<   2013年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

さて観光です、という事でホテルからほど近い孔子廟にいってみる。
中国語で言うたら、コンヅーミャオ。別に言ってくれんでいいけど、と。
長崎で何が見たいのかというと、異国文化と異国情緒である。
それがどのように街に溶け込んでいるのか、どのように街に馴染んでいるのかを見てみたい。

b0237279_22531544.jpg

入口を抜けるとそこは中国だった。
というか、まるで台湾。そういえば、台北でも孔子廟を見に行ったっけ。
同じ孔子廟というだけに長崎のも台北のもよく似ている。
この赤いいでだちにテンション上がる。
そして入口の二頭の獅子。
手にはフラワーオブライフ模様の球を握っている。
ドラゴンでいうならドラゴンボールみたいなもん、それの獅子バージョンかな。
龍がぐるぐる巻き付いた柱も圧巻!

b0237279_23163466.jpg

獅子の(。・ ω<)ゞてへぺろ~♡
口の中にも球。
「あめちゃん、もろて~ん♪」的な。

b0237279_23194594.jpg

天気がいいぜ~~!
屋根の龍が凄いな。
と、建築の方に萌えっとなってるのであるが、
こちら、孔子を祀っているのである。

論語で有名なあの孔子であり、中国では映画『アバター』が放映禁止になった変わりに急遽放映したのが『孔子』だったというぐらい孔子といえば、とてつもなく偉大な人物という枠になっている。(と、思う)
去年、孔子生誕2563周年祭があったようなので、今年で2564周年らしい。
古い古い時代からエライ人はいたのだね。

入口に「友、遠方より来たる。また楽しからずや。」と看板があった。
懐かしいかな、中国語を習い始めてすぐの頃、これを習った。
「有朋自遠方来 不亦楽 」
なぜに友が遠くから来て楽しかった、なぞと普通の出来事がこんなに長い間語り継がれているのかが、割と謎であった・・・。

ひろーい中庭には、72人の孔子のお弟子さんたちの像がずら~っと並んで兵馬俑みたいだ。
しかも、実物大ぐらいで、顔とかの作り(彫り)とかもすごいリアルでちょっとコワイ。
悪そうな顔の人(勝手な見かけのイメージ)、こんなオッサンおるやんみたいなんとか、色々。
当たり前であるが、ひとりひとり顔が全然違ってて、作った人凄い。
ちょっとコワイので写真は撮らず仕舞い。
オッサン像の後ろの壁沿いには、論語がずら~っと書き連ねてある。
読めんわ、て。

大成殿という寺でいうなれば本堂みたいなところで孔子像に拝拝(パイパイ=拝むこと)して、ぐるっと回ったとこに歴史博物館があり、中国故宮博物館から借りてきたらしいアレコレがあった。ちょうど印鑑展やってて、漢委奴国金印とか置いてあってかなり貴重!しかも「これは中国からものすごい大金をはたいて借りてきたんですっ!」とガイドさんらしき声が・・・。
他にも天然石で彫られた凄い印鑑がたくさん。中国の石の彫刻は本当に凄いね。

b0237279_0294965.jpg

特に孔子が好きとかどうのこうのではないのであるが、こういう中国っぽいシノワズリっぽいのが好きなのだ。
建物&空間を見るのは楽しい。

孔子廟でテンションUPしエナジーをチャージして、次へ。
ここから歩いて数分のとこにあるグラバーさんのお宅へと向かう。

続く
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-01-29 23:52 | | Comments(0)

b0237279_22193426.jpg

朝、急に蒸しパンを食べたくなった。
ツイッターで「蒸しパン食べたくなるときってないですか?」とつぶやいてみたところ、「あるー」という同意のお答えをたくさん頂き、「前は作っていたけど」という言葉を発見し、「ああ、作ればいいじゃないか!」ということで作ることに。
蒸しパン言うぐらいやから、蒸すんやろうな~って思ってたが、本当に蒸すんやね。
オーブン持ってないので、蒸して作れるならかなり嬉い限り。

ということで、人生初蒸しパン。

ネットでベジレシピを調べまくる。
いろんな具が入っていたり、野菜で色をつけたりして、蒸しパンはまるでシャレオツカップケーキみたいな世界。
見てるだけで楽しくなって気が済んでしまいそうなので、重くなりそうな腰を上げてキッチンへ向かうことに。

シンプルで簡単なレシピを発見したので、それをもとに作る。

・小麦粉 150g
・ベーキングパウダー 3g
・豆乳 100g
・てんさい糖 30g
・油 20g
・塩 ひとつまみ

まず小麦粉とベーキングパウダーをふるいにかける
残りの材料を混ぜたあと、ふるいにかけた小麦粉とベーキングパウダーを少しずつ入れて混ぜていく
タネをカップに流し入れ、10分から15分蒸す

ということで、とても簡単。
キッチンをチェックしたらもう小麦粉も切れそうなので、レシピの半分の量で作ることに。
実は砂糖をキッチンにおいていない家である。料理などの糖分にはもっぱらメープルシロップを使っているため、メープルシロップで代用。(お菓子食べる時に既に白砂糖とか入ってるので、それ以上摂取したくないため白砂糖は買わないでおいたら数年経っていたというわけです。)
オイルはオリーブかゴマ油の二択しかないので、オリーブにした。
豆乳、、こないだパック開けた余りのココナツミルクを使い切りたいのでココナツミルクを全部入れて、足りない分を豆乳で補充。
ふと棚を見るとチョコチップがある!ということで上からどさっとかける。
はい、ここですでに白砂糖INされてます!良かった、家に白砂糖買ってなくて。かなり白砂糖過ぎることになるからね。

蒸し上がりはほんとに蒸しパンなのでちょっと感動してみたり。
食べるとけっこうもっちりとしている。
軽い感じではなく。お腹いっぱいなる感じ。
食感は良い、良いのであるが、米粉を少し入れたら軽くなるのだろうか・・・?
オリーブオイルのオリーブ風味が気に食わない・・・。
アーモンドオイルとかの方が良さげかな。

ちょっと作りハマりそうな予感♪♪
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-01-29 22:19 | ベジタリアン | Comments(0)

b0237279_22205156.jpg

Facebookに写真を載せたら割と好評だったココナツミルクのフレンチトースト。

いつもは豆乳で作るところを家に豆乳がなかったのでココナツミルクで代用。
ココナツミルクに片栗粉ちょっと入れただけのもんに浸して焼くだけ。
上からメープルシロップをかけて頂きますー。
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-01-28 22:20 | ベジタリアン | Comments(0)

で、初ピーチで長崎に突然来たわけである。
ハウステンボス的なところに行きたいわけでもなく、特に何も決めず。
なんとなく異国情緒のある歴史に触れれたらいいな~と。
いうことで、急遽、司馬遼太郎の『街道をゆく』を読んでみたりして無い頭にうっすらと長崎とその歴史を刻んでみたりした。

飛行機を降りたら空港バスで市内に入る。バスを降りた場所からホテルまでは歩いて行くのだけれども、バス停から出島が近いということでまず出島に向かう。
出島といっても復元された出島にレプリカのオランダ商館があり、当時オランダ人などが暮らしていた部屋などが作られているというものである。
というか、寒い・・・。長崎は南の方なので暖かいのかも?などと思っていたが、見当違いだった。
日本の冬はだいたいどこでも寒いものであると知った・・・。

さて、地図で見る出島は近いにも関わらず右も左もわからぬ土地感覚の無さ。
右往左往する前に聞いた方が早いので、その辺の人に聞く。
「私も行く方向がそちらなので、そこまで一緒に行きましょう。」と連れて行ってくれた。
しかも、入口まで。なんと優しい!!

b0237279_2252332.jpg

到着したのが夕方4時頃ということで、5時閉館の出島に観光客もほとんどいない。
そんな中、この出島で侍に遭遇。・・・めちゃ寒そうである。
つかつかと歩いてきて、もしや斬られたりしたら「あ゛う・・・」なぞと言って倒れてやらないといけないのかな、と乗る心積もりをしておこうと思うのは大阪人だからでしょうか。
しかしながら、侍はにこやかに「写真お撮りしましょうか?」とのこと。
寒いので丁重にお断りして、見学に向かうことに。

b0237279_22532480.jpg

カピタン部屋の大広間の様子。
カピタンて何?と思ったら、船長のことらしい。
Captain、キャプテンのことか・・・。

1600年に漂着したオランダ船から始まった貿易。その後、平戸に港を開き様々な国から貿易船がやってきたものの、1637年の島原の乱をきっかけに他国を排除、オランダ人のみが残り、1641年に平戸から出島にオランダ商館が移された。
なんとオランダとの貿易の期間は、1621年から1847年までの227年間!船の数は約700隻以上だというからなんだか壮大な感じである。
主な輸入品は、布製品、ガラス(→びいどろ)、砂糖、胡椒など。輸出や銀、銅、陶磁器、樟脳などだったとのこと。
かの有名な東インド会社もやってきていたそうである。
東インド会社というと思い出す事がある。私が小学校の頃、ナゼか気になり響きだけが気に入って意味も分からず図書室で借りてきた本が「東インド会社」という本だった。
これがインドの会社ではないと知ったのは恥ずかしながら大人になってからである。

実は私の父方の祖母は平戸出身でオランダのクオーターだ。
ちょうどこの貿易の期間に先祖が来てたのかと思うと、なんだか感慨深いものがある。
それもあり、個人的にはただの歴史の教科書の1ページではなく、とても身近に思うのだ。

蘇る出島
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/dejima/main.html

出島のオランダから一歩外に出たら、そこに見えてきたのは中華街であった。

b0237279_22544099.jpg

割と規模の小さい中華街。
通った時間が中途半端なだけにけっこうシャッター閉まってる感が大。ちょっと寂しげではある。通り過ぎる人は皆、近くの大きなバス停&電停への抜け道として使っているだけのようだった。
しかしながら、ランタンフェスの時にはかなり賑やかな模様。
どうやら私達は来る時期自体を間違えたらしい・・・。
長崎在住の旦那さんの同級生にも「なんでその時でなくて今なのか?」と不思議がられたのも納得、ランタンフェスの写真を見るとかなりきらびやかだった。
次はその時に行ってみたいと思う。

中華街でもホテルの方角が謎で、道行く人に聞いてみた。
また途中まで連れて行ってくれた!
誰に聞いても、嫌がらずにちゃんと道案内してくれるという長崎の人の優しさにめちゃめちゃ感動してあたたかい気持ちになったのも束の間、やはり正直外は寒いのであった。
寒いながらもてくてく歩きながら、やっとホテルにたどり着いたら、辺りは真っ暗。
あっという間に夜である。

続く
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-01-22 22:56 | | Comments(0)

b0237279_20311100.jpg

アンコはベジタリアンとして育てている。
とにかく最初来た当初はアレルギーが酷くて、脂性、目やに、鼻乾き、鼻詰まり、鼻炎、皮膚の痒み、神経痛、歯痛、体臭の尋常じゃない臭さと、何でそんなことなったんか?というぐらい酷い状態であったが、ベジ化1年ほど経って振り返ってみるとかなり緩和された。というか、ほとんど今は無い状態。
初期は玄米菜食にしていたのであるが、そしたら排毒がすぐ始まり、尋常じゃない臭さからさらに臭くなったものの、2週間ぐらいして排毒しきったのかピタッとなくなった。今はそない臭いわけではない。たまに臭いが。
元々の脂性はあるものの、その他は好調である。
犬の癖に鼻悪いて、ものすごい致命的だったわけであるが、その後その鼻も治り、色々とニオイを嗅げるようになり、犬らしい生活を取り戻した模様・・・。

前に過食がヒドイと書いた。
しかし、最近のアンコは過食どころかいらんかったら残すようになり、好き嫌いも出てきたりして、昔の面影はどこへ行ったんや?と思うぐらいになった。

以前は人を見たら愛想を振りまいてついて行っては可愛がられようと必死だったのであるが、今は一切振りまかない。
以前は一切吠えず、もしかしたら声帯切除されているのかも?と疑ってかかっていたのであるが、今は家のピンポンが鳴ったら吠えるわ、救急車などが通ると遠吠えするわの始末。
保護主さんが「無駄吠え全然しない子です」と言ってたのであるが、今は無駄に吠えている。
この変わり様って一体・・・。
きっと、今いる場所が自分の家だとわかってきたのだろう。そういうことにしとこう。

さてベジアンコが主に食べているのは何かというと、母が作っている「野菜のおかゆ」である。
それで随分痩せてきて、抱っこしてもとっても軽くなり、普通のチワワサイズになった。
最近は、野菜がゆにも飽きてきたらしく、野菜がゆ以外のメニューをせがむため、母もメンドクサイと言い出したこともあり、野菜を炒めたり、ご飯を炒めたり、色んなアレンジを私と旦那君で考えながらご飯をあげている次第である。
たとえVegan仕様であったとしてもドライフード(通称「カリカリ」)はアンコにはあまり合わなかったようで、食べると体をボリボリかきむしるので、完全に今は手作りご飯のみを与えている。

アンコ&マツコが来る前に飼ってたチワワが心臓病だったこともあり、手作りご飯はその時から実践している。犬の手作りご飯の本なども今はたくさん売られているのでレシピなどは本を見たりしながらアレコレ実践しているところだ。
犬なので調味料はもちろん使わず、素材だけの味である。
何入ってるかわかってるから安心やし(って自分が入れているし)、安全。

実は犬に与えるものは味見をしてみたいと思っている。
ので、わんちゃまおやつなんかは先に自分が食べてみる。
肉っぽい餌みたいのはさすがによう食べれんが・・・。
先日、市販の犬のボーロを味見した。甘いこと!甘いこと!これでは犬も砂糖中毒になりやしねえか?と、あまりにビックリしたので、できる限りおやつも作ってみることにした。

アンコはパン的なものが好きなので、小麦粉、もち粉を豆乳と混ぜて焼き、クレープ状にしたものをおやつに与えたら小躍りしそうなぐらい喜んでいた。
昨日は、おからともち粉を豆乳と混ぜて練ったものを丸めて団子にして白玉のようなものの超小粒バージョンを作って(めちゃ時間かかった!!)おやつにした。
腹持ちのいいものを作らないと、アンコは食べたらすぐう○こして速攻お腹が空くので小麦粉をうまく利用したい。
(小麦アレルギーは無い模様なのでホント良かった。)

また、犬ベジ飯レシピ集でも作ってみようと思う。

ちなみにマツコはチキンが大好き。
母にチキンの餌付けをされて以来、チキン無し野菜だけではご飯をボイコットするまでになり、大変困っています・・・。
チキンを日々食べているからか何なのか、鶏がクチバシでつつくようにアンコの事をたま~にこつき回して怒りをあらわにする時があり、これも困っています・・・。
どうしたものか。

では♪
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-01-21 20:37 | マツコ部 | Comments(0)

初ピーチ

次、どこ行きたい?なぞと仮想の旅のハナシなどをよく家でしているのであるが、
そんなハナシをしながらピーチのサイトを見ていた時のことである。
「長崎 1000円」という文字が・・・。
1000円、千円、せんえんて!!
ちょうどキャンペーンをしていたようで、このお値段。
滋賀から大阪の実家に帰る時でもそれ以上かかる。
にも関わらず、大阪と長崎が、しかも飛行機で1000円とはどういうことでしょう??
ということで、思わずポチってしまったのであった。
関空からなら飛行機乗って1時間そこそこでもう長崎に着いてしまうのだ。
早い、安い、まるでファーストフードのようだ。
陸路であれば、なかなか面倒な道のりをお金と時間をかけてしか行くことが出来ない長崎もこれなら簡単にピュっと行ってピュっと帰って来れるという、、すごい時代になったものだよ。

b0237279_12484971.jpg

ということで、空港バスで第二ターミナルまで行き、ピーチの乗り場へ。
わ~い初ピーチ!!
桃色というよりは藤色に囲まれた女子がお好きそうなピーチの企業カラーに染まりながら。
この色、斬新やね。

ネット予約でもらったバーコードをスマホで表示し、発券の機械(何ていうのコレ?)にかざしたら、レシートが出てきて搭乗手続き終了。
めちゃ簡単やん!

b0237279_12495140.jpg

ピーチはなにげに関西弁、と聞いていたのであるが、
搭乗券的なレシートの最後に"OOKINI"とある。
最近、大阪におっても「おおきに」は60代ぐらいの人以上でないとなかなか言わない古い言葉な気がして、私ももうええ年ではあるが、なんか小っ恥ずかしくて使えないのがこの「おおきに」である。それの前に「毎度」なんて枕詞が付いた日には、何なん、そのわざと臭い関西弁はっ!!となる。
が、このようにローマ字で書かれてあると、そういう地元密着型なのか関西発信型なのか、企業イメージなのかな~とすんなり流せるような気がするのは、実際に自分が言葉として発していないからでしょうか・・・。

b0237279_12491760.jpg

待ち合いは陽がよくあたる気持ちの良い場所で、出来立てで新しくて居心地がよい。
外寒いけど、中ぽっかぽかで、待ち時間も気持ちよい。

アナウンスが聞こえてきて、搭乗時間に。

b0237279_12502980.jpg

えっ!外??
さ、寒い・・・。
でも、なんかレトロちっくでパンナムのドラマみたいでええやん。
見てへんけど。

ということでタラップ上がって、席についたら、長崎はもうそこなのである。
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-01-19 12:51 | | Comments(0)

12月のネタですが・・・。
クリスマス前に【癒しスタジアム】というイベントに行ってみた。会場は天満橋のOMMビル。
最近何かとイベントといえば、OMMが多い。石ふしぎ発見大阪ショー(ミネラルショー)もココだ。

さて、スタジアムでもない会場内に入って、色々見て回って、グルグル回って・・・。
占い、物販、透視家(投資家ではなく)、女装の方、アニメっぽい方、色んな人がいっぱい。
そんな中でもタロットやオラクル系のカード率高し。占いブースには、もちろん女子がワンサカ、ワンサカ。

オラクルカードは持っているという友人が多く、ビブリオマンシー的に一枚めくってはその時の雰囲気でメッセージを割り当ててみたりしてみたが、さて本来の占い方などはあるのだろうか?タロットとはどう違うのだろうか?一体何のために使うのだろうか?・・・と疑問が私の中でワンサカ・・・。
かなり気になって、それをブツブツ言いながらフラフラ歩いていたら、ついつい聞いてみたくなり・・・。

「これってどうやって使うものなんですか?」と。
目の前にあったオラクルカードをされているブース「天使の休日」さんで。
雰囲気の素敵な3人の天使のようなお姉さま達がいらっしゃって、ふらっと入ってしまうこと、赤ちょうちんをくぐる酔うたオッサンの如し。

で、やってみた方が早いので占ってもらうことに。
b0237279_20415876.jpg

自分の事をああでもないこうでもない言うてたら、「こちらの方がいいですよ」とオススメしてもらったこちらの妖精カード。

ペラっ、ペラっ、とめくって、置いていくカードをめくれば
"Vegetarian" "Dietary Change" "Birthday"と。
何も言うてへんのに、ナゼわかる?!と、ビビりまくり。
なぜかというと、
1:ベジタリアンである
2:Veganに戻そうとしているがなかなか出来ない&偏食星(四柱推命)有り
3:誕生日が近い

お姉さんはサイキックなのでしょうか・・・

b0237279_2043347.jpg
ついでに12ヶ月分のカードも出してもらい、2013年1年の傾向と対策をいただき!!
これで今年一年乗り切れそうです!!

これで癒しスタジアム価格1000円とはムチャクチャ安くて、「これは盛り沢山すぎやしねーか??」と大声でわめいてしまったのであった。

次回は2月10日(日)に行われるそうです。
癒しスタジアム
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-01-11 21:19 | Comments(0)

浅草行ってきました 3

b0237279_10434124.jpg

浅草ではずっとお世話になっている粉花ご姉妹にご案内して頂いた。
粉花とは、浅草界隈で有名なかわいいパン屋さん。
こちらにいてもその知名度は伝わっている。

いつもブログなどで気になっていた「トリ」達にも出会え、気になっていた「粉花のパンのレシピと浅草さんぽ」というご姉妹の出版本にもご対面!

b0237279_1044763.jpg

粉花さんにある、ご姉妹がインドで買ってきたという立派なガネーシャ像を見せてもらう。
私も数回インドにも出向いたこともあり、あらゆるガネーシャを見たけれど、これは自分が見た中で一番と言ってよいぐらいにステキなガネーシャ像だった。
堂々と写真に撮ってる時点でありがたみが半減するが(すいません)。

b0237279_1044448.jpg

仕込みのためお店に戻ったお二人についてって、お店の中で一休みさせてもらった。
冷蔵庫を開けるパタンという音、ドゥをこねるか伸ばすような手作業の音、ぐるんぐるん回る機械のグワングワンという音にパンの焼けてくる香りがたまらない。しかも居心地の良い空間で。
これはお腹が空いてくる、、とそこへトーストが登場。(おいしすぎて写真撮り忘れ!!)
これがメチャメチャ美味しくて、大阪に帰ってからすぐに発注したぐらいだ。
うちの旦那さんは粉花以来トーストにハマり、毎朝トーストを食べる勢いだった。

オーガニックレーズン作った自家製酵母を使って出来上がった粉花のパンはホントにどれもオイシイ。パン好きの私の一番好きなパンがここのパン。私はもはや「パン」とは呼ばず、「お」をつけて、「おパン」と呼ぶことにしている。
きっとご姉妹お二人の人となりが詰まっているため更に美味しくなるのかも・・・と考える。

浅草に行かれたら是非おパンを連れて帰って欲しいと思う。

粉花
http://asakusakonohana.com/index.html
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-01-07 10:47 | | Comments(0)

浅草行ってきました 2

b0237279_12561653.jpg

次は、ガネーシャをお祀りしている「待乳山聖天」さんへ。
入口その他撮影するのをすっかり忘れ・・・。
階段を上がってまた見えるのはスカイツリーっ!

b0237279_12564340.jpg

境内にある木の根元に何やら物体めいたものがあるので、近づいていくと・・・・
何でしょうね、これ。
ヨガしてる人っぽい??さすがはガネーシャをお祭りしているだけのことはあるな!
でも、誰かは「うなだれている猿に見える」と(笑)。
ここは神社だと思っていたら、お寺なんだそうな。そんな不思議外観。
見かけも不思議であるが、他にも多々不思議だらけであった。
入ってすぐの所にて大根を大量に販売しているので、てっきり地産地消などの野菜直売所かとばかり思っていたが、実はこれを買って本堂でお供えするらしい。
実際、女性が大根片手につかつか~と来られて、本堂へ入っていくのを見た。「大根と共に入場ですっ!」とリングアナウンスしたいぐらいだ。

周りのそこらじゅうに大根&巾着モチーフがデザインされているのであるが
大根は身体の健康、夫婦和合、良縁成就などで
巾着は財宝で商売繁盛(ガネーシャは財運の神と言われている)のご利益とのこと。
ありがたや。

本堂に靴を脱いで上がって入ると、ドドンと大根が並んで祀られていた・・・。
不思議だ。大根を買って大根をお供えして大根に願いを込める。大根、大根、大根?!
大根に不思議さが沢山詰まっているが、理由は何かと考えると、ガネーシャ(歓喜天)というのは大根でデフォルメされているため、象がいない日本ではガネーシャ≒大根(鼻っぽいから)なのか? 
これは滋賀の某寺でも見覚えがって、どこやらで祀られている歓喜天のマークが大根だったのが印象的だったため鮮明に覚えており、浅草でふと思い出した次第である。

本堂のお賽銭入れも床下収納のように畳から繋がる穴に入れるようになっていてかなり個性的な感じで不思議。

天井絵は浅草寺と同じ、天女と龍。ここにも龍信仰が!
浅草は龍の街やね。いいね~。

b0237279_12571437.jpg

さて、ここのお香、もちろん変わっている。
粉末タイプで手にとってすり合わせ、頭の周りに擦り付けるという斬新なタイプ。
ええ匂ひのため、即売店で購入。現在、自宅で愛用中。

b0237279_12573594.jpg

本堂から出た時に光が綺麗だったので、パシャリ。


と、こんな不思議なお寺はやはりパワースポットのようだ。
なんで写真をあまり撮ってなかったのか、と、今考えると不思議でしょうがない。
これもまた不思議寺の持つエネルギーなのか、なんてこじつけてみたりする。


待乳山聖天
東京都台東区浅草7-4-1
http://members2.jcom.home.ne.jp/matuti/index.html
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-01-06 13:13 | | Comments(0)

STARBORNさんのジュエリー

b0237279_15114985.jpg



b0237279_2156057.jpg



12月仕入れ分UPしています。
http://brahmastone.ocnk.net/product-list/7
[PR]
by mandalaxsuper | 2013-01-01 15:07 | 天然石 | Comments(0)