カテゴリ:生活指導部( 4 )

白砂糖あかんな。

b0237279_046380.jpg

オラウータン保護的な立場から、パームオイル(表示に「植物油脂」と書かれているのはほとんどパーム油)を使わない生活をここ数ヶ月ほど続けて来て、気付けばお菓子自体をあまり食べなくなっていた。

そして段々食べるもののチョイスが少なくなってくるんだけど、お菓子食べなくなると割と何にでもパームオイルが入っているのがわかって。お菓子はだいたい油と砂糖から出来ている。パームオイル辞めたら二次的に砂糖も取らなくなっていって、気付けばあまり甘いものがいらなくなっていった。

以前はチョコ中毒で大変だった。
チョコの中のテオブロミン、カフェイン、白砂糖、牛乳のどれにも中毒性がある。
チョコは一回口に入ると、必ずまた口に入れたくなる。
個人的にチョコ中毒から抜けるには10日ほどチョコ断ちしないと、チョコを連日食べてしまう結果になる。
チョコ抜いて、随分経ってチョコを食べるとまずく感じる。
砂糖のケミカルな甘さと固まった油脂の質感。食べた後に高揚感はあってもカフェインからくる胃の不具合が気持ち悪い。
でも、一回口に入ってしまうと、増加欲求性(甘さに慣れてもっと甘いものを欲すること)によってさらに食べたくなる。

甘いお菓子を辞めたら、湿疹の痒みがなくなって、酷かった生理痛が消えた。
15年位前に牛乳辞めたら婦人系治るとクシマクロのサイトで発見して、辞めたら痛くなくなった。
牛乳から豆乳に置き換えた。
しかし、痛くなくなったはずなのに豆乳でも痛くなってきた。
豆乳内のイソフラボンが女性ホルモンと似た働きをするから。
その後、牛乳も豆乳も辞め、痛みが消えたはずなのに、何故か復活する生理痛。
何でかなと思いつつ、どうにも出来なかったけど、
白砂糖とかお菓子類を辞めてから全く痛くなくなってた。

きっと白砂糖系の甘いものは痛みを誘発するのかもとほんのり思い、
カフェでスイーツ、善哉を食べてみた、その途端に痛くなって来た。
白砂糖でビンゴやったんや!!

甘いの辞めてから、気付いたのは全然疲れない!てこと。
一日、立ち仕事したら夕方ぐらいから足がパンパンになってきて超疲労困憊状態だったのが白砂糖を辞めたら疲れ知らず。全然ずっと立ってられるかも、ぐらい。
現に丸一日立ちっぱなしの展示会販売を一週間ぶっ通しでやる事が多々あるけど、白砂糖なしだと全然平気だった。砂糖は血液を酸化させる。酸化すると体が疲れてくる。そうなると悪循環。

あと、甘いものへの欲求がピッタリなくなった。

白砂糖辞めたら
・痛くない
・痒くない
・疲れない
・痩せた(特に下半身)
・変な時間に眠くならない
・イライラしない
・ダルくならない
・頭がぼうっとしない
・肌傷まない
・食べたくならない

生理前とかにふっと甘いの食べたくなるけど、無塩ナッツに置き換えたり、メープルシロップを使ったりしたら、全然OKだった。

今後も引き続き、白砂糖断ちを意識して続けていきたいと思う。
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-12-19 01:14 | 生活指導部 | Comments(0)

ガールズトークなネタですが、生理痛、排卵痛、PMSとありますが、みなさんはこの中でどれが一番痛いでしょう?私は排卵痛です。
寝てる時に痛みを感じながら寝てたり、痛過ぎて目が覚めたり。
起きてる場合は痛過ぎて吐きそうになったり。
と、随時ではなく周期があって、痛い時とそうでない時の差があったり。

昔は生理痛があまりにも酷くて、仕事にならず。なので初日は家に帰って寝るっていう、大迷惑な人だった。

大昔、ベジタリアンになりたての頃、クシマクロビオティックのサイトに「乳製品(動物性たんぱく質も)を1ヶ月辞めてみたら生理痛が楽になる」と書いてあったので、ほんとに1ヶ月辞めた翌月、めっちゃ楽でびっくりした。「じゃあ乳製品をずっと辞めたらこれは生理痛が無くなるんじゃないか?」と思って当分続けたら、本当に痛みがなくなって、そしたら鼻アレルギーも勝手に治っていたということがあった、、、。その後数年感はビギナーズラックだったのか、体ってこんなに軽いのか?ちゅうぐらい軽く、寝起きが壮快だった。痛みは全く無いし、軽いし。しかし、体って慣れるのか、Veganになってからしばらくしたら痛みが出てきたり・・・。生理痛は初日に痛いぐらいで後は痛くないのだけれど、排卵痛が酷くなってきた感じが。
それでわかったことは、女性ホルモン過多かも?ってこと。
牛乳をドリンクとして飲む事を辞めてからはもう15年ぐらいにはなるが、それを辞めても今度は豆乳を飲んだりすると痛みが出て来る。豆乳製品で同じことになるのかな?という疑問が。

これらの中にあるホルモンについてだけど、牛乳は、牛に投与するホルモン剤や抗生剤によるものと牛乳自体の女性ホルモン(エストロゲン)があるので、それによるもの。
豆乳はイソフラボンによる植物性エストロゲンによるもの。
大豆製品全般そうなるのか?ていうと違うようで、味噌汁とかはなんともない。
それは未発酵大豆製品と発酵大豆製品の違い。
最近、発酵していない大豆製品に関する危険性について色々目にするようになった。
それについて書くと長くなるので省くが、何せ女性ホルモンに働きかけてしまう物質が色濃く入っているものを食べると痛みが出てしまう。食べてすぐ出てなくても蓄積するのか、次の生理の時に反映されて初日ダウン、てなことになる。

それでも辞めてない場合にはやはりキツい痛みが待っているのだけれど、つい数ヶ月前はたまらなくなってロキソニンを飲んだ。薬なんてここ15年ぐらい買いもしないし、よほどの事でない限り飲まなったから速攻効くのかと思いきや、痛いのに1時間ぐらい効かないし。(その後は麻酔効いてるみたいに何にも痛くなくてさすがはケミカルだなと)
ドラッグストアで即効性の無い理由を尋ねたら「効かせたいなら生理になる前や排卵がくる数日前から飲み続けて下さい」と危険な答えが帰ってきた。
申し訳ないが、私は薬を崇拝しているわけではない。ケミカルなのにすぐ効かないなら意味ないじゃないかっ。薬も体が慣れてしまうと最後には効かなくなって飲めば飲む程に痛みを増長させるだけなので、やっぱり飲む事を辞めた。このペインキラーのせいで(というか痛みを取ろうとする人間のせいで)実験されてる動物達もいると思うと余計に飲みたくなくなってきて・・・。

急にまた婦人系が酷く痛み始めたのは、母との同居が始まってから。Veganなのに何故排卵痛になるのか意味がわからなかったけど、やはり婦人系は母子間のトラウマが関係している事がよ~くわかった。不思議な事に同居解消後はあの重い痛みが随分楽になって、何コレ?と。しかも、ベジタリアン落ち(乳製品はたまに取る)してもそれは変わらず。

で、あなた何をして痛みを取るんですか?と言うと、私は代替療法では、ずっとホメオパシー。(日本だとカルト的な存在になっていてとっても残念。海外のように普通に薬局で売ってくれたらいいのに。)即効性もある。
その中で痛みといえばコレっていうマグフォスというレメディがあるんだけど、私にはそれが効かない。で、カモミラ(痛みに対して怒る人のレメディ)というのも良いらしいと知ってそれがヒットしてからはもっぱらカモミラだけど、昨日はそれも効かず・・・。吐き気を伴う場合はイペカック(吐き気がある人のレメディ)を取ってみようか。

他にはハーブを使う。ラズベリーリーフティがけっこう効くので常備している。
ラベンダーとクラリセージの精油を使って仙骨から背中下部をマッサージするのも効く。
あとは、冷やさない。カイロとよもぎ蒸しも必須。もちろん生理時には布ナプだ。
それとやっぱヨガかな。

今日の夜は、寝る前にラズベリーリーフティを飲み、痛くて目が覚めた場合のために枕元にホメオパシーを用意しておこうと思う。

ちなみに男性にはこの痛みがわからないらしいが、生理痛を男性が体験するとあまりの痛さにもがき苦しむらしい。出産の痛みはというと、男性にはほぼ致死量らしいよ。そして痛みを鼻毛に換算すると10万鼻毛ぐらいになるらしい。キンタ○蹴られたら痛いけど、何時間も蹴り続けた感じかも。って、こっちの痛みは女性には全然わからないハナシ。
[PR]
by mandalaxsuper | 2014-02-07 15:15 | 生活指導部 | Comments(0)

b0237279_21274228.jpg

リラックマのトイレットペーパーを発見!
めちゃ( *♛ ェ ♛)かわいい!とスーパーで見つけたのはいいけれど、かわいいのって大体エコちゃうし。
紙質がどうも再生紙っぽいな~と思い、立ち止まってじっくりパッケージを舐めわすように見てこれがパルプ100%でない事を知り、即買い。
ミルクカートンと古紙から出来ている。
これがなかなか使い心地もよい。
パルプだったら買ってなかったのか?と聞かれたら、はい、そうです、と答えよう。
というのは、自分の中でパルプ100は買わないということに決めているからだ。
自分ごときのケツに使うモノのためにわざわざ森林伐採して欲しくはない。
それだけはここ10年ほど守っている、自分の中のちょっとしたコダワリである。

但しインド生活数ヶ月は除く。こん時はトイレットペーパー自体が貴重で外国人スーパーでちょっとしか売っておらず、ましてや再生紙だ?オーガニックだ?ああん?選べる自由?みたいな風潮であり、普通のトイレットペーパーを使いました。がんばって紙自体を使わないというインド式左手使用トイレ法を心がけたが、文化的な要素からか挫折・・・。レストラン行って、店のオッサンのチャパティこねてる手が疑惑になってきてカレー食えんようになったりもしてまうし。(今は全然食べれるよー)
それもあって、普段日本にいて選べるのだから、進んでトイレ用には再生紙を選ぶ事にしている。
再生紙の需要が高まれば、その分パルプも減ってくれるだろうから。
本も読めば、ポストカードやノートも買うわけで、そこでやっぱり森林伐採に加担しているからなんともいえないが、トイレだけでも再生紙を!と自分の中では曲げないで頑張っている次第である。
[PR]
by mandalaxsuper | 2012-11-14 21:52 | 生活指導部 | Comments(0)

b0237279_2245893.jpg


この可愛いレース付きのは・・・ふんどしです。褌!
人生初ふんどしに挑みました。
ふんどしといってもショーツタイプになっていて、真ん中紐で結べるタイプ。
なので、私のような初心者にはピッタリ。

このふんどし、アメブロ繋がりでもある友人のMさんが作っている"qilin"というブランドのもの。
見た目めちゃ可愛くてランチョンマットみたい♪
素材はリネン(麻)。
ヘンプも麻だけど、ちと違う。どちらもたくさんある麻の種類の中のひとつ。
フラックスシードオイルのフラックスという植物がリネンで
ヘンプ(シード)オイルのヘンプがヘンプ。
何かよくわからん説明ですが、、、。(焦)

麻って実は、竹素材にも匹敵するかそれ以上にスーパーな素材。
リネンはよくシーツやら何やらで生地では有名な素材なので耳にすることもあるか、と。

最近よく麻が、麻が、、と聞くのでほんのり知ったかぶってはいたけれど、
あなどるなかれ、麻ってヽ〔゚Д゚〕丿スゴイね。
寝る時にこの麻のふんどしを履いてみたら、なんと足が冷えなかった!!
これはビックリ!!

で寝る時専用にしようかと思っていたけれど、日中にも愛用。
1サイズ間違って買った大きめのパンツ(もっぱら犬散歩用)のインナーにしてみた。
いつもピッチピチのスリムパンツとか履いてるので、ゆったり感が心地良い。
肉体にもゆとりと肌呼吸が大切なんだな~と感じたのであった。

そして、冷えとりには絶対麻だな、と実感してみたり。
これは、布ナプにも是非活かしてもらいたい、と。

麻、気に入ったーー!!
麻って夏物のイメージだった私だけれども、朝を夏だけの素材にしておくのが勿体無い!

ふんどし、オススメです。

b0237279_2251995.jpg

写真を撮ろうとしたら、マツコが座りに来た。
やっぱり肌触りのいい素材はわかるのだね。
慌てて「マツコどきなさい」と言うおかんの手も一緒に写りこんでおります。
[PR]
by mandalaxsuper | 2012-10-22 22:05 | 生活指導部 | Comments(0)