<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

b0237279_21162274.jpg

先日、誕生日を迎えました。
パチパチー!!

年いってからというもの、誰に祝ってもらうことも特になく平日な感じで過ぎ去るのみのバースデーだったのであるが、今年はナゼだか、いつになく、いっぱい祝ってもらい、沢山のお友達の皆様からプレゼントも頂いた。
「今年は人気やな!」と、とても嬉しくヒトリにやにやしてばかり。
本当に有難かったです。皆様ありがとうございます。

人は一人だけで生きているのではなく、周りの人の気持ちを頂いたり、助けて頂いたりしながら生きているのだな、と思い、感動してみたり。
ちょっとしたことなんやけど、そのちょっとしたことをさらっと出来る人って( ・∀・) イイネ!
私もそうありたく、今年はそうしようと思った次第である。

写真は豆ずきん。私の大好物である。

これを作っている女子とはかれこれ知り合って10年ぐらいになるのかな~?
私が石鹸を作って京都の某手作り市に毎月出店し、一生懸命必死で売り出していた頃に出会った。ウロウロと周りの店を見渡して、豆ずきんという豆型人形にとまり、どうしても忘れられず、搬出時間間近に自分の石鹸と豆ずきんを交換したのが出会いだった。
当時、ヨガのスタジオを旦那さんと二人で切り盛りし、その上石鹸も毎日のように作ってみたりしていたものだからけっこう体力的にも疲れていたり。
そんな時に癒しになったのがこの豆ずきんだ。
ひとつひとつ手作りで表情もひとつひとつ違う。
形も可愛いし触り心地もいいしで愛着が沸くペットのような人形だ。
豆ずきん作家であるTさんは私の心の支えになってくれていた。
なんだかんだで全国区になり、超有名豆。知る人ぞ知る豆ずきんである。
私はもう石鹸こそ作っていないけれど。
同い年の彼女とは何かと御縁があり、途中間は空いたりしたものの、またFacebookなどで再会して今に至るのである。

時間とは不思議なものだ。
ふとした時に昔を思い出せばその時の感じを体感出来たり、匂いを思い出したり。
直線的には何時間も何ヶ月も何年も経っているのに、一瞬でそこに帰る事ができる。
タイムトラベルってもしかしたらこんな感じなのだろうか。
時間の概念を超えたとこにある何か。

人と出会って時間を共に過ごすのだけれど、時間だけをカウントしていると見落としそうになるものがある。直線的な時間の概念よりもご縁やタイミングの方が自分の中で体感している問題そのものだから。

そう思うと「今」って大事やね。今ご縁あって自分の周りにいてくれている人々を思い出す。
大事にしないとね・・・。
皆さん、ありがとう!!


豆ずきん
http://mamezukin.ciao.jp/
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-02-28 21:19 | Comments(0)

ええねんけど・・・。

b0237279_2352937.jpg


記事、UPし忘れてたので・・・。

たまにベジなドッグフードを見つけるとちょっと買ってみたりする。
以前、こちらのヤラーから出ているカリカリを買ったものの、全然食べることなく興味を持つこともなく終了~・・・。
ウエットフードならどうだろうか?
と、ほかのもん買いついでに注文してみた。

パカッと開けると、何やら肉っぽい。
でも、ベジなのでこれは大豆ミートだろう。
表示を見れば、大豆、えんどう豆、にんじん、ひまわり油・・・とある。
ベジなのを再確認してから、ちょっと舐めてみたった。
う~ん、ベジミート。
ペットフードにもベジミートか!と。
人と同じやね。

で、皿に盛ってアンコに。
えらいがっつき模様。
そない美味しいねやろうか・・・。

夜もこれくれ~と。よっぽど美味しかったらしい。
ただ、これ毎日くれ言われたら困る。
なぜって1個400円近いのだから。

もしかしたら、普通の乾燥大豆ミートを水で戻したものを自分でアレンジしたらええんちゃうんか?と、ちょうどおとといあたりにあじゅさん(大阪のベジレストラン)でオカンが買った大豆ミートのミンチタイプがあったので、使ってみることにした。
水で戻した大豆ミートをアンコに与えたら、食べた。マツコはいらん、と。
その2:それをゴマ油で炒めてあげてみたら、アンコ喜ぶ。マツコも食べる。
アンコはもっとくれ、と。
これはいけそうだ。

ちょっとヤラーはちょいちょい買えないので、買うまでの間は家にある乾燥大豆ミートのアレンジバージョンでお楽しみ頂くことにしよう。

その後、大豆ミートわんちゃまご飯にも飽きたらしい。
というのも、あまり食べるとお腹がゆるくなるみたいで、要らんのだそうだ。
大豆ミートはあまりあげないということで決定した。
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-02-23 23:52 | マツコ部 | Comments(0)

犬に手作りご飯を実践している。
けっこう周囲から笑われているのである。「犬にご飯を作っている??犬やで?」と。
まあ、犬なんですが、子供がいない私としては子供みたいな存在なので、いいの、いいの。
しかし、まあこれがどこかのわんちゃんに役に立てばいいな~・・・と思い、作ったものを撮りためて記録している次第。
ずっとやってるのはナゼかというと、アンコさんが酷いアレルギーがあったからという事もあり、なるべく負担のない食べ物で体質を改善させたかったから。(Vegan食1年ぐらいで随分と良くなり、今はほぼ治っている。)ベジタリアンのカリカリはあるっちゃああるが、いちいち買うのが面倒なのとカリカリはファーストフード的だし食べたら痒がるので食べさせなくなった。
基本は野菜とご飯のおかゆのようなものであるが、バリエーションとして色々試しているところだ。
実は手作りの方が、経済的だし犬も健康的だし一石二鳥という事が判明。
犬たちの反応を見たりするのも面白い。
味付けはないけれど、炒める時に少量のゴマ油を使ったり、トッピングですりごまを使ったりして香りを少しつけてあげたりしている。

ゆでた角切りの野菜(じゃがいも、にんじん、ブロッコリー、かぼちゃ等)を1回使う分ずつラップして、冷凍庫で保存している。
ご飯を作る際にすぐ使えて楽チンなので、オススメ。

※たまたまウチの犬達には大豆と小麦にアレルギーがなかったので割と使っているけれど、
人間のお子様と同じようにそれらにアレルギーがあるわんちゃんもいます。

ここではパスタを使っていますが、他にうどんやそうめんなんかも使ってます。

アンコのみVeganで他の二匹は違うので、マツコはこれらにプラスささみ、ルルはこれらにプラス半生タイプのドッグフード(ピュアロイヤルのフィッシュ)を。母がいない時はルルも必然的にVegan化させてみたりしているが、マツコは母がいようといまいと絶対チキンを食べないと気がすまないらしくギャンギャンとキレまくるため、Vegan化出来ず・・・。

b0237279_2041462.jpg

玄米と野菜のリゾット、豆乳仕立て。
白菜、コーン、にんじん、わかめ、ご飯を鍋で煮て、煮立った後に豆乳をかける。
コーンは細かく刻んでおかないと消化しにくいためそのままウ○チで出てきます。

b0237279_2044234.jpg

トマト炒飯、ジャガバーグ(団子)乗せ。
トマト、にんじんをフライパンで炒めたら、そこに御飯、ブロッコリー、水を入れて煮る。
トッピングの団子は、茹でてマッシュしたじゃがいも、おから、炒めたみじん切りキノコにちょっと水か豆乳入れて丸めて片栗粉付けてフライパンで焼いたもの。

b0237279_2051186.jpg

わんちゃまパスタ
トマト、にんじん、白菜、ブロッコリーなど野菜をグレープシードオイルで炒め、パスタも入れて一緒に炒める。(野菜は余ってる野菜でOK)
このままだと食べにくいので、包丁で刻むかハサミで小さくちょきちょきして、食べれる大きさにします。味付けはありません。
玉ねぎももちろん入れません。
パスタはたまにしかあげません。でないと太ります(テキメンに)。次の日のう○ちは硬めになります。便秘のワンちゃんはご注意!

b0237279_2054380.jpg

豆乳ビジソワーズソースがけパスタ。
たまにしか、と書いておきながら連続パスタであるが、翌日飯とかではないのでー!
ゆでたじゃがいも、ブロッコリー、にんじんをミキサーに入れ、ご飯少々と豆乳も投入。
ブロッコリーと人参は少しだけトッピング用に残しておく。
ミキサーでガーっとするとビジソワーズに。
ゆでたパスタにソースをかけて、トッピングに残しておいた野菜をかけて彩りを添える。

b0237279_207479.jpg

小豆さつまいも、おからボール添え。
腎臓にいい小豆は豆から炊いて。ほっこりした小豆にゆでたさつまいもを合わせる。
おからボールは、白玉を作る要領でもち粉とおから半々ぐらいを水でこねたもの(硬さは耳たぶぐらい)を丸めて沸騰したお湯の中に落としておからボールを作る。
お皿に両方盛り付けて出来上がり。
マクロビ的にしたいなら、小豆かぼちゃがいいかも。

b0237279_2072691.jpg

ポテ&キャロサラダ
ゆでたじゃがいもと人参をマッシュ、水か豆乳を少量入れるとマッシュしやすい。

b0237279_2074771.jpg

おやつ:スイートポテト&パンプキン
マッシュしたさつまいもとカボチャを豆乳とココナツミルクで練ったもの。
これは私にも美味しかったので、自分おやつとしても作ってみた。
多めに作って冷凍庫にストックして、ちょこちょこ何かの折にご褒美としてあげると喜ぶ模様。

という事で、また記録したものをまとめておこうと思う。
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-02-18 20:19 | マツコ部 | Comments(0)

いつまで続くねん、言うハナシですが・・・。
まだまだ続きます。

大浦天主堂から電車に乗って移動。
亀山社中、諏訪神社、博物館のコース。

b0237279_23535125.jpg

出雲っぽい作りのしめ縄が印象的な諏訪神社、関西より南西側というのは神社が出雲的になるのだろうか・・・?
関西は伊勢風??その辺りはわからんけど。
神社だけをとってしてみると、異文化が違う感じがする。

b0237279_23542289.jpg

日本三大祭り(知らんかったけど)のひとつ「長崎くんち」が行われることで有名な諏訪神社。
長崎におけるだんじり祭りみたいなものだろうか。

b0237279_23552318.jpg

キリシタンに焼き払われたりした割にはキリシタンを祀っている神社だそうな。

b0237279_23555122.jpg

「是非行ってみて下さい」とお墨付きの神社の敷地内にある「月見茶屋」で休憩。

b0237279_23562732.jpg

おはぎを食べる。
こしあんが上に乗ったタイプと二種セットだったが、こしあんが嫌なので、おばちゃんにきなこだけをオーダー。
美味しかった~。

ここを抜けて歩いていくとすぐ博物館にたどり着く。
散歩がてらブラブラしながら博物館へ向かう。
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-02-11 23:53 | | Comments(0)

何ヶ月か越しの旅行記(ほったらかし!)を久々UPです。

グラバー園からスグの大浦天主堂に行ってみた。
長崎で行きたかったところ、それは教会だ。
長崎の教会は他のどこの教会ともなんとなく違う感じがある。
今見てる限りでは異国情緒溢れ美しい建造物であるが、
歴史を紐解けば、なんだか物悲しい。
そこでは色んな物語が繰り広げられていたのだろう。

b0237279_23195556.jpg

実は誰も写ってないけれど、韓国から来られていたアジュマの団体さんに端に寄ってもらっている。
アジュマたちは私に気を使ってアジュマ友達に「ビッキョ!!(どいて)」と大声で仕切ってくれていた。
カムサハムニダ。

どうも、キリシタンとかそういう言葉にグッと来る傾向にあり、
教会の中とか、キリストやマリア像を見るとウルウルと来る傾向もある。
これは一体何だろう?
意味不明だが、感動せずにはいられない。
かといって別に敬虔なクリスチャンではない。というか全くキリスト教でもない・・・。
幼稚園はカトリックだったが、それはたまたま家から近かったという理由だけだった。
(ちなみに赤井英和氏と同じ幼稚園)

前世きっと隠れキリシタンやったんちゃうやろか?
そう思うことで納得している。

b0237279_232033100.jpg

ニナミカアプリで加工↑
絵になるなー。
内側は撮影禁止なので外から。

ずっと見つめていたいマリア像。
マリアには青が似合う。


今回は大浦天主堂にしか行っていないが、いつか長崎教会巡りをしてみたいと思うのである。
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-02-11 23:18 | | Comments(0)

グラバー邸へ向かう。
また、その辺の人に道を聞きつつ、途中まで一緒についてきてもらいつつ(本当に皆様親切でした!)、ブラブラと歩く。

b0237279_19181622.jpg

エレベーター(スカイロードという名前の)を乗り継いで、山の上まで昇っていくのであるが、乗り継ぎ地点からこのような綺麗な風景が広がる。
「長崎はどこからでも夜景がキレイ」とは聞いていたが、これはまさに!という感じの景色。
見てみれば、大浦天主堂も見え、海も見え、絶景である。
こんな風景の中で育ったら性格も良くなりそうやな~と思いながら、自分の生い立ちなどを思い出し、あまりの違いに考えるのをやめたのであった。

エレベーターが頂上に到着し、グラバー園に入る。
すぐグラバーさんのお宅かと思いきや、外国人居留地(元)のようで、グラバーさん以外の方々のお宅探訪が出来る。キリンビールの前身となる清涼飲料水の会社を設立した人、緑茶貿易、海運貿易で財を築いた人などなどのお宅なども見られる。
その時代は、ビジネスチャンスがいっぱいあったんでしょうな~。なんか楽しそう。

b0237279_19194218.jpg

見えてくるのはいきなりのロッジの門。
これは、「やりすぎコージー」で見たアレだな。セキルバーグが解説してたやつ。
ちゃんと定規のマーク入りでちょっと感動。
偶然にも光がこんな感じで差込み、さらに神秘度が増す。
ここで何かが行われていたのか!?

b0237279_19203653.jpg

なにげに広いグラバー園で色々なお宅を拝見した後、最後のトリはもちろんグラバーさんのお宅。
可愛い形の可愛いお家。
なんと1863年に建てられた日本最古の木造西洋建築だそう。
家の前にあるソテツは、樹齢300年。薩摩藩から贈られたのだとか。
ここに龍馬やいろんな藩士や商人が来てたんかと思うと、なんか不思議な感じ。
ふと「ここは原爆におうてない。」とか言う声が聞こえてきた。なるほど、だからきれいに残っているのか。

b0237279_19211741.jpg

見たかった隠し部屋。ちゃんとうつってないけれど、はしごがあって昇り降り出来るようになってて、内側にちゃんと座布団まで用意してあった。
鏡が貼ってあるので、下から覗いて見えるようにしてくれている。
この小部屋で秘密の会合が行われてのか~。グラバー園のサイトによると、国禁を破った若者をイギリスに密航させる際にここに隠しておいたとか。謎がいっぱいだ。

b0237279_19221581.jpg

グラバーさんダイニング。
ここでも色んな商談やらしてはったんでしょうな。
どれぐらいの商売かわからないけれど、金額がえらい桁になってたんだろうと察しがつく。
時給何百円で働いてたら人生追いつかない・・・。

b0237279_19224571.jpg

ガイドブックに絶対載ってる「ハートストーン」。
見つけたり触ったりすると、いいことがあるらしいと、女子に人気。
私以外にも女子が写メっていた。
「これはグラバー時代のものなのか、後付けなのか、なんなのか・・・。」と考えていて、触るのを忘れてしまった。そんな私にいいことは訪れるのでしょうか・・・。(笑)

b0237279_19231131.jpg

グラバーさんの家の門。
立派ななーー!
しかも、一番いい立地で。ここから見える海は船が往来している。
当時も貿易船がどっから来たとか、誰が来たとか、見えてたんでしょうな。

他にも蝶々さんの像、ヨーロッパでマダムバタフライを歌った喜波貞子(きわていこ)の遺品なども展示されてるところもあって盛り沢山。喜波貞子は日本ではポピュラーではないが、ヨーロッパではかなり有名なのだとか。オランダ3/4、日本1/4のクオーター。
私の父の祖母(オランダハーフ)のイメージが全くこの人だったので、写真を見てちょい驚いた。喜波貞子、かなり自分の中で気になる存在に。いわば、ランク外からベストテン入りした感じ。もしくは今週のスポットライト、か。

知らんかったけど、中にはレトロ衣装を来て写真撮影できるところもあるらしかったが、全く気づかず。

というか、この山の頂上にて芯から冷えて冷えて・・・。
さっぶさぶい!!
あー、さぶかった。
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-02-10 19:23 | | Comments(0)

冬なのに納涼

b0237279_22333196.jpg


いつもこんな格好で寝ていまつ。
いびきも豪快でございまつ。
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-02-09 22:34 | マツコ部 | Comments(0)