<   2014年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ナワシロイチゴ

b0237279_1855120.jpg

ナワシロイチゴの花でフラワーエッセンス作成中。
花言葉は「恩恵」「幸福な家庭」「尊重と愛情」らしい。
この花はいずれラズベリーの実をつけるという可能性を孕んでいるから、未来への可能性や豊穣の意味もありそう。子供を望んでいる人の心の浄化とかにもいいのかも。女児の頃のトラウマとかの解消にも良さげよね。母子関係とか。家族的なアレコレかな〜。かわいらしく女の子らしい花は、女子力もアガりそう。スピリットなんとか社のフラワーエッセンスで調べてみると、「共感」や「思いやり」の意味があるみたい。
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-10-26 18:05 | フラワーエッセンス | Comments(0)

トウガラシ

b0237279_17593837.jpg

【 唐辛子のフラワーエッセンス 】
唐辛子といえば、赤く燃えるようなその実が有名ですが、お花は可憐で白く辛さを感じさせないようにも見えますが、燃え盛る情熱を内に秘めているような感じもありますね。
なんだか最近やる気がないなあ、だるいなあ、、という時に唐辛子を食べると元気が出るように、このエッセンスも滞ったエネルギーにきっかけを与え、前にガンガン進んで行けるようなイメージです。
やらないといけないけどやりたくない時にどうやったらやる気が出るのかなあなんて考えたりしてみるけれど、時間だけが過ぎて・・・という場合や、やる気はあるけど精神的肉体的についていけない時、魂からスパークさせて気をグルッとまわす感じでしょうか。
唐辛子の辛みは食べているとどんどん辛さに慣れて、もっと辛いの、もっと辛いのと刺激を求めてしまいがちです。そして、辛みのとりこになり、刺激を求めて中毒になってしまいます。中毒性のあるものを辞めるというのは割とマインドをしっかりと持っていないと大変ですね。意思が強く持てない場合には、段階を経ていくか、代わりのものを取るかでごまかしながら徐々に辞めていかないと、イライラしてしまって「こんなことなら辞めなければ良かった」とまたもとの中毒物質をとりかねない気がします。余談ですが、私も昔タバコを辞める時には時間がかかりました。(ヨガをはじめたので)煙でもう自分の体の中を汚したくないと思いつつ、クセで吸いたくてイライラしてしまって、また吸ってみては吐き気がしたり、、そうこうしながら完全に辞めれるまでに1、2か月ぐらいかかったかもしれません。
この時にこのエッセンスがあったならもう少し早く辞めれてたのかも、、と思ったりしています。
何かが辞めれない場合に、すうっと手を引き、人生を前向きに進めて行く時には白くて意思の強さを秘めた唐辛子のお花が助けてくれるかもしれませんね、w。
唐辛子を取るとアドレナリンが分泌されるのだそうです。
唐辛子の取り過ぎは、交感神経を優位にさせて心拍数が上がり、大きなストレスを与えていることと等しいそうです。
カプサイシンがエンドルフィンを分泌させるのですが、慣れちゃうとエンドルフィンが出なくなり、辛さの度合いを高めて分泌させるか、それにも慣れてしまうと全然出なくなってしまって怒りっぽくなってしまうそうです。(なりやすい人とそうでない人がいるようです。カプサイシンを分解する酵素を持っているか持っていないか、でしょうか・・・?)
そういえば、イタリアンで「アラビアータ」という辛いパスタがありますが、これは「怒りん坊のパスタ」という意味なんですって。
「おこり」の人にもいいかも。
b0237279_18013.jpg

[PR]
by mandalaxsuper | 2014-10-26 17:59 | フラワーエッセンス | Comments(0)

ニラ

b0237279_17542794.jpg

【 ニラのフラワーエッセンス 】
白くてこんもり、まるっとたくさんの花を咲かせる可憐なニラの花。
ひとつの花が単体で咲いているのではなくたくさんの小花のグループがひとつにかたまってまるで花束のように半球状に花をつけているのが特徴です。
花言葉は、「多幸」「星への願い」です。
誕生花は、4月18日です。

正義とは何でしょうか?自分が正しいと思っていることが実は周囲を、自分を裁いていることがあります。それは自分の許容範囲を狭めていることになりません。
自分の思う、良い悪いという二元的なものの見方から少し視野を広げ、その先にある二元性を超えた部分に繋がり、心をくつろがせて、許容範囲を広げていきます。
陰陽、成功と失敗などその枠から超えた、白黒つけない理屈ではない部分の宇宙的な答えがあることを知るでしょう。
一方的なものの見方ではなく、様々な視点から物事を見つめ、当たり前だと思った認識や慣れ親しんだ考え方を覆して新しい次元に入っていくのです。
より高い視点から違った角度から見えてくると景色が変わってきます。

決断をするのに迷い過ぎてしまう場合の背景は何でしょう?
宇宙に身を委ね、心を宇宙に預け、流れに身を任せてみてもよいのです。
他者の批判や評価より自分自身がどうしたいか、が大切なことに気付くでしょう。
”Listen to yourself" あなた自身の事はあなた自身が一番よく知っています。
内側に繋がり、内側から沸き起こってくるその答えを感じれるように・・・。

人の意見を聞き過ぎて流されてしまったりして後で後悔しないためにも自分自身で自分自身の舵取りをし、物事を決めていく訓練をしていく時のサポートにも。
人のエネルギーに影響されないよう守ってくれるでしょう。

b0237279_17545634.jpg

[PR]
by mandalaxsuper | 2014-10-26 17:54 | フラワーエッセンス | Comments(0)

バジル

b0237279_174842100.jpg

バジル:
お料理には欠かせないバジル。葉からは想像できないぐらいに小さく可憐な白い花を咲かせます。

バジルの語源はラテン語の「basilicum」(王らしさ)を意味しています。
貴族が香草として取り入れたところから、王のように高貴な香りのする草と名付けられたそうです。
アレクサンダー大王がギリシア、シリア、エジプト、ペルシア、インドに伝えたと言われています。インドではホーリーバジルをトゥルシといってクリシュナやビシュヌ神に捧げる神聖な草です。

バジルの花言葉は「神聖」「好意」「好感」「良い望み」「この上ない幸運」です。

フラワーエッセンスとしては、「精神性と肉体の融合」「セクシュアリティとスピリチュアリティの統合」など相反するふたつを繋ぐエッセンスです。特にセクシュアリティ部分にトラウマがある場合に良いそうです。

この花を見ているととてもピュアで純粋な、それでいて高潔なイメージがあります。「純潔」という言葉がありますが、バジルの花は正にその言葉にピッタリです。
純潔さといってもセクシュアリティ部分に蓋をして見ないようにするのではなく、人間の本能や本質を見つめて、理解を深めて行くことが大切です。
ヨガの哲学に「ブラフマチャリヤ」という言葉があります。邪淫せず、節度を保ち、自己抑制することが重要とされています。
神聖さ自分の肉体をコントロールして初めて見えてくるのかもしれません。
このエッセンスは、人間の神聖な部分にタッチ出来るよう導いてくれるべく肉体面での見直しをサポートしてくれるような気がします。

他には、思想が崇高であるため、一般社会に適合出来ない場合やそれによって周囲を見下してしまいそうな場合にも。社会との適合にも良いでしょう。
精神性と感情が一致せずバラバラ、トゲトゲしている状態を丸く柔らかくするのをサポートしてくれます。
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-10-26 17:49 | フラワーエッセンス | Comments(0)

ツユクサ

b0237279_17463733.jpg

ツユクサ:
夜明けに咲いて午前中にはしぼんでしまう花。
鮮やかな青の花びらと黄色の花弁のコントラストが綺麗。
水性の染料(下絵)にも使われていました。
今でこそどこにでも青ははびこっていますが、歴史的にも青色の染料、顔料は自然界から採れるものはとても貴重でした。
ヨーロッパでは青は皇帝の正装に用いたりして、皇帝の象徴色でした。
(ロイヤルブルーやブルーリボン賞という言葉があるように)
花言葉はたくさんあるようで「豊潤」「尊敬」「変わらない思い」等など。

フラワーエッセンスとしては、「無条件の愛」「心の闇や痛み、恐れを解放」「恐れからの関係性ではなく愛を受け取れる関係性に変容させる」「嫌な面ではなく輝ける面を見る(自他共に)」の意味を持っています。
相手は変えることは出来ませんが、自分自身を変容させることが出来ます。自分が変わると見方が変わり、全てが以前とは違って見え、世界観が変わります。それはまるで精神の錬金術のようでもあります。

二枚の花びらがハート形に見えることから、ハート(チャクラ)に働きかけたり、人との関係性を改善するのに良いそうです。
青色なので、喉のチャクラを開くのにも。このチャクラは人(動植物その他)とのコミュニケーションを円滑にしたり、自分自身を表現する部分です。
存在感やスノッブな色を残すラピスのような色ではなく、露草の青はすぐに退化してしまう(「空=くう」に戻る)ということで、まるでエーテルのようです。人間の外側を包んでいる※エーテル体と共鳴してくれそうですね。傷ついたエーテル体(見えないですが)も癒えそう。

※人間の物質的な肉体の外側にある5層ほどから成る気体のようなものの中のひとつ。ヨガでも人間の体は五層の鞘に包まれているという理論「パンチャマヤコーシャ」というのがあります。

また五芒星(星形)はエーテル体のエネルギーの流れを表しているようなのですが、この露草の形はどことなく五芒星にも似ています。

自己価値を高めたり、自分の中にある豊かさに気付いていくようなイメージです。
グラウンディング力は全くなさそうですが、蒸気が上るように自身のエネルギーを上に引き上げてくれそうです。

補足:(2015/09/11)
見えない世界の繋がり(エーテル)
今に在ることへの気づき、チャンスをつかむ(青色がすぐ退化する=その青は今しかない)

b0237279_17465691.jpg

[PR]
by mandalaxsuper | 2014-10-26 17:47 | フラワーエッセンス | Comments(0)

ツリガネニンジン

b0237279_1741661.jpg

ツリガネニンジンのエッセンス出来ました。
【 花言葉 】詩的な愛、優しい愛情、感謝、誠実
【 誕生花 】9月4日、9月14日、10月4日、10月27日

小さくかわいい淡い紫のベル型の花を咲かせるツリガネニンジン。
高く細い茎の下には葉が茂っていて、この葉は山菜として食べられます。
根は乾燥させれば「沙参(しゃじん)」という漢方になり、咳止め、痰きり、のどの痛み、皮膚疾患における真菌発育抑制としても使われています。

花の色がラベンダージェイド(紫翡翠)みたいで綺麗。女性らしさと慈悲深さで心の苦しみや痛みを解放し、他者への理解から悟りへと引き上げて行く観音さんのようなパワーストーンですが、この花にも同じようなものを感じます。

マウントフジさんにもこの花のエッセンスがあるようだと今先ほど調べて知りました。意味は過去や過去生の傷の解放、過去の出来事や人物を忘れられず前の進めない時に、過去を終わらせ新しい次元に進む、家系や先祖からのカルマ的問題に、など過去の傷を癒すエッセンスだそうです。また愛や祈り、宗教性などにも関連し、体験を祈りのスペースへと昇華していくのを助けてくれるようです。
過去ということでソウルメイトとの出会い、関係性などのサポートにもよいエッセンスということです。

私達は様々な人々との出会いの中で起こる摩擦や体験によって深く傷ついたりしますが、それらの傷は長い間心に留まります。そしてもうすっかり忘れたと思った頃に思い出したり、最体験させられ、心の傷がまだ風化していなかったことに気づきます。その時こそ、きっとそれを手放すチャンスなのだろうと思います。
それは生まれる前からのパターンや過去生から持ち越したものかもしれません。
また手放したくはなかったのかもしれません。
美しいパッケージの美味しい中身の心の中にしまいこんだ思い出の箱、美化していたもののもう埃をかぶっているいるのかもしれません。そのパンドラの箱を開ける時が来ました。果たして今その中身はどうなっているのでしょう?今も変わらず美しい宝石のままなのか、すっかり腐ってしまった食品なのか・・・。
いずれにせよ、それを見極め前に進まなければいけません。
過去をリセットし新しく進めていく時が今なのかもしれません。

ちょうど新しいことを始めるのに良い新月の朝に採集しました。
蠍座の新月は、カルマの解消やソウルメイトにも関連した月です。(他にもありますが、割愛しますね。)
「リスクを冒してでも根本から変革する勇気」で過去からの肩の荷を降ろしていくのに適しているのだそうです。心の整理をし、また新しい自分へと向かうのです。
またこの新月はソウルメイトの引寄せや絆を強くするのにも適しているそうです。
ツリガネニンジンとシンクロしていますね。

この花は時期が来ればいつもずっとそこに咲いて、私達を癒してくれていたのでしょう。まるで見つけてくれるのを待っていたかのように。
いつもここにいたよ、と声をかけてくれるような優しい花ですね。
b0237279_17413992.jpg

[PR]
by mandalaxsuper | 2014-10-26 17:41 | フラワーエッセンス | Comments(0)

マルバルコウソウ

b0237279_17392313.jpg

マルバルコウソウ ( 丸葉縷紅草 ):
花言葉:常に愛らしい、私は忙しい、情熱 
誕生花:8月11日、9月13日、10月21日

なんとも鮮やかな朱色のお花が川縁一面に咲いていました。
マルバルだと思っていたら、マルバルコウ・ソウなんですね。
マルバル、スペインバルとかイタリアンバルみたいなネーミングかと思っていました。

フラワーエッセンスとしては、『お金や仕事がないなどの生存に対する怖れ、会社や家族など属している集団から見捨てられることへの怖れ、怒り、やる気が出ない、目標が達成できない、~などいろんな問題を癒す』なんだそうです。
この赤いお花は上向きなエネルギーに溢れていますね。積極的で前向きなイメージ。マウントフジさんのエッセンスでは、「生の基本的な強さ。高まる生命力。地上で様々な物事と関わる積極性。冒険心、好奇心、活発さ、熱意。自由な感情表現。」とあります。第一、第二チャクラに良さげです。
感情表現が上手に出来ない時に役立ちそう。
今までのパターンを打破し突破していく感じでとても行動的な感じです。しかし、前に出過ぎない、出しゃばらずわきまえてる感じ。
心の変化を恐れず、えいっと一歩新しい世界へと踏み出す勇気を与えてくれそうです。

今日から水星順行。何かが終わって、新しくなる感じがビシビシしています。
そのタイミングでのこれらのエッセンスが出来ました。
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-10-26 17:38 | フラワーエッセンス | Comments(0)

キツネノマゴ

水星逆行終了のタイミングで、作った「キツネノマゴ」と「マルバルコウソウ 」のフラワーエッセンスです。
まずは、キツネノマゴから。

b0237279_17364894.jpg

キツネノマゴ:
花言葉:可憐美の極致、女性の美しさの極致、この上なくあなたは愛らしく可愛い
誕生花:2月12日

ちっさいちっさいピンクの小花が穂から咲いていて、とっても可愛いお花です。
可愛らしさ全開で大人可愛いヒトになれそうな♪
究極の女子力UPエッセンスかもしれません!!
石でいうとローズクオーツみたいな感じでしょうか。
かといってバラのように大胆で自己主張の強い感じではなく、ほんわりとした可憐さがいいですね。手の届かない高貴さではなく、かゆいところに手が届くような細やかさというか。あなた自身のありのままで充分可愛いし、誰とも何とも比べる必要はない、という感じでしょうか。背伸びしないでいいよ、みたいな。
自信喪失した時に是非。
別名はメグスリバナ。生薬として解熱、鎮痛として使われるそうです。
絞り汁は腰痛緩和として浴用にも良いとか。
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-10-26 17:37 | フラワーエッセンス | Comments(0)