<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

かぶりものスペシャル

b0237279_017346.jpg

アンコさん、イチゴのかぶりもの。
[PR]
by mandalaxsuper | 2012-11-24 00:17 | マツコ部 | Comments(2)

ウクライナの至宝展

b0237279_22131593.jpg
チケット当たったんでウクライナの至宝展に行ってみた。
大阪歴史博物館まで。
忘れないうちにブログっておく。

ウクライナってどこじゃいな?とハッキリ場所わからにゃい風。
たぶん、シルクロード伝って陸続きに行ったところではないか?という憶測の中で地図を見てやっとわかるのであった。

アジアの騎馬民族的でもあり、新羅に通じる部分もあり(古墳とか金の飾りとか)、ヨーロッパ風でもあり、ロシア的な感じもあり、と一言では言い表せない独特の文化なのであるが、土地柄、時代時代で仕切りが替わって民族も文化も違ってきたりする不思議な世界。日本の感覚をもってして見ればワカラナイことまみれだ。

展示構成は時代別になっていて、展示を見ながらウクライナの歴史を学べるというもの。

【 紀元前9~前7世紀初 】:キンメイリオ(キンメリア)時代
「南ロシア草原において最初に騎馬遊牧勢力を形成したイラン系民族。」らしい。
前スキタイ国家、スキタイが侵入し滅亡したと言われている。

【 紀元前7~3世紀 】:スキタイ時代
古墳を作っていた。古墳からは黄金の美術品が多数出土された。
今回の展示の主なものを占めるのがこのスキタイの黄金文化である。
紀元前とは思えない金工の素晴らしさ!
しかし、出土するものは刀や馬具が多く、それの図柄なんかを見てると「草食動物を喰らう肉食動物」なぞと弱肉強食で常に戦いが傍にあるのが伝わってくる。
辺境の島国感覚からすると恐ろしくもある。
グリフィン、ヒョウ、猪、鹿などの動物柄多し。
b0237279_2214562.jpg


【 紀元前2~紀元後4世紀 】:サルマタイ時代
民族の移動が落ち着いたのか、金工に細かいディテールなど凝ったものが多くなってくる。
ちょっと平和だったのかも、とほっとしたのも束の間、この人達もこの人達で武力でスキタイを追い出した模様・・・。
戦ってばかり。
そして儀式が多いのか、金きらのそれ用衣装がいっぱい。儀式と戦争とで忙しいのか実は暇だからそうしてるのか、、人間とは一体?
下は水晶と金で作られたイルカのフィブラ(ブローチ、留めピン)
b0237279_2215125.jpg


【 紀元前6~紀元後3世紀 】:黒海北岸のギリシャ系古代国家
イラン系遊牧民→ギリシア系が多くなる。
ギリシアの植民が始まり、急に黄金ではなくギリシア様式の焼き物が増える。
出土したコインには表が王の顔、裏がギリシャ人がスキタイ系の遊牧民族を制圧した図柄になっていたりしてまだまだ戦いの真っ最中。いつ終わるんやろう?と思いながら見ていたり。
というか、コインが紀元前から使われることに驚く。文明や!文明!

【 紀元後4~14世紀 】:中世の遊牧民(ポロヴェッツ=キプチャック)
「ダッタン人の踊り」のダッタンがポロヴェッツな模様。
主にテュルク系遊牧民がこの地を統治していく。民族大移動時代。
この時代の金工の特徴はガーネットなどの赤い石を入れること。何か霊的なものなのか、護符的なものなのか・・・。
王族だか貴族だかの女性の装飾品は、金の冠横あたりからこめかみを飾る「こめかみ飾り」が流行中の模様。しかし、金だらけである。写真がないのでうまく伝えられない・・・。

【 紀元後4~14世紀 】:スラヴとキエフ=ルーシ
ハイ、ここで宇宙人登場!
b0237279_22161244.jpg

これは実際のものは小さくて、男性の胸飾り用ボタンになってるのであるが、絶対宇宙人やと思う。これが権威の象徴だなんて、何で?きっと何かあるね。(何?)

えー、まだ戦ってます。
強国キエフを作る。ウクライナというのもスラヴの言葉のようだ。
だんだんロシア的な文化へ。
宗教がキリスト教、正教とわかれていく。
ビザンチン様式も入り、イコンとかも出てきたり。

【 紀元後16~19世紀 】:ウクライナの装飾美術
戦い的な展示はなく、宗教美術の展示。
でも、歴史的に考えてもこの時代も戦っているわけで・・・。
個人的に時間あまりなくてこの最終部分の展示はざ~っと見ただけであるが、正教の十字架が凄かった。
黄金の八端十字架(ロシア十字)のデカイ版にアメジストやら何やらいっぱいの宝石がデコられてて、後光がさしているかの如くキラキラで思わずそこは時間なくてもじいっと眺めてしまった・・・。これは再度見たい。

☆★☆ 感想 ☆★☆
ウクライナの歴史を通じ金、権力、宗教、戦争、人間の本質が見えた気がした。
黄金はなぜそこまで人を魅了するのか?
人はなぜそこまで権力を手にしたいのか?
なぜ何千年もずっと人は戦っているのか?
ということであった。

歴史というのは権力者の記録に過ぎないね。
人々の善意や優しさなどいうのは人と人とを通して刻まれるものであり形にはほとんど残らず、心にだけ残るのかもしれない。
[PR]
by mandalaxsuper | 2012-11-22 22:18 | 美術 | Comments(0)

b0237279_21274228.jpg

リラックマのトイレットペーパーを発見!
めちゃ( *♛ ェ ♛)かわいい!とスーパーで見つけたのはいいけれど、かわいいのって大体エコちゃうし。
紙質がどうも再生紙っぽいな~と思い、立ち止まってじっくりパッケージを舐めわすように見てこれがパルプ100%でない事を知り、即買い。
ミルクカートンと古紙から出来ている。
これがなかなか使い心地もよい。
パルプだったら買ってなかったのか?と聞かれたら、はい、そうです、と答えよう。
というのは、自分の中でパルプ100は買わないということに決めているからだ。
自分ごときのケツに使うモノのためにわざわざ森林伐採して欲しくはない。
それだけはここ10年ほど守っている、自分の中のちょっとしたコダワリである。

但しインド生活数ヶ月は除く。こん時はトイレットペーパー自体が貴重で外国人スーパーでちょっとしか売っておらず、ましてや再生紙だ?オーガニックだ?ああん?選べる自由?みたいな風潮であり、普通のトイレットペーパーを使いました。がんばって紙自体を使わないというインド式左手使用トイレ法を心がけたが、文化的な要素からか挫折・・・。レストラン行って、店のオッサンのチャパティこねてる手が疑惑になってきてカレー食えんようになったりもしてまうし。(今は全然食べれるよー)
それもあって、普段日本にいて選べるのだから、進んでトイレ用には再生紙を選ぶ事にしている。
再生紙の需要が高まれば、その分パルプも減ってくれるだろうから。
本も読めば、ポストカードやノートも買うわけで、そこでやっぱり森林伐採に加担しているからなんともいえないが、トイレだけでも再生紙を!と自分の中では曲げないで頑張っている次第である。
[PR]
by mandalaxsuper | 2012-11-14 21:52 | 生活指導部 | Comments(0)

寒い時は

b0237279_2124385.jpg

重なって寝てまつ。

b0237279_21242557.jpg

昼寝に使ってたブランケットをそのまま乗せたまま起きてきたルル。
[PR]
by mandalaxsuper | 2012-11-14 21:24 | マツコ部 | Comments(0)

b0237279_21261115.jpg

北摂に引っ越してきて江坂が近くなりました。
なのでたまにウロチョロする江坂周辺。
そういえば、パタゴニアのアウトレットあったやんけ、、ということで最近ちょこちょこ見に行きますねん。
平日でも人いっぱい。

狙ってるのは、プリマロフト。
何かというと、
「PrimaLoft® ONEは、保温性、はっ水性、柔軟性、および圧縮性を必要とする繊維市場において最高性能を誇る中綿です。超微細マイクロファイバーを使用した保温性と柔軟性に優れた軽量な中綿で、他のどの中綿よりもウェット時およびドライ時の保温性を保ちます。」
(Primaloft.comより)
いわば、ダウンの化繊版で羽毛の二倍ほどぬっくいのだとか。

私、もう二度とダウンは着ないことにしたので、それに替わる中綿のジャケットを探していたところ、このプリマロフトというハイテク素材を知りました。

それをチェックするためにちょいちょい行ってはおるのであるが、値段が・・・。
アウトレットやねんけどね。

他にもヨガウェアとかいろいろあって楽しいす。


パタゴニア アウトレット江坂
〒564-0052
吹田市 広芝町9-28
電話: 06-6192-7881
[PR]
by mandalaxsuper | 2012-11-09 21:25 | 観光事業部(大阪) | Comments(0)

大顔面

b0237279_15442653.jpg

一応、チワワです。
[PR]
by mandalaxsuper | 2012-11-05 15:45 | マツコ部 | Comments(0)