<   2014年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧


5月3日(祝)
【京都】地球愛祭り
開催時間 11:00-19:00
場所: 京都ひとまち交流館
公式HP:http://thank-earth-kyoto2014.jimdo.com

5月6日(祝)
【大阪】「癒しスタジアムIN大阪vol33」
開催日時:2014年5月6日(日) 10:30 - 18:00
場所:天満橋 OMMビル 2F(各線「天満橋駅」下車すぐ)
URL: http://www.balance.join-us.jp/iyasisutajiamuoosaka.html
入場料:500円 ※無料入場券がございますので、お問い合わせください。

スピリチュアルリーディングの北原さんと共同出店致します。
「マンテンジェムス」名義での出店になります。

5月10日(土)
【京都】Vegan cosmetics making class
11:00〜12:30 化粧水と美容液を作りましょう
14:00~15:30 デオドラントバーを作りましょう
(いずれかのクラスをお選び下さい。2クラス受講ももちろん可能です。)

場所:五条モール 204号室「休憩室8」
〒600-8114 京都市下京区上ノ口通二ノ宮町上ル早尾町313-3
元お茶屋さんのレトロな雰囲気のある京町屋です。最近では雑誌「LEAF」や「SAVVY」にも掲載されています。
バスで:京都駅、河原町四条方面から市バス4,17,205号系統「河原町正面」下車 徒歩5分
電車で:京阪電車「清水五条」下車 徒歩8分、地下鉄烏丸線「五条」下車 徒歩13分
近くのランドマークに「ひと・まち交流館」があります。
地図:【Googlemap】http://goo.gl/maps/Fe2Br

参加費:各クラス3,500円:
(両クラス受講の場合は2クラスで5,000円です。)
持ち物: エプロン、ふきんがあれば(汚れを気にしない方は何も持って来なくても大丈夫です。)
定員: 各6〜8名程度 先着順



5月11日(日)に滋賀県大津市三井寺のオーガニックマーケットに出店しようか今考えている所です。
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-04-29 20:35 | 天然石 | Comments(0)

日本酒ハマり中

b0237279_22121733.jpg

冬から日本酒にハマりまくっている。

その昔、さっぶいさっぶい中何を思ったのか避寒せずに日本よりさらに寒い韓国に旅行に行った際、夜、屋台で水より安いと言われる焼酎(ソジュ)を飲んでベロッベロになり、そのままホテルに帰って寝るという『リービングラスベガス』(映画)さながらのぐだり感を楽しめるという新しい「愉しみ」を知り、韓国行くなら冬だな、、、と思ったのであった。
(先日ネットの動画で坂上忍氏がソウルでただ飲む打つ買うの旅をするというのを『アナザースカイ』という番組でやってるのを見て、めちゃわかる!!と共感しながら食い入るように見入ってしまった。ただ私は打つ買うが無いのできっと楽しさが半減してるのかもしれないが、個人的には飲むのみで大満足である。)

それをもう一回体験したくて、日本でも冬にさぶいさぶい言いながら居酒屋に駆け込み、熱燗を飲んで体を温めてほろ酔い加減で最高だなー!!と再現しようと思うのけれども、後で頭が痛いだの、吐き気がするだのとあまり日本酒とは相性が宜しくなかった。
そして春になると、酒自体特に飲みたいと思わなくなって、自然に忘れて行ってまた冬が来て、、、というサイクル。
この冬、地酒の純米というのに出会うまでは。

年末に引っ越した先の居酒屋で日本酒を堪能するも、やはり頭が痛い。
あまりに具合が悪いため、なぜ日本酒が頭痛くなるんだか調べたくなってネットをいっぱい調べたら、日本酒に含まれる醸造アルコールが原因かもしれないというのがわかった。
それが入っていない純米酒というのやらが頭痛にならないし、後に残らない、しかも酒を作る側の方の書き込みに「米と麹だけで作る酒は食べ物と同じ、具合が悪くなるのは大量生産するがために何か混ぜ物をしてるから。」と書かれているのを発見し、すっかり腑に落ちて以来、純米酒を選ぶようにしている。
ほんとに、後に残らないし、しんどくない。たまに頭痛になるものもあるけれどごくたまに。
しかも、滋賀には美味しい日本酒を作る蔵がたくさんあるので、選び放題だ。
そしてすっかり滋賀の純米酒とやらにすっかりハマってしまった。

そうこうしているうちに地元カルチャーセンターが主催する「地元の蔵見学会」というのを発見し、参加してみた。(その時の模様はまた今度)
朝から参加して見学し、昼に飲み比べの試飲会。全員ベロベロになりながらも楽しいひとときだった。
滋賀の人々は大阪とは違って誰でも彼でもどこでも喋りかけるということは稀だと割と長めの滋賀生活の中で知った。お酒の力で心を緩ませ、お隣の人とでもすっと会話が出来るという吞みニケーションは結構人間関係には必要で、また必要な場所に必要なモノがある。滋賀の場合の必要なモノというのは蔵と地酒だ。

私の中での日本酒=冬だったのだけれど、春になると新酒やらイベントやらがたくさんあって、新しい発見がいっぱい。

今まで知らなかった滋賀を今、楽しんでいる。

写真は近所の蔵、竹内酒造による「香の泉」。無濾過生原酒を瓶ごと燗して一年寝かせたもの。米は「玉栄」という酒米使用。
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-04-24 22:13 | | Comments(0)

だいぶええ感じに日本酒に浸かったゆずの種を取り出す時期がやってきた。
とろ〜んとペクチンが溶け出してジェル状になってるのを見ると、なんかウレシイ。
効きそうで!

b0237279_23445498.jpg

茶こしにあけてエクストラクト(エキス?)を漉す。

b0237279_23451288.jpg

下にとろ〜っと溜まる黄金色のトロミのある液体。
匂うと、けっこう柚子の香りが出てる。

b0237279_23453991.jpg

スプレー容器に1(柚子日本酒エキス):0.5(グリセリン):8.5(天然水)ぐらいの割合で割ってシェイクして出来上がり。保存は冷蔵庫にて。
肌につけるとポカポカっとして血行に良さげ。冬とかにもいいかも。
この化粧水を付けてると段々クリーム要らずになってきてる。
というか、さっぶい冬が終わったからということも関係してるけど。

いやー、日本酒素晴らしい!!
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-04-22 23:52 | 美容/ナチュラルコスメ | Comments(0)

コスメクラスin 京都

定期的に京都で開いているコスメクラスの模様をお届けします。

今回もフェイスクリームとリップバーム作りと講座内容は同じだったのだけれど、前回とクラスを前後入れ替えて、午前中をフェイスクリーム、午後をリップバームのクラスにしてみました。
一回目に皆さんたくさん集まられたので、今回は少人数制クラスでした。
では、レポートをどうぞ。

b0237279_14142046.jpg

まずは、フェイスクリームから。
鍋で材料を湯煎しているところ。
午前の生徒さんは、なんとオマーンから医学を勉強するためにやってきたヒジャブ(イスラムの頭に巻くスカーフ)が似合う留学生の可愛い女の子。
京都にいると本当にインターナショナルで楽しい。
コスメを作りながら、イスラムの話やオマーンでポピュラーなハーブやオイルの話を聞けて、私も賢くなった気分になった。地図で見るとインドから海を西に渡ったところにあるオマーン。だからか、インドとのつながりが深く、ハーブとかご飯とかもインドに似ているんだとか。
サンダルウッド、フランキンセンス、キャスターオイルなどをよく使うみたいで、民間療法も割とアーユルヴェーダ風なのかな。

b0237279_14144219.jpg

こちらが生徒さん作。
クリームは水の量の加減で固さが左右される。固めの場合は、水が少ないし、緩めの場合は、水が多い。自分の好みに合わせて調整出来るのもまた楽しい。

b0237279_13454472.jpg

出来上がり作品。

b0237279_1414528.jpg

午後のリップのクラスは前回フェイスクリームのクラスに参加された生徒さんで、アパレル系のお仕事をされている大阪人。私は元アパレルの大阪人。しかも私が昔住んでたところの近くの方で。大阪人同士、アパレル繋がりで色々な話が出来て何か深い気持ちになった。
食べ物を使ったキッチンコスメのレシピは前回すでに紹介しているので、今回はちょうど家でいい頃合いに出来上がっていた柚子と日本酒のエキスを使って化粧水を作り、お土産に持って帰ってもらうことに。

クラスを通してナチュラルなコスメを教えるだけでなく自分も色んな人と出会って自分の知らない色んな事を教えて頂けるのがとってもありがたい今日この頃。
人というのは大切な財産なのだなと思って、感慨深い気持ちになって帰路についたのであった。



次回は5月10日(土)開催です。
11:00〜12:30 化粧水と美容液
14:00〜15:30 デオドラントバー
の二本立てでお送り致します。
もちろん全部Veganなので、動物性由来のものは使いません。
自分にも動物にも環境にも優しいコスメです。
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-04-21 14:11 | 美容/ナチュラルコスメ | Comments(0)

b0237279_15261194.jpg

先日、12日(土)に京都五条モール(大型ショッピングセンターではない)で行われた「小さなマルシェ」の様子です。場所は五条河原町ちょっと入ったところです。

b0237279_1527149.jpg

最近イベント時にはよく使わせてもらっている五条モールの入り口です。
昔懐かしい京都のレトロな民家そのままの雰囲気を大切に残し、改装しています。
昔住んでた家みたいな感じでくつろいでもらえます。
実はここはその昔、家ではなく遊郭だったようで、近くにあるお家や旅館も入り口からしてそんなたたずまいが残っている貴重な建物が多いです。

b0237279_15321576.jpg

五条モールの二階、「レンタルスペース8」さんをお借りして、やさしく味わいのある「さちぱん」、ミーティアさんの卵乳製品を使わないVeganお菓子「ベジスイーツ」、オラクルカードリーディング、天然石ブラフマストーンと4店共同でマルシェを行いました。

こちらは、さちぱん&ベジスイーツ♪
さちぱんさんはひっきりなしに顧客様が来られて大人気、彼女の明るさと人徳だな〜と見惚れてしまいました。パンは1個だけ残っただけで完売でした。
王道のベジスイーツは、豆腐ティラミス、スコーン、パウンドケーキがあり、どれもとても美味しかったです。(私当日全種類制覇しました!)しかも、食べても罪悪感の湧かないウレシイおまけ付き。いつもありがとう〜♪

b0237279_1537144.jpg

右奥にはリーディング用ブースが。
大阪北摂でスピリチュアカウンセリングをされている北原さんは聖母のような美しさ。
修道女のような高潔な雰囲気を持っておられます。なんと今回で北原さんがカードリーディングが最後だという貴重な回でした。
現在はメールとスカイプにてリーディングしてもらえるそうです。皆様も是非。
優しく美しい女性にリーディングしてもらうってなんだかいいですね〜。

北原さんのブログはこちら。
http://ameblo.jp/hoshihikarimichi/

b0237279_1541591.jpg

私のブース。天然石とアクセサリーいろいろ。
ネットショップだけだと手に取って見れる機会がないので、販売会は実際に触ったり身につけたり出来るのがいいところだなと思っています。なので、ちょいちょい外に出て見て頂く機会を持ちたいな〜と思っています。
ちなみに次は、20日(日)滋賀県大津市三井寺のフリーマーケット、5月3日(祝)京都ひとまち交流館の地球愛祭り、5月6日(祝)大阪OMM癒しスタジアムに出店予定です。
ちなみに五条モールでは、4月19日(土)と5月10日(土)に手作りコスメクラスを開催致します。

みなさんをつなぐ出会いと交流の場として、新しい場を提供し、シェア出来て行けたら、、、と思っています。

スペース8オーナーのハギィさん、美味しいさちパンを持って来てくれたさちこさん、美味しくやさしいスイーツを持って来てくれたみっちゃん、大阪から来て下さったリーディングの北原さん、お部屋に来て下さったお客様、皆様どうもありがとうございました。
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-04-16 17:57 | 天然石 | Comments(0)

大津の老舗お茶屋さん

b0237279_2123291.jpg

大津駅から歩いて琵琶湖方面に下って行くとふわっとお茶の炒った香りがする場所がある。
ふと香りの方を見てみれば、お茶屋さん。
お店の前に置かれた炒り器からほうじの香りが流れてくる。
ついつい、香りにつられてふらっと入ってしまう。

b0237279_21233272.jpg

自家製の炒り器が目印になっている。
主に赤ちゃん番茶(ここのお店の主力商品でこれもまた美味しい。カフェインも少なめ。)を炒っているみたい。
若い女将さんがお茶を炒っている姿を目にすることも。

大津駅から浜大津にかけての地域は、京都のような古く趣のある町並みが残っていて、昔から続く老舗の酒屋、和菓子屋、ゆば屋などが今も現役で営業されている。
このお茶屋さんもまた江戸時代から代々続いており、今の店主さんは五代目だとか。

b0237279_21245828.jpg

お店の中はこんなん。(お店のウェブサイトからもらいました。)
綺麗で上品なインテリアとディスプレイ。

ほうじをちょうど切らしていたので、若女将に聞いてみたら色々と詳しく茶葉を見せてくれながら説明をしてくれはった。

b0237279_21254319.jpg

一番のオススメはこちら、「近江手炒りほうじ」。産地は信楽の朝宮とのこと。
滋賀のお茶の産地は朝宮、土山、政所の三大産地が有名。

このお茶は香りが他とは全然違うとのことで、帰って試してみたところ、ほんまに全然ちゃう!!
今まで飲んできたほうじは一体何だったのかと思うぐらいで、台湾烏龍茶を飲んだ時と同レベル程の感動がやってきた!
やっぱり滋賀のお茶はうまい!と思った瞬間だった。
ただ、私はめちゃめちゃお茶好きというのにめっぽうカフェインに弱く、飲むと動悸がしてくるのは致命的だ・・・。(なのでコーヒーは飲めず。飲んだら半日グロッキーでつぶれるハメに。)
緑茶もたいがい飲めなくなってきて、辛いところ。
ちなみにほうじのカフェインは烏龍茶や紅茶と同じぐらい、インスタントコーヒーの約半分ぐらいで、ドリップコーヒーの三分の一ぐらい。

ということで、このほうじもマグカップでバカバカ飲むのではなく、中国茶器やおちょこぐらいの大きさの器で香りを楽しみながらちびちび飲もうと思う。


中川誠盛堂茶舗
〒520-0043
滋賀県大津市中央3-1-35
http://seiseido.com
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-04-14 21:48 | 観光事業部(滋賀) | Comments(0)

4日後の柚子&日本酒

b0237279_1332462.jpg

4日目の柚子種日本酒漬込み、トロっとしてきた!!

匂うと、柚子の香りが出て来た。日本酒とミックスされてまろやかな香り。

ちょっとフライングして、少し取り出して化粧水にして昨夜使ってみた。
めちゃ良い!!
化粧水至上これまでにないしっとり感。

b0237279_13352281.jpg

上から見たら、こんな感じ。
あんまりわからんけど・・・。

もうちょっと待って、さらにトロミを出してから漉すとしよう。
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-04-10 13:36 | 美容/ナチュラルコスメ | Comments(0)

柚子と日本酒

b0237279_13135436.jpg

柚子の種を日本酒にポッチャン♪と漬込んだ。
よくあるのは焼酎(またはホワイトリカー)に柚の種を漬込むパターンだが、家にあるのは純米酒の残りのみ。
醸造アルコールを使っていない純米酒(米と麹だけから作られる)の方がきっと肌にもよさそうなのでこれでええかと。日本酒には美肌成分もあるしね。
今回、あらかじめドライになった柚子の種(売ってるもの)を使ったけど、家で使った柚子から出た種でも、レモンの種でもみかんの種でも柑橘類ならだいたいどれでも作れる。

柚子の種を水分に浸しておくと、ジェル状のトロッとしたものが出て来る。
これが美容成分=ペクチン。保湿力が高く、シミや小じわを薄くするらしい。
肌の老化原因である活性酸素(フリーラジカル)を防いでくれる。
肌の水分の蒸発を防ぐのでしっとりが持続する。乾燥は大敵の肌としては嬉しい限り。

数日漬込んでペクチンを抽出する。

匂ってみるが、日本酒の匂い・・・。

b0237279_13355079.jpg

さて、日本酒の方はというと、一番の注目部分は麹(こうじ)の成分。
メラニン生成を抑えるため美白効果が期待できること。日本酒を作っている職人さんの手はすごく綺麗なんだそうだが、麹によるものかな?シミやらそばかすやら、だんだん気になってくる年頃(実はもうとっくに過ぎてはいるが)なので、これは是非使ってみなければ、と思うと同時に今度酒蔵に行ったら職人のおっちゃんらの手をじっと見てみたいと思う。
私は最近日本酒にすっかりハマっているが、アルコールだからといって肌が乾燥することがなくてまじでビックリしている。しかも、麹により醸されているためか、お通じも良い。発酵って凄いね。
某紀香やら某まさみ達は、日本酒を風呂に入れて美肌を保っているというのは有名な話だが、私の場合、風呂に入れるまでもなく1本飲みきってしまうのであった・・・。
他にもフェルラ酸というポリフェノールの一種が抗菌、抗酸化作用がありアンチエイジングにいいらしい。そしてこれが育毛にもいいとかで、ハゲ薄毛が気になる人は是非。
日本酒に詳しい方ならご存知かもしれないが、「アミノ酸度」という用語があり、日本酒中における数種のアミノ酸含有量を数値化したもので味の濃淡の目安とされ、ラベルに書かれていることもある。
このたくさんあるアミノ酸がまた肌に(角質層に)潤いと保湿をもたらすのだから考えただけでもニヤっとしてしまう。

ペクチン質が出てくるのを待って、すぐに化粧水を作ってみようと思う。
早く使いたくてすでにウズウズしているところ!!
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-04-09 13:56 | 美容/ナチュラルコスメ | Comments(0)

St.Jone's wort

b0237279_14172857.jpg

セントジョーンズウォートと長ったらしい名前のハーブ、日本名は弟切草となにやら怖い。
それにまつわる民話もまた怖い。
兄が弟を斬り殺した血しぶきが飛び散った植物が弟切草とか、血を吸った植物が弟切草とかで。
仏様がその草を見て嘆いて霊力を与えたとか、元々傷を治す秘薬だったのを口外して怒って斬り殺したとか、色々な説があるがいずれにせよ、兄が弟を斬り殺す話でおぞましい。
実際の葉に黒い点々がついていて、それを押すと指が赤く染まり、それが血の跡みたいに見えるというところから、そういう名前なのかもしれない。
セントジョーンズの方はというと、セイントジョン=聖ヨハネ、の草ということで、とても清々しい。
ヨハネの日である6月24日前後に黄色い花を一斉に咲かせることから、聖ヨハネの草として名付けられたとかで、名前的にこっちを使いたい。
十字軍の兵士たちが打ち身や切り傷の特効薬として、この草でハーブオイルをつくり、それを携帯したのだとか。

別名は「ハイペリカム」「ヒペリカム」。ホメオパシーにもハイペリカムというレメディがあって、神経痛など神経の集まった所に受けた傷などにいい。尾てい骨を打ったとか背骨のあれこれ、抜歯などの時に使われる。

薬用ハーブとしては抗鬱のサプリとして売られているのを見かけるが、私は使った事がないのでよくわからない。セロトニンを増やすとかで。ただ、薬効が強い植物というのはそれだけ毒性が高いので、使うには注意が必要だと思われる。特に何か薬を取っている場合は併用での副作用も考えられる。ドイツでは、セントジョーンズウォートの薬効について研究がさかんだとか。

私はどちらかというと外用の方が興味があり、傷を治す薬草的な方面が気になっている。
擦り傷、切り傷、火傷、炎症な、虫さされなどの治癒にいいらしいが、名前の由来のように刀で切ったりした時の止血などにもきっと良かったんでしょうね。ただし、生葉はかぶれやすく、少々キツいので皮膚炎を起こしかねないらしい。(成分中のヒペリカムが光毒物質で、皮膚の薄い草食動物がオトギリソウを食べてアレルギー反応のようなものが出たケースがあるが、大量摂取しないヒトには稀であるらしい。しかし、皮膚がかなり弱いヒトはパッチテストをした方が良いし、肌を黒く焼きたい人は日光に当たる前にこのハーブを使うのをやめておいた方が良いかもしれない。)やはり、薬草=毒草である。そういった意味でも生よりドライハーブが使い易い。
全草を乾燥させたものは「小連翹(しょうれんぎょう)」と呼び生薬として使われている。(止血、沈痛など)

b0237279_15251656.jpg

そういうことで、米油に漬込んでみた。
救急用の軟膏を作ろうと思って。
どれぐらい漬込もうかな。
色はどんな色になるかな〜。花は赤く染まるけど、草なので茶色くなるかな、黒くなるかな?

むふふ、楽しみ〜〜。
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-04-07 15:50 | 美容/ナチュラルコスメ | Comments(0)

五条モール204号「レンタルスペース8」にて小さなマルシェを開催します。
ベジスイーツさんの美味しいお菓子、さちこさんによる美味しいパン「さちぱん」、まきさんのオラクルカードリーディング、ブラフマストーンの天然石の合同イベントが行われます。

b0237279_1545073.gif


b0237279_257483.jpg

ミーティアさんによる「ベジスイーツ」の乳製品も卵も使わない美味しいveganお菓子の販売。様々なイベントで即完売が出るほど大人気のベジスイーツさんのお菓子はコアなファンの方が全国に散らばっています。全て美味しいですが、中でもスコーンは絶品です!

b0237279_10393244.jpg

川合幸子さんが手がける自家製天然酵母の「さちパン」。
シンプルな材料でつくる素朴なパン達を食べた人が幸せになるようにと丁寧に焼き上げています。
基本、卵バター、ミルクを使用しないVegan系パンです。(たまにフォカッチャのトッピングで卵やチーズを乗せるバージョンあります)

b0237279_2524912.jpg

宇宙と地球とあなたをつなぐリーディングをされているスピ美女、北原真紀さんによるオラクルカードリーディングです。
オラクルカードリーディング 20分3,000円ご予約承ります。
カードの申し込みはこちらから。
https://www.facebook.com/maki.kitahara.144
hoshihikarimichi☆gmail.com
(☆を@に変えて下さい。)
ブログ:http://ameblo.jp/hoshihikarimichi/

b0237279_12573295.jpg

ブラフマストーンの天然石や天然石アクセサリーの販売です。
磨きポイントや原石を使ったネックレスなど。
http://brahmastone.ocnk.net

宜しければ、覗きに来て下さいね〜。

b0237279_155559.gif

【 詳細 】
日時:4月12日(土)11:00~17:30

場所:五条モール 204号室「休憩室8」
〒600-8114 京都市下京区上ノ口通二ノ宮町上ル早尾町313-3
※五条モールは大型ショッピングモールではありません。五条モールで検索すると大手モールの五条店がヒットするそうですが、そこではありません。こちらは、元京都のお茶屋さんの古い建物を改装したレトロで風情のある古民家になります。お間違いのないようにお願い致します。

地下鉄五条、京阪清水五条より徒歩8分。
京都駅からでもゆっくりと散歩がてら歩いて来ても20分ぐらいの距離です。

入場料:無料

お問い合わせ 担当大島 メール:brahmastone☆gmail.com (☆を@に変えて下さい。)
b0237279_1563233.gif

[PR]
by mandalaxsuper | 2014-04-01 02:32 | 観光事業部(京都) | Comments(0)