11412577.jpg

漉した余りのカスみたいなのは、亜麻仁油とメープルシロップを足してナッツバター的なものを作ってみた。パンに塗ったりしても美味しいかも。
私はキールのトッピングに使用。

b0237279_11423240.jpg

で、念願のカシューナッツミルクのキール(カルダモン入りミルク粥)でブランチ!!
美味しかった〜♪♪

いろんなナッツや雑穀でミルクを作ってみたい衝動に・・・。
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-11-20 11:57 | ベジタリアン | Comments(0)

世間で言われているパワースポットは全員にとってパワースポットなのかと言うとそうではないような気がする。
人も場も、気が合う、合わないがきっとあると思う。
また自分のその時のテンション、タイミングもある。
なぜか引寄せてしまう時ってのもあるし、まったく引寄せない、むしろ逃げられてるって時もある。
前者の引寄せてしまうタイミングでおもむろに出かけていけば、きっと何かをひっかけて帰ってくるのだと思う。それが結果いいにしろ、よくないにしろ。
月の満ち欠け、潮の満ち引きと同じで全てにはバイオリズムがある。
そこでピタッと合うこと、それがタイミングがいいと言われる現象になるのだと思う。

なんとなしにお参りに行ったら恋愛の神様のところで、次の日彼が降って来たとか。
そういうミラクルもきっとあるのでしょう。
なんとなしにお参りに行ったら、実は自分にとっての逆パワスポで、帰って来たら何だか重いとか。
そういうツキ(憑き)も存在するでしょう。

その「場」というのはエネルギーがあり、そこで波動が合ってしまえばポータルというか場の扉が開いて、その「場」にウェルカム状態になり、そこで「場」のエネルギーのシャワーを浴びることになる。
それによってその後どうなるのかはその人にしかわからないけれど。
異次元に入り込むのかしら?
この世はパラレルワールドだから、違う空間、時間でも存在するかもしれないね。

場が与える影響というのは大きい。
ヨガを一人で黙々とする場合には、自由な静寂さの中でリラックスが出来る。
しかし、たくさんの人の中でヨガをする場合、全員がひとつに集中する中で自分も向上し、大きな輪の中で磨かれて集中力が高まる感じがある。
どちらを選ぶのかはその時の自分次第だけれども、その場のエネルギーから得られるものってとっても大きいのかもしれない。それが影響力というものだろうね。

人もまた場を形成している。
自分の放つ喜怒哀楽を始め、自分のエネルギーというのは外に放たれ、人々に多かれ少なかれ影響を与えている。
だから、なるべく人と会う時に悪い影響を与えてしまわないように、自分と自分のエネルギーは常に磨いておかないといけないと思う。
感情に任せて、人に怒ったり、怒鳴ったりしない方がいい。
これはあれよね、最大限に大きくなると国と国との戦争やテロ、憎しみや負の連鎖になってエンドレスになる。行き場がなくなったエネルギーは自浄作用として災害になったりするんじゃないかとも思ったりもする。

マッサージもそうなんだけど、人に触られたり触ったりの場合特に「気」が入り込みやすいと思う。
(だからむやみに私はマッサージ行かない。ごくたまに行くけど、触られていい人を決めている。)
ヨガでアジャストしてあげる場合もそう。相手に悪い影響が流れこんでいかないよう、教える側は注意しないといけないし、こちらもこちらで「もらわない」ようにしないといけない。
ヨギはエネルギーに敏感になれるよう訓練しておくのはもちろん、ヨギでなかったとしても敏感な人は特に訓練しておかないとしんどいかも。

エネルギーは微細だから感じれる感じれないがあったり、体は受け取っていて反応しているのに、マインドがついてきていなかったりしてわからない、直感としてメッセージを受け取っているのにも関わらず頭も体もボケちゃってたりしてストップ出来なかったりとかもする。
でもなるべくエネルギーを感じれるようにしておかないと、何かあった時に鈍感だと逃げおくれちゃうことにもなりかねない。

人は眼、耳、鼻、舌、身体で感じた感覚によって快・不快をはじめとする感情を生み出している。それが好き嫌い等の反応になって渇望や欲望、自分のエゴなって執着と化していく。(←仏教でいうと)
「感覚のあるところに感情が生まれる」から感覚を生んでしまう行為は根っこから取っちゃうのが近道なんだけど、生きてるとそうもいかないから、感覚を受け感情を感じてしまった時にすぐに対処出来るようになっておきたいものだ。

全てのものごとはたくさんの微細なエネルギー(波動)によって成り立っているのだから。

それで、やみくもにパワスポ(人々の欲望という名のエネルギーで満載の場合があるから)という名前だけで行ってはいけないなと思った次第です。
そして、私は今たぶん何かに取り憑かれています、笑。
瞑想して取り除かなければっ!!


R Kelly の"World Greatest"という歌があります。
自分が世界で一番素晴らしく偉大な存在だという歌詞です。
ネイティブアメリカンの世界観のような歌詞に感動します。

[PR]
by mandalaxsuper | 2014-11-13 13:47 | Comments(0)