<   2012年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

b0237279_2343065.jpg

久々のコスメ作り。
今日は、自家製のボリジとバーベインのフラワーエッセンスを導入しようと思い、やってみた。
あと乾燥させたカレンデュラがあるので、それで軟膏にしようと思ってたので、それと。

上:カレンデュラ(チンキ)&カモミール(精油)
中:ボリジ(FE)&プチグレン・ゼラニウム(精油)
下:バーベイン(FE)&ラベンダー・ゼラニウム(精油)

ベースのオイルはEXオリーブ、太白ごま、ビタミンEオイル使用
FEはフラワーエッセンスの略

なんか表面的ではなく、精神的にというか魂に響けばいいなと勝手に思っている。
カレンデュラは軟膏なので、特に魂までにとかは思ってないけれど
その分、お肌に超良さげスペシャルにしてみた。
フラワーエッセンス使用の二つは、メンタル面というか感情面というかエーテル体的な?部分に作用したらいいな~と・・・。

実はフラワーエッセンス、5月21日の金環日食の日の食が終わってすぐに摘み取った。
終わってから、がポイントやね。
新しい太陽な感じがするので。(気のせい?)
あと、食の時はあまりいろいろしたらアカンという説もあるので。
直接花が自分の手や指に触れないように注意して摘み取り、また触れないようにしてエッセンスを作成した。
最後まで花は私の皮膚には一切触れていない。
太陽法といって、湧水(ミネラルウォーターにしたけど)を入れたガラスボールに花を入れて
3時間ほど太陽にあてて作る方法を取った。
まあ、プロセスはよいとして・・・。

ボリジは、もうアカン、、辛い、自信もないし、といった落ちている状態やうつ症状にいいエッセンス。
今辛い時期なのはわかっているけれど、、、でも乗り越えないといけないわ的な場合。
何かを失った、大病その他の辛い時期などなど。
自信を取り戻し、あたたかいハートで前向きに、勇気と意欲を与えてくれる。

香り付けに使ったプチグレンもまた、不安や落ち込み、孤独感を癒し、心を高揚させてくれる。
ストレスやパニックによく使われる精油。オレンジの葉からできている。
多汗を防ぎ、デオドラント効果もあるので、緊張で変な汗が出る人にもよさげ。


次はバーベイン。バーベナの花のエッセンス。
頑固で自分を曲げず、一本気で頑張り屋さんのあなたに。
思い通りにならないとイラ~っとして、怒り出してしまいがち。
熱く入っちゃう分、ストレスが大きくなる傾向・・・。
怒るのはパワーがいるし、しんどいしどっと疲れる作業。穏やかになりたいと思いつつ、ついムカッとくるわ、と。
そんな時に寛容さをもたらし、怒りやイライラが溶けていって緊張がほどけて穏やか~になれるエッセンス。
人々に援助の手を差し伸べ、許し、意見を尊重している自分に気づくかも。

香り付けにも、心身が緩み精神バランスを取るゼラニウムと癒しの集大成ラベンダーをミックス。
完全なるリラックスが訪れそう。
ああ、シャバアサナ・・・。

ヨガではシャバアサナがオチというか〆である。
ここでもシャバアサナが出たので終わっておこうとしよう。

[PR]
by mandalaxsuper | 2012-05-25 23:36 | 美容/ナチュラルコスメ | Comments(0)

番犬マツコ

b0237279_210306.jpg

[PR]
by mandalaxsuper | 2012-05-22 21:00 | マツコ部 | Comments(0)

b0237279_2271455.jpg


ワンちゃま首輪用にカラフルなヘンプ紐をいろいろ揃えてみました。
ナチュラルなもの、単色のもの、パステルカラーなどなど。

こちらをベースに紐を組んで、天然石などを合わせてみようと思っています。
[PR]
by mandalaxsuper | 2012-05-17 22:07 | 天然石 | Comments(0)

b0237279_2204376.jpg

一つ前の記事でマツコ(手前のアフォ顔犬)がつけているのは、ヘンプコットン紐にジャスパーの勾玉。
留め部分はウッドビーズ使用。

b0237279_2205991.jpg

アンコ(後ろ側の顔が写っていない犬)がつけているのは、ナチュラルヘンプ紐にカレンシルバーのマンゴスチン型鈴。

どちらも天然素材のみを使って、金属の金具などは使っていません。

お好きな色のヘンプと石などを選んで頂いてオーダーメイドで注文可能にしようかと思っています。
[PR]
by mandalaxsuper | 2012-05-17 22:01 | 天然石 | Comments(0)

b0237279_1624868.jpg

マツコのポンデリングにより紐部分全く見えません!!
まっちゃん、デブいって!

iPhoneから送信
[PR]
by mandalaxsuper | 2012-05-15 16:02 | マツコ部 | Comments(0)

b0237279_1527779.jpg


その後、随分といやしんぼをしなくなり、ギャル曽根状態を脱却した模様のアンコ。
ただ、まだ深い部分で人を完全には信用しきってないようで、目が不安そう。
表向きには、人好きに見える。
「おいで~」とか言うて手を差し出したら、その人のところにトットコ走って行ってなでてもらうのがうまい。人が可愛がってくれるのを知っている犬である。
しかし、上辺ではなくキッチリとこの子と向かい合えば見えてくる中身がある。

また捨てられるんやないやろか、今はまだ借り住まいやから、と思ってるのかも。
思いっきり愛想を振りまくことで自分をプロテクトしている。
本当はそんなんじゃないのに。

犬を見てると人と一緒な部分が多いことに気づく。
犬は畜生だからとむごいことを言う人もいるが、情緒面の豊かさは人にも負けない気がする。
愛情の面では人よりも上回っているんやないかと感じる事が多々ある。
哺乳類全般ってきっとそうなんやろうなと思う。

うまく自分を表現出来ず、どうしていいのかわからずに困っている模様。
大きな犬に吼えられたり(相手は遊ぼうと思っているだけやけど)しても、ビビッてパニックになっている模様。表向きにそう見えてないが、心臓はバクバク。私のところに駆け寄ってくる。
散歩も他の犬にも草にも何にも一切興味を持たず、私の後をついてくるだけ。
ちょっと自閉症気味なのか・・・。

ということで、ホメオパシー。
ひとりでは不安、今後が不安、落ち着きが無い、プライドが高い、アレルギー(鼻)がある
というところから、「アーセニカム」の粒をゆでたかぼちゃに押し込んでセットしてあげてみた。

割と効いているようで、落ち着いてきた模様。
ほぼVegan生活なのも相まってか、アレルギーは治っているようで鼻も湿ってピカピカに。

もっと良くなってくれたらいいなと願う飼い主であった。
[PR]
by mandalaxsuper | 2012-05-14 15:28 | マツコ部 | Comments(0)

これはレアマツコ!

b0237279_19371849.jpg

マツコONルル。滅多にないレア状態!

b0237279_19373623.jpg

振り向きざまのルルがかなり嫌な顔をしてマツコがハッと気づいた!
すぐさま降りて向こう行ったマツコであった。
[PR]
by mandalaxsuper | 2012-05-11 19:39 | マツコ部 | Comments(2)

網戸からマツコ

b0237279_063113.jpg

[PR]
by mandalaxsuper | 2012-05-03 00:06 | マツコ部 | Comments(2)

マツコシール作成中

マツコのシールを作ってみた。
こどもの日バージョン。
欲しい人あげますー。
b0237279_1824096.jpg

[PR]
by mandalaxsuper | 2012-05-02 18:30 | マツコ部 | Comments(2)

b0237279_22515578.jpg

アンコちゃん、過食です。過食というかギャル曽根状態。
太ることはないのでうらやまではあるが、常に何かが欲しいらしい。
食べる時もむさぼって食べる姿がこの姿からは想像できないほどに下品極まりない。
他の犬のを横取りしたりもする。
以前はどのように生きてきたのか?と疑うばかりだ。
病気の飼い主が飼育を放棄したところまでは知っているが、他は知らない。
前にうちに来てたトレーナーさんの推測によると、「入院等で飼い主不在が数日続いたりで飢えている状態となり、食べれる時に一気食いするのではないか?」と。
そう思うとよう生きてきたなと思う。
アンコはすごく人懐っこい。それを考えてみれば、自分が愛される方法は誰にでも愛想を振りまくことだといつの日か悟ったんやと思う。得な生き方やね。
アンコは吼えない。全然うんともすんとも言わないからわからない。
唯一の方法は、おしっこである。
シート以外でする時は腹が減ったのサインだと気がついたが、そんなサインを出されるとめちゃめちゃ困るのでシート以外でしないようにとしっこはゲージでしましょう週間を設け、ゲージに入ってしっこをしたらおやつをあげるようにしたら、常時ゲージに入っている・・・。
こいつはアフォなのかカシコなのか、とちょいちょいわからなくなるのであった。

過食は精神的な飢餓感である。
根本は治らないかもしれないが、トラウマ的な部分を解放できたらいいなと思う。
ホメオパシーはペットでも使えるので、アンコにレメディをごはんやおやつに混ぜて1日2度ほどあげて様子を見てみた。効果がわからんので種類の違うレメディは与えずに1日1種類のみで、1種与えたら1日空ける。という方法をとった。

アナカーディアム 200C :(ナッツ)
大食漢のレメディ
常に食べ物を探し、自分以外のものになろうと必死になっている様が特徴。
あげたら落ち着いたものと思われる。そしてすぐイビキをかいて爆睡。
しかし、あげた数日後なぜかこのレメディのビンが無い・・・。
他ので対応してみることに。

スタフィサグリア 200C: (デルフィニウムの花)
抑圧、屈辱、虐待を受けた人のレメディで割かれた感覚。
プルービングした?
あげたら余計にくれくれと求めてくる始末。失敗やな・・・。

イグナチア 30C: (豆)
大きな悲しみ、興奮に。抗うつ。胃の不調や不眠。死別などにも。
ちょっとマシ?
以前の飼い主と死別している可能性大なので、効くんとちゃうか?と。
ちょこっとマイルドな感じになっている気がする。

アンコの過食が治り、精神面が落ち着いていったらいいな、と願う私であった。

これを見ているホメオパスさん、何がええか教えて下さい!
[PR]
by mandalaxsuper | 2012-05-02 09:41 | マツコ部 | Comments(0)