<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

レモンと塩のスクラブ

b0237279_03936100.jpg

「ひじ黒くなってない?」と聞かれ、「それやったら塩とレモンがいいで。」と言う。
絞り終わったレモンの果肉のなくなった部分にひじを当て、ぐりぐりするだけでも割と効くのだが、塩を使ってさらにぐりぐりすると角質が落ちる。
いきなり切ったレモンと塩を出されてもどうして使ったら良いかわからんが、あらかじめミックスしたものを瓶詰めにしておけば、「あ、この状態で使うのやな」とわかりやすいし、やりたい時にいつでも出来るな、という事で瓶に詰めてみた。
なんかちょっと可愛いかもー。
早速今日の風呂でやりたいと思う。

レシピ
塩 空き瓶いっぱい
レモン 1個か二個(絞ったもの)
混ぜるだけ

ひじやひざがなぜ黒いかというと角質が硬く分厚くなったから。
こすれたりするからね。
保湿やケアをしてたらあまり黒くはならないけど、あまりそこまで毎日気にしてもいられない。
それで忘れた頃に、アレ?と思うわけで。
スクラブ→保湿 でなんとか黒ずみ(古い角質)を取って、あとは保湿を忘れないように心がけるといいかも。

重曹も黒ずみにいいので、ちょっと手に重曹を取って、上からこのスクラブを混ぜたらシュワシュワ~っと微炭酸的な発泡。そしてひじにぐりぐり。洗い流してスッキリ。ミントも混ぜたい気分!後でミント精油を瓶の中に足そうっと。


※発泡事件発生!
調子に乗って重曹を瓶の中に入れましたら、かなり発泡し、中身が半分ぐらい溢れ出しました。
重曹は入れないことをオススメ致します。
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-08-29 00:40 | 美容/ナチュラルコスメ | Comments(0)

仏と遊べる仏光山

b0237279_0265649.jpg

仏陀記念館からゴルフカートのような乗り物に乗って仏光山の方へ移動。
傘かぶってるのは尼さん。ここのお寺は尼さんが非常に多い。
ただ、敷地内がだだっ広くて驚くばかり。

b0237279_0275199.jpg

さあ、入り口ってったって、何この宝塚歌劇団もビックリな大階段。
もう仏陀記念館へ行ってヘトヘトな身としては、暑い中もう階段を上がりたくないのが本音。
でもまあここまで来たし、入ってみよう。
写真右端の見切れて案の定写っている洞穴みたいなところに「浄土洞窟」とあり、何やら怪しげなので行ってみる。

b0237279_0281560.jpg

仏教版イッツアスモールワールド的な所らしい。本当にここのお坊さんがディズニーランドに行って、このアトラクション的な展示を思いついたのだとか。
世界中の色んな人々が仏教に帰依するの図。なぜかクレヨンしんちゃん発見!
クオリティ的なものに関してはあえてツッコミません。

b0237279_028895.jpg

仏陀ジュディオング編?
おっさんの服が何気にグーフィで、たぶん前の方のネエちゃんはミニーさんで、これはたぶんねずみランドへのオマージュ?

b0237279_0302294.jpg

ちょっこす、スリランカの洞窟仏みたいな雰囲気もあり。
仏の前を通ると電気仕掛けでくるくる回ったりするものもあるのであるが、電気のスイッチが入った音やらジー、、という電気音やらが何かシュール。楽しげな音楽でもかかっているといいのだが、、、。

b0237279_0314911.jpg

悩ましげなオッサン

b0237279_0321415.jpg

笑う布袋さんを抜けてトンネルに。
最初は「わー、小枝のパラダイスネタとしてはがきを送ろう!(ナイトスクープに)」なぞと喜んでいたのであるが、あまりにも広く、長く、しかもねずみランドと違って乗り物に乗る訳でもなく、完全なる歩きなので、だんだん疲れて来た私達ご一行。

b0237279_032262.jpg

あまりにも所要時間が長いため、どこかショートカットできんもんかなと言いながら順番に進むしかなく、徐々に気持ちが沈んで行くという変てこパラダイス。
何体あるのか、仏像。あまりにありすぎると有り難みが湧かないね、、、。
もうわかったから!とすでにお腹いっぱい。

b0237279_0325694.jpg

やっとこ最終段階の仏。さいなら~と手を振らんばかりの小僧(昭和のマネキン風)にくるくる回る蓮。パカッと戸が開いてみたり、蓮が開いたり閉じたりと先読みしたそのままのことをする人形達。
写真も最後の方撮っていない。途中、飽きてしまって、、、。

順番間違えたかなー、まず記念館の近代的なキレイさにテンション上がった後のコレは、テンション一気に下がりまくり。
仏光山を先に見てからの記念館にした方がよさげかも。
まず午前中の元気が残っているうちにここを見れば面白いかも。

私的には面白さよりも一気にどっと疲れてしまったのであった。

b0237279_0332681.jpg

洞窟を脱出してもまだまだ仏像まみれ!!

仏好きな人には是非オススメのスポットです。

【 仏光山 】
高雄市大樹区興田里興田路153号
高鐵左營駅から義大バスで直行
http://www.fgs.org.tw/(中国語です。)
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-08-29 00:34 | | Comments(0)

b0237279_234849.jpg

さて、大仏の方に行ってみることにしよう。
お土産屋さんのドアを開ければ異空間。インガンダーラ、ガンダーラ♪と頭に流れる。

b0237279_2352423.jpg

けっこう距離あるよ。
暑いが、歩いて行ってみる。

b0237279_2354542.jpg

この大仏、台座を含めて108メートルだとか。
煩悩の数を絡めてくるねー。
この大仏の中はホールになっているのであるが、構造が曼荼羅図の配置になっているという凝ったつくり。お腹の都合もあったため、全部見て回れなかったが、中にはものすごいもんがいっぱい!
タイかどっかから送られたという純金でできた観音様に宝石が散りばめられた像だとか、どこぞかのアーティストが作ったのか近代的なホログラムの仏でおおわれたガラスに囲まれた宇宙的な千手観音とか、本翡翠を彫刻したドでかい絵画様式の曼荼羅図のような涅槃図のようなものを壁画にしてある部屋だとか、かなり度肝を抜かれるようなモノ満載!

翡翠の仏画の部屋では、説法と座禅体験が出来るというのでせっかくなのでやってみることにした。中国語はちんぷんかんぷんではあるが、渡された中国語の教本を眼で追いながら聞いていく。
10分、15分の座禅ではあったが、なかなか有意義な体験であった。

b0237279_2363830.jpg

これがその翡翠の仏画。画像はお借りしたもの。

座禅が終わると急に腹が減り、来た道を戻って、入り口のレストラン方面へ。

b0237279_237611.jpg

高級ホテルが経営する素食(ベジ)レストランも良かったのであるが、受付嬢に聞いてみたらホールの二階の食堂では一人100元でバッフェあり、とのことで急遽そちらへ。
リーズナブルな雰囲気等に義母様が気に入らなかったらどうしようかとヒヤヒヤしたものの、大丈夫そうだったので良かった。

b0237279_2381624.jpg

麻婆豆腐、焼きそば、カレー、麺線(台湾名物のビーフンのような汁)など、一般受けするメニューの数々が全て素食(ベジタリアン)でしかも食べ放題と凄いサービスだなと感心しきり。たぶん、手伝っている人々はボランティア風。凄い、、、。

たらふく食べて、満腹に♪♪
ごちそうさまでした。
やっぱ寺飯はええな〜と。
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-08-18 23:09 | | Comments(0)

台南に仏と遊べるパラダイスがあると言うので、行ってみることにした。
名前は「仏光山」。なんだか聞いた事があるな~という感じの名前だと思ったら、日本にも系列のお寺があるらしい。台湾ではかなり大手企業並の一大仏教組織でテレビ局も併設されている(もちろん仏教チャンネル)仏教の聖地と言われるところ。
そこがかなりのパラダイスで、ベジにもウレシイ素食レストランが数店舗入っているというので、これはと思い立ち。
しかし行くのにかなり時間がかかる。台北駅から高鐵(ガオティエ、新幹線みたいなの)で台南の左營(ズオイン)駅まで、そこからバスに乗って30分だか45分だかの場所にあるという僻地。
とりあえず、行き方、バスの時刻表などをコピーして万が一の準備をしておいた。
が、すんなりバスまで漕ぎ着けた。義大客運というバスというのに乗りこめば後は着くまでぼーっとしておれば良い。楽チン♪

b0237279_22533118.jpg

義大世界(イーダシージエ)という台湾最大の遊園地、アウトレット&5つ星ホテルの総合アミューズメントパークを通り、終点の仏陀記念館まで。ていうか、バス会社も持ってるし、凄いなこの義大系列の会社。
バスの中で流れている義大世界のキャラクターがお送りするおなら、うんち、おしっこという三大子供が喜びそうな下ねた満載の漫画をずーっと着くまで見てたので(割とオモロい)、長時間はそんなに苦にならず。

b0237279_22551791.jpg

到着した記念館のあまりのデカさにビビる。さっき通って来た義大世界も巨大テーマパークだが、こちらも巨大な仏教のテーマパークだ。

b0237279_22554930.jpg

あれはバス停?と思いきや、トイレ。
仏教とは全然関係がないけれど、、、。
なぜバス??

b0237279_22563611.jpg

一歩入れば、めちゃ近代的!
お土産屋さん、ベジ高級レストラン2軒、ベジ食堂、スタバ、セブンイレブンなども入ったデカいモール状のエントランスにテンションだだ上がり。
スタバにセブンイレブンねえ、、。意味深ねえ、、、。

b0237279_22572847.jpg

テンション上がって素食アイスを発見。
思いついて買ってしまう、、、。別に欲しくもなかったのにも関わらず。

b0237279_2258611.jpg

ライチ味を購入。乳、卵無しだぜ!と喜んでいたが、よう考えたらただのシャーベットなんよね、、、。ウワサによるとここの寺の人がオーガニックのライチ農園を持っているとか。

b0237279_22593916.jpg

ここにもOPENちゃん!
台湾で大人気、台湾セブンイレブンのマスコット。
かわゆー。台湾生まれと思いきや、実は日本人デザイナー作。
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-08-18 23:02 | | Comments(0)