<   2014年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

あんこさんのお尻。

あんこさんのお尻が大変なことになりました。
肛門腺が破裂するという大惨事。
肛門腺:動物には肛門嚢といって、分泌物を溜める袋が肛門の左右下部分にある。それが肛門腺で、自分の匂いをここに溜めておいて、排便時に出す。その匂いはいわば自分のアイデンティティのようなもの。犬達がお尻の匂いを嗅ぎ合っているのはこれらによって自分達を識別している。
縄張りなど自分をアピる時に使うらしい。

ある日、あんこのお尻から血膿がどっさり。
そこら中が汚れて大変なことに。
お尻を見たら、お尻の穴が二個になっていてこれは何だ?!と。
犬にも痔があるのか?と思って色々調べてみたら「肛門腺破裂」と。
肛門腺はマツコは絞れるので絞って分泌物を出してはいたものの、あんこは絞っても出ない。
普通はウンチと一緒に出るということがネットで書かれていたので、きっとあんこのはウンチと一緒に出てるのかと思っていた。

あんこの専門はお尻歩き(お尻を床にすりつけてすりすり歩いて行くの図)で、しょっちゅうこれをしていたのだけれども、実は肛門腺が溜まっているサインだったとは調べるまで知らなかった。

あんこはお通じが良すぎるぐらい良く、人間より量あるんちゃうか?ぐらいウンチをよくするのに、ここのところ、あんことしたことが便秘がちでどうしたものかと思っていた。しまいには肛門周りが腫れて、痛くて痛くて仕様がないような状態で、腫れて熱があるのか玄関の冷たいところにお尻をつけたがるし、唸ってみたりしてるので、これはいかんということですぐさま病院へ。
家ではソファ、座布団その他座りそうなところには全てタオルを敷き詰めて血膿対策を。

b0237279_0331048.jpg

病院に行ったらやはり「肛門腺破裂です。」ということで、残りの分泌物を出してもらい、破裂した肛門腺を洗浄してもらった。普通なら液状の分泌物、あんこのは中で固まって固形になっていて「これは家で絞っても出ませんね。」ということだった。
ていうか、破裂てよ。言葉が怖いけど。
処置中はあんこの「ギャーー!」(お尻絞られてたり洗浄されてたり)という声が聞こえてきて、ただ事ではないような雰囲気にマツコがえらく心配して右往左往。帰宅後ケロっとしているあんこに対してマツコが凹んで食欲がなくなっていた・・・。そして、あんこはエリザベスカラーをつけての生活に。
b0237279_0343785.jpg

マツコは心配してあんこのそばからずっと離れず。
なんだかこのシーンが胸にグッと来て・・・。

b0237279_0364864.jpg

その後、あんこの肛門腺も治り、液状の分泌物がちゃんと出てくるようになった。
経過もよく、今日で診察を終わります、ということで、家での絞り方を教えてもらおうと病院の検査台でマツコで練習することになった。分泌物はお尻の穴の4時8時から絞って出すのだが、いつもやってるみたいにしても出ないので「昨日出したからだと思います」と断ってから、先生にプロならではの絞り方をレクチャーしてもらおうとバトンタッチ。まあ、あんまし出んやろなと思った矢先、びっしゃーー!!!先生の手にマツコの分泌物、しかもすんごい量が飛んだ。そんなにあるか?!いうぐらい。先生も私もマスクしてたのに、マツコのそれの臭いこと、臭いこと!!(アシスタントさんだけマスクしてなくて、相当臭かったと思われる)
臭いこと、鮒寿司の如し!
(マツコのは前からあらかじめ名前をつけていて家では「マツコのニオイ玉」と呼んでいる。)
当のマツコはすました顔して・・・。
そんなオチいらんねんけどな。
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-09-11 00:40 | マツコ部 | Comments(0)