ハーキマーの夢

b0237279_18573905.jpg
この世界は一見、鞄の外側の部分しか見えていないようなものだ。
あえて言うなら暗い単色の色の鞄だ。
でもその中を開けて見てみれば、鮮やかなバッグインバッグが幾つか入っていることもある。
映画『フォレストガンプ』で言っていた言葉にも似ている。
「人生はチョコレートの箱のようなものさ、開けてみなければ中身はわからない。」
中身を開けてみないとわからないもの、それは、制限を越えないと見えないものかもしれない。
その見えないものは、本来の自分なのかもしれない。
スピ系なら魂っていうかもしれないし、ハイヤーセルフっていうかもしれないし、まあ呼び方はなんだっていい。

ハーキマーダイヤモンドのマトリックス(母岩)はセメントのようなグレーカラーの岩だ。
たまに美しい結晶が見え隠れしてキラキラしてはいるが、中を割ってみなければ美しい結晶は出てこない。

こんな夢を見た。
全てを私に任せている親戚がいる。私に仕事を全部やらせておけばとても楽なものだから自分は何もしない。
よく言えば「私に任せて安心」、悪く言えば「自分は動かずに済む」。
私の見た目はぼーっとしていて動かさなさそうなのに陰ではちゃっちゃか無駄口叩かずに動いて何も言わないから、
私ではなく、さも自分がやったかのように人に見せることが出来る。
人の土俵で相撲を取るが如く。

私はハーキマーの大きな母岩を磨いていた。
「母岩がキラキラしているのは、数え切れないほどの極小の結晶達が光に反射しているから。これもまた小さなハーキマーダイアモンドの一部なのだ。知らなかったでしょう?」と説明して見せて
「自分の思い込みで見えてなかったものが見えてくるとはこれと同じだ。」と伝える。
制限しているのは自分自身でしかない。
本来この世にダメなものなど存在しない。自分や親、国、宗教、その他によって世界が型にはめられて、
その中でしか行動出来なくなり、考えが狭まっているにすぎない。
バカなことをしないように作られたモラルなのに、正しいことをなす際にそれが仇になり、
自分で自分を自由でなくならせてしまっている。
何もできない場合もある。
もちろんモラル外のことをするのは当たり前だがしてはいけないことであり、それは新しく悪いカルマを作ることになる。
モラルがあることが前提ではあるが、枠を取り去れば広がる世界があるのになぜ見ないのか、見ようとしないのか、
出来ることなのに、出来やしないと言い張るのか。
それらは絶対に可能なのだ。
自分の枠を作ったのは自分なのだから、それにまず気づくことだ。
そして「自分は出来ないから、あなたがやればいいじゃない、って人のせいにする準備だけはして、自分も出来るのにやらないのはアカン!」と怒っていた。

そして目覚めたのであった・・・。
ハーキマーは私たちに制限を取り去るということを教えてくれているのでしょうか・・・。
その制限は自分が作っていて、その制限を外しさえすればピカーンと輝き出す。
母岩から取り出されたハーキマーの結晶のように。

「四角い枠にこだわるな。キャンバスからはみ出せ!」By 岡本太郎





[PR]
# by mandalaxsuper | 2017-03-04 19:34 | 天然石 | Comments(0)

薔薇のポプリ

b0237279_12590973.jpg

ドライにした薔薇 2本
ピンクローズ (ハーブティ用)
ピンクペッパー(スパイス)
ローズヒップ(ハーブティ用)
ローズオットー精油 2滴
ローズウッド精油 2滴
パルマローザ精油 1滴

ドライにした薔薇は一輪だけバラして花弁だけの状態にする
もう一輪はガクから下をカットしてつぼみだけにしておく
ガラスの器に花弁、ピンクローズを敷いて、ピンクペッパー、ローズヒップを散らす。
精油を垂らし、混ぜ合わせる。
最後につぼみを乗せたら出来上がり

ここではガラスのシャーレを使用しましたが、お好きな器でお試し下さい
[PR]
# by mandalaxsuper | 2017-02-12 12:48 | Comments(0)

満月瞑想をば

2月11日 09:33 満月獅子座

お天気もいい朝で余裕があったから久しぶりに瞑想をしてみた。
メッセージ降りてこないかなと、思って。
ここんとこ、全く瞑想やらそんな時間すら持てなかったから、瞑想後に気付いたら1時間ぐらい経ってた。

満月は手放すのにいい日。
だからか、昨日から昔のことを思い出して書き連ねて、心の解放をしていた。
そして何だか掃除したかったり、片付けたい気分にもなっていた。

今回の満月は、自分自身にフォーカスを当てる、自分の意思で動く、私らしくある、
そんな感じの満月みたいだ。

早速やってきたメッセージたちは
・もっと身を委ねていい
・人に頼っていい
・バカになってもいい
・嫌な時は嫌って言ってもいい、ノーと言ってもいい
・期待に応えなくてもいい
・悪いからって遠慮せずに素直に受け取ったらいい

まあ、他の人からしたら普通のことでも私にとっては難しい課題であったりする。
人に頼りにくく人に任せられない、プライドが邪魔してバカにされたくない、
完璧であろうとして、期待に応えようとして、ノーと言えず、頑張りすぎて
なんでも出来ると思われて、人の期待を上回る結果を出さないと気が済まなくて
結局自分の範囲を超えてるのにそこを理解してもらえなくて
だんだん本当の自分からかけ離れていって、しんどい・・・っていう。
最後には燃え尽き症候群になっているってパターン。
本当の私はおっちょこちょいだし、すごーく抜けていて、ぼーっとしているのに
それを出さないように演じるため、先読みして物事の準備をする癖が付いていた。本当はきっとしたくないのに。
何なのかと思ったら、私は実はきっと人を信用していないのかもしれないって気付いた。

その積み重ねで、最近嫌なこと、やりたくないこと、ストレスが増えてきた。
主に仕事面で・・・。
今こそ手放すチャンスなのだと思う。

気付いた後、嫌な部分をマインドシフトするべく変換リストを作ろうと思った。
反対語みたいなもんだろうか。
時間を作ってゆっくり取り組めたら、と思うのだが、なかなかその時間がないよね。

自分がいい人を演じようとして蓋をしているエゴ、
本当の自分が感じている「これが嫌」「あれが嫌」っていうのを大人げないからと見て見ぬふりをしているけど、
ちゃんと嫌だって思ったり、言ったりしてみようと思い立った。
そしたらきっとスッキリするんじゃねえか?って。
そうなの、私は取られたくないの!絶対に嫌なの!ほんまやめて!お願いやから違うのにして!って、
思ってみたら、ほんとにスッキリした。
「私のもの」っていう所有概念は三次元の諸悪の根源、競争意識から争いの元になるって散々勉強してきた。
ネティブアメリカン、インド哲学、仏教、、ほぼすべての教えの中に入っているし、それを実行してきたはず。
でもね、一周して原始的な部分に戻って、やっぱり嫌なもんは嫌なんだよ。
ええかっこして前の私は「そんな風に思わないの、私は。だって私はヨギだから。」って意識高い系を演じて何も感じないようにしていただけだ。
今は感情を味わうようにしている。泣けなかったのが泣けるようになったりね。
だって取られたくないんだもの!私はそれを分かち合えないし、絶対シェアできない。
なぜなら人間には感情があるのだから、私にだって感情はあるのだ。
そう感じることで、私は生きてる!って思うのだ。

そんな満月・・・。

[PR]
# by mandalaxsuper | 2017-02-11 20:27 | Comments(0)

b0237279_20100242.jpeg
雨が降っている。
なぜか私は布団をかついでヨガを教えに世界中の子供達が集まるサンクチュアリというか施設に呼ばれて向かっている。
その仕事はみんなが羨むけれど、たまたま私にオファーがあっただけだ。

シルバーのエレベーターに乗り込むと中は機械的な様子はなく、ガーデンのようになっていて角には色とりどりの天然石の置き石がされていた。

エレベーターを降りて、おしゃれな文具屋に行く。
何かを二つ買ったんだけど、思い出せない。
多分携帯ケースかな。
買って店を出た後に、携帯電話をどこかで失くしていたことに気づく。
一緒にいた友人に携帯を失くしたことを伝えて探すがやはり見つからない。
ま、いいか・・・と思って歩いてたら、
さっきの文具屋の店員さんが「これを使ってください」と、ゴールドのApple Watchみたいなのを持ってきてくれてプレゼントしてくれた。
そして「すべてのタイミングは完璧なんだ。」と言って。

携帯無いと思ったその時、そのタイミングで差し出されたApple Watchみたいなやつ。
「それ今、話してたとこやん!凄ない??」って具現化の早さに友人と驚いている。

って、こんな夢を見た。

[PR]
# by mandalaxsuper | 2017-02-09 11:11 | Comments(0)

b0237279_14275118.jpg

数年前までは関西からミネラルショーに通っていた。
朝7時頃夜行バスを降りて、緊張しながらそのまま会場に向かう。
いつもミネラルショー前はかなり緊張するのだ。
少し早いので、公園で日向ぼっこしたり、ぶらぶらしたり、朝カフェしたり。
そのうち、いつの日だったか、ビッグイシューを売るおじさんが通り道に現れた。
新宿西口からハイアットリージェンシーに行くまでの京王プラザホテル道挟んで前あたり、住友ビルの前にいる。
ビッグイシューは、ロンドンで生まれたホームレス自立支援事業で、300円の雑誌を売って160円が販売者に入る仕組みだったと思う(今は350円/1冊)。
関西でもたまにビッグイシューを買ってたので、時間つぶしにどっかでビッグイシューを読もうかと思い立ち、購入したのがこのおっちゃん、吉澤さんだった。地元の話などを少ししたら、おっちゃんも西成(釜ヶ崎)にいたということで話が盛り上がり、時間をどこかで潰さなくても大丈夫になったのであった。ミネショ前の緊張が和らいでいた。それからおっちゃんを見かけたら「おっちゃん、おはよう!」と挨拶するようになった。ビッグイシューを買う時には、だいたい5分10分立ち話して、それからほっこりして会場に向かう。
いつもビッグイシューを買ったら、おまけで飴ちゃんをくれるのであるが、いつぞやは、「飴をあげるのを忘れた」と小走りに呼び止めてくれたっけ。

東京に越してきてからは、違うルートで通うため、おっちゃんの前を通ることがなくなった。

先日、用事で前を通りがかり、「おっちゃん、お久しぶり!」と声をかけた。
知人のブログにおっちゃんが載ってたよ、と言ったら、「おっちゃんはいろんなところに載ってる」と国内外の様々な新聞記事を見せてくれた。
色々な方の名刺をビデオテープとケースの間に挟んでいるのをちらっと見せてくれて、「某脳科学者とも飲み友達になったりね」と楽しげに喋っていた。
「東京は人が冷たいってみんな言うけど、そんなことはないよね。みんな温かい人ばっかでさ。」と。
私も本当にそう思う。人には恵まれているし、周りには冷たい人なんて一人もいない。
「ここに立ってたらいいことがいっぱいあるんだよ。」と笑っていた。
当たり前だがきっとおっちゃんにはおっちゃんの人生の色んな出来事が歴史になって今があるはずで、もしかしたら絶望的なこともあったのかもしれないけど、「いいことがいっぱいある」って笑って言える前向きさにハッとさせらえた。
「なんか私、今やさぐれてないかな・・・。」と。

ミネラル業界には全く関係のないおっちゃんだが、私のミネラル人生においての登場人物を考えてみたら外せない人物かな、と。
節目節目でふわっと現れては、ええ言葉を頂いて前向きになれるというか。

以前はバイトとして通っていて、その頃と今とでは、仕事の信頼も責任も全く違うし、色んな事が様変わりしていった。
はっきり言うて大変なことの方が多いから(ていうか、それを引き受けたのは自分です。)、以前のバイトだった時はラクやったな〜とか逃げたい気持ちで泣き言吐いたり、自分が本当にバカなんじゃないかと自己嫌悪に陥ったりもするし、たまに辛くて惨めな気持ちでいっぱいになる(契約を新しくしてもらえるよう打診しようって言ってずっと言い出せない自分が悪いのだ。)。
でも、結局は好きな仕事で好きな業界なんだけどね。

おっちゃんは変わらずにそこにいて笑って前向きだった。
私は自分の初心と周りへの感謝の気持ちを思い出したのであった。
b0237279_14275204.jpg



ビッグイシュー日本版
http://www.bigissue.jp/index.html

[PR]
# by mandalaxsuper | 2017-01-20 12:30 | Comments(0)