<   2014年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

トップ画像の写真

b0237279_20583791.jpg

特に内容はないよう・・・なんてしょうもないオッサン語ですが、ネットショップがHTML5対応になり、ずーっとやろうやろうとは思っていたものの、なんだか面倒でずっとなかなか手をつけず、前回の新月後あたりでやっとこさ新しい画像を撮ったり、前からのを貼ったりいろいろしてまして、やっとやっとで出来た新しいショップページ。
その中のトップ画像に入っているトマスゴンサガ産水晶の画像のひとつ。

一旦、画像をブログに落としてURLを取得して貼付けるというアナログな作業・・・。
で、ここに置いてるわけでして。
と思ったら、知らぬ間にそんな面倒な手間をかけなくてもいいようになっていてビックリ。
別にここに保管してURL取らなくても良かったとは!!
たいがい非公開として画像倉庫的にしてあるんですが、今日はちょっと公開です。

トマスゴンサガは、ブラジル、ミナスジェライス州にあり、ポルトガル語だと「トマスゴンザーガ」となる。トマスゴンまで一気に言ってしまい、ザーガと坂を下るように言うとソレっぽい。
ここで産出される水晶は世界一クリアと言われていて、不思議な吸引力があります!!

メインの鉱山が閉まったので採掘量が激減しています。
ここの特徴は水晶の照りツヤ、そしてクラリティですが、珍しい水晶も沢山出ており、マスタークリスタル(特別な力を宿すとされる特殊な水晶)の宝庫です。
6つアップして、6つともそれぞれが全部マスタークリスタルでした。すごい!
それを紹介していくと膨大な量になるので、ブラフマストーンでチェックしてみて下さい。

ブラフマストーン
http://brahmastone.ocnk.net

トマスゴンザーガて元々人名なのですね。
ポルトガル生まれのブラジリアン詩人だそうです。気になるのでどんなのがあるのか読んでみたい!
次回のミネラルショーでマリアナ(私のボス)に聞いてみよう。

トーマスさん、、、。トーマス(旦那さんの昔の友人)というフレンチの知人がいて、彼は非常に秀才で超エリートなので尊敬の意を込めてか、彼のことをうちの旦那さんは「おトーマス」と呼んでいたため、トマスと来ると「お」を付けたくなるような。
オトマスゴンサガ、なんかリトマス試験紙みたいで。

石の話せえや!ってツッコミが来そうですが。
だって言ったでしょう、内容はないようって。
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-08-27 20:58 | 天然石 | Comments(0)

b0237279_22535100.jpg

サグパニール、アルパラックなどとあるが全部緑色のカレーである。
先日やっと、サグとパラックの違いがわかって、本当にスッとした。

サグ:菜っ葉(青菜)の総称
パラック:ほうれん草
(ネパール語)

サグのカレーの場合はほうれん草ではない場合がある。
パラックはほうれん草を使っている。

ちなみにパニールはカッテージチーズ、アルはじゃがいもの意味。

昔、ちょろっといた南インドのカルナタカ州では青菜はまた違う地元の言葉で「ソップ」と言っていた。
細こいひょろ長い子供が細いタイヤの自転車で、葉っぱを山積みにして「ソッポーイ!ソッポーイ!」と売りにきてたのを思い出す。
「最後のイは合いの手みたいなもんやな。♪北風小僧のかんたろー、あ、かんたろーい♪と一緒で。」
と、うちの旦那さんが言うので、インドの南側の僻地まで行ってまでまさかマチャアキの顔と歌を思い出すとは思わなかった。菜っ葉売りが来る度に・・・。

もう十年以上もサグとパラックの違いを知らないでいた。
例えるなら、十年来のデキモンがあったとしたら、それがパッと治ったかぐらいにスッとした感じがする。

写真は昔私が作ったほうれん草のカレー
今見たらあんまり美味そうではないな・・・。
そう思うと、やっぱり器って大事やね。

レシピはここ
(一部編集したいのだが、すでにパスワード忘れてしまって中に入れない状態なので、そのまま放置ブログ)
http://veggiereci.exblog.jp

[PR]
by mandalaxsuper | 2014-08-26 22:27 | ベジタリアン | Comments(0)

b0237279_15101852.jpg

先日、荒ぶる台風の中、癒しスタジアムに出店。2日間開催で両日台風という珍しいケース・・・。
今回お隣の方がアニマルリーディングをされる方だったので、うちの犬についてやってもらうことに。
志○どうぶつ園にたまに出てくるハイジさんみたいにペットの言葉がわかる人。
(ハイジ関係ないけど、パンくん可哀想すぎ。)

うちの二匹は保護犬だったこともあってかトラウマやらがあって、そして私の方でも色々あって引越した後は外に出て働いたりもするため留守が多いので、寂しい思いをしてるだろうし、その辺どう思っているのかなと思って聞いてみた。

アンコについて
あまりうんともすんとも言わないアンコだけど、お留守番も平気だし、落ち着いているとのこと。
リーディングの方(ここでは、ハイジにしておこう)がリーディング中に呼びかけてもすっと飛んできて色々話してくれるみたいだった。
アンコは私達飼い主が大好きみたいなので、ほっと一安心。
挙動不審なのも犬のくせにどんくさいのも、それは彼女の持ち味のようだ。

マツコについて
ハイジが話しかけると、ブルブル震えて怯えが尋常じゃないという。実際のところ、リアルでも他人が近づくとこういう場合が多い。
そして、涙をボロボロこぼして泣いている姿が見えるとのこと。これも実際のところ、マツコはボロボロ涙をこぼして泣くので、ビックリ!!見える人には見えてはるんですねー。
どうにかハイジが話しかけてマツコに聞いてみると、「寂しい」との返事。
そして、実は虐待されていた過去からトラウマが癒えておらず、人間をもうひとつ信用出来ていないらしい。ハイジがリーディングでなだめるも「だって人間でしょう?絶対に怖い事をしないとは限らないし、いつそうなるかわからない。」という返事。
せっかくもらわれてきたところ、実家でオカンにキレられて私がDVられたところもマツコが目撃してるし、暴言とかも聞いてるやろうし、そういうのも環境が悪かったなと反省。今は引っ越してそんなのもなく落ち着いた日々ではあるけれど、留守が多いから不安が拭いきれないのかも。
そして、自分が捨てられるの恐怖心が残っているみたいで、必死に毎日捨てられないように頑張っているのだとか。
なんだか、かなりショック!!
もう3年ぐらい一緒にいるし、周りに過保護や言われるぐらい超溺愛してるけどなー、とぼやくと「(保護の子は)時間かかりますよ。」と。マツコにしたらもっとかまってほしいみたい。
「家の中に白っぽいような緑っぽいような布ありますか?」とハイジが聞くので、「いつも使っているタオルで淡いグリーンのものがある」と答えたら、「それを持ってきて、それに包まれて常に抱っこされてたい。」とのこと。それで愛情を確かめたいし、愛されたいとのこと。
無類のタオル好きのマツコ。
b0237279_1525193.jpg


マツコの過食症についても聞いてみた。やはり、愛情の欠如から来る穴埋めらしい。食べたくないのに、食べずにいられないみたいで・・・。自分も過食嘔吐になったことがあるからわからなくはない。
あと霊的なので色々なエネルギーを吸ってしまう傾向。アンコと自分の境界線もわからない時があるみたいで、エンパス体質(共感能力、気を受け易い)のマツコ。
やっと今ペットとしての自分の自覚が目覚めようとしている時なのだとか。今の幸せを壊したくないから余計に不安みたい。

「縦に抱っこされるのが好きなようです。」とハイジ。
正解!!ようわかるなーー。マツコは横でなく、背骨がまっすぐになるような縦抱っこ方式が好きで毎日そうしている。ハイジになぜなのか聞いてみると「お母さんの心臓の鼓動を聞いて安心していたいから。」だそうで・・・・。泣けるやん!

解決法は、家にいる時は常に抱っこを心がけて下さい。ということ。(けっこう無理言うね〜)
アンコが焼きもち焼かないか聞いてみたら、それは大丈夫みたいとのこと。

で、買ったよ!!清水の舞台から飛び降りたよ!
体が縦に収まって、ちょうど胸にワンコの顔が来るタイプの犬専用スリングを探して注文しました。
b0237279_14595149.jpg


気に入ったのか、潜って寝た・・・。
b0237279_1534670.jpg


アンコの方が最初皮膚病や外耳炎や神経痛やなんやかんや色々あったから、(ホメオパシーやらVeganやらで治した)アンコの方が根が深いと思いきや、問題はマツコだったとは!!
アンコは肉体面では全快して今は健康そのもの。

で、今はマツコにホメオパシーのポースティーラという依存、誰かと一緒にいたい、ママッ子にピッタリなレメディを与えつつ、抱っこしつつ頑張ってます。
イヌやけど、私にとったら子供と同じやからね。
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-08-22 15:25 | マツコ部 | Comments(0)

b0237279_11153454.jpg

行き場のないまかない写真多発でインドネパールフード日記みたいになりつつある・・・。
Veganコスメもブラフマストーンもフェイスブックページがあるし、我が家のイヌ達の写真は常にFacebook、twitter、インスタに載せまくりやし、それ以外のネタというともうこればっかり。

働いてはおるが、胃にもたれるという理由で普段はナンとインドカレーを食べないようにしている。
しかし昨日は満月効果が続いているのか夕方からずっと腹が減っていて、しかもいつになく忙しかった。しかもけっこうインターナショナルな日で、英語とハッタリの中国語が大活躍。日本語以外の言語を話すのがすごく楽しい。ただ、もっと勉強せなあかん・・・。私はいつもなんでも中途半端やからアカンねやろうな〜。そこそこのとこから伸び悩んでそのままほったらかしのパターン。

「キョウ イソガシイカラ モウチョット ナ」と残業を申し渡され、「ボーク ラギョー」(ネパール語で「お腹空いた」)状態で、だんだん腹も立ってきて。

やっと終わるかというところで、インド人シェフ、その名も「プラサード」(「神に捧げる食べ物」の意味)氏が
「アンタ キョウ ナニ タベル?」と。
いつもは、
「ケヒ パニ ナカネ(何も食べない)」で直帰コースだが、あまりの空腹に判断が鈍った。
すぐ帰らずに食ってから帰る事にした。で、
「ダルバート ディノス(ダルバート プリーズ)」と答えたのに、
「キョウ、 ダルバート チキン ハイッテルカラ ダルパラック ナ」(私がベジで肉食べないということは入る時にあらかじめ伝えているので楽だがインド系のベジというと彼らはインディアンベジタリアンなので、自動的に乳製品はてんこ盛られるので要注意である)と勝手にプラサードのオッサンが作成。このオッサンの作るカレーはほんまうまい。(同じレシピでも違う人が作ると全然違う味になるので不思議だ)
ダルパラックとは、ダル=豆、パラック=ほうれんそうで、豆とほうれんそうのカレー。(そのままやけど)
インドカレー、日本の米を合わせるよりはやはりナンが合う。
腹も減ってるしまあいいか、とダルパラックとナンをまかないにしてもらった。
「ダルパラック オイシイ ナ?」と聞くので
「デレー ミトツァ!(めっちゃ美味しい)」と。
久々のカレー、うまし!しかし、贅肉やばし!

カレーを喜んで食っていつものバス間に合う時間に店出た筈がお盆でバス運休!
普段は夜にインドカレーなんて食わんのに、昨日は違うことしたおかげでか全てが変化球だらけだった。太るわバスないわて!!散々。これもオッサンがいつもはVegan仕様のダルバートに今日に限って鳥入れるからあかんねん、と人のせいにしながらブツブツ言いながらどうにか帰路についた。

【 今日のネパール語 】
プルニマ 満月
マライ ボーク ラギョー 私は腹ぺこだ(私に腹ぺこ虫がついた)
ケヒ パニ ナカネ 何も食べない
ディノス 下さい(英語のプリーズみたいな)
デレー とても
ミトツァ おいしい

勉強ちょっとずつ始めようと思ってます。
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-08-13 13:08 | ベジタリアン | Comments(0)

まかないダルバート

b0237279_0183362.jpg

ナマスカール!
最近、臨時給付金の用紙が配られているため、店で暇な時は何人ものネパール人達の用紙記入を余儀なくされております。ブラジル人ボス(天然石の方ね)の銀行手続きやら、ネパール人の役所手続きやらのペーパーワークしたり、WIFI通じないからと代わりに電話したりと代行処理がカルマヨガみたいになってきている今日この頃。そのうち代行業出来るんちゃうやろか・・・。

さてご近所さんに夏野菜をどっさりもらったので、店にもおすそわけ。
ということで、トマト、ししとう、きゅうりの夏野菜のダルバート。
クミンが効いてて、めっちゃ美味しかった!!
もちろんVeganなのが有り難い。
グリーンチリと食べると「ガラム・ガラム!!(辛い辛い)」
野菜持って行ったらすぐまかないに活用してくれるのを見ているとなぜか、砂糖持って行ったらポン菓子作ってくれる屋台を思い出した・・・。
ボンッ!!ていう爆発音と共に。

ネパール語で11時のことを「エガーラ・バジェ」という。
エガーラ=11、バジェ=時
11時半は「サレ・エガーラ(バジェ)」。半の方が前に来るねんね。
いずれにしても、エガーラというと、布袋のギターが頭に流れるわけで。
b0237279_027261.jpg


こないだ、店のシェフに怒られた。
「ココデハ ニホンゴデナ!!」
日本語で通じないので英語に変更したら、オッサン英語出来ず。
いやいや、どないそれ?
いずれにしろ通じひんやん、笑。
なのに、「ハヤク ネパールゴ オボエテ! ワタシ ラク ナルナー。」やて!
ネパール語覚えてもあんまり使い道ないけども・・・。

今日のネパール語
「マンガルバル・サレ・エガーラ!!」=火曜日、11時半な!
R発音の「ル」はかなり巻き舌で言うとGOOD!
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-08-10 00:57 | ベジタリアン | Comments(0)

ダルバートは何気にVegan

b0237279_21134116.jpg

いつぞやのまかない。
「ダルバート」
ダル=豆、バート=ご飯 ネパールのソウルフード
何気にVegan(完全菜食)。

ダルバートはネパールの家庭料理で日本でいうところの味噌汁とご飯のようなもの。
味噌汁の具が日によって変わるように、ダルバートの具も日替わり。
この日は、私が持っていた京都の唐辛子をたくさん使ったもの。
豆もいろんな種類があるので、いろんなバリエーションがある。
これに使った豆は聞いた事もない豆。食感が天かすのような豆・・・。

カレーというより豆スープ。シャバシャバな感じ。
インドカレーは食後の胃が大変だが、こちらは胃にもたれなくていい。

Veganも増えつつあるからこれを売り出した方がいいのにな〜と食べながらいつも思う。
京都あたりからダルバートをメニューに入れたらいいのに。
(大阪ではすでにダルバート専門店もあるらしい。)

現地では煮物やらアチャール(辛い漬物)がついてくるそうである。
店のオッサンは、青唐辛子(生で食べる!)、手作りヨーグルト、ライタ(ヨーグルトと野菜の和え物みたいなの)、アチャールなど、日によって付け合わせがついてきたり、こなかったり。

こんなさらっとした形相でも腹ふくれます。豆やしね。


今日のネパール語会話
「ナマスカール」:こんにちは
「カティジャナ?」:何人ですか?
「エクジャナ」:ひとりです。
「ダルバートディノス」:ダルバートください
「ダンネバード」:ありがとう
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-08-08 21:17 | ベジタリアン | Comments(0)