ビッグイシューのおっちゃん

b0237279_14275118.jpg

数年前までは関西からミネラルショーに通っていた。
朝7時頃夜行バスを降りて、緊張しながらそのまま会場に向かう。
いつもミネラルショー前はかなり緊張するのだ。
少し早いので、公園で日向ぼっこしたり、ぶらぶらしたり、朝カフェしたり。
そのうち、いつの日だったか、ビッグイシューを売るおじさんが通り道に現れた。
新宿西口からハイアットリージェンシーに行くまでの京王プラザホテル道挟んで前あたり、住友ビルの前にいる。
ビッグイシューは、ロンドンで生まれたホームレス自立支援事業で、300円の雑誌を売って160円が販売者に入る仕組みだったと思う(今は350円/1冊)。
関西でもたまにビッグイシューを買ってたので、時間つぶしにどっかでビッグイシューを読もうかと思い立ち、購入したのがこのおっちゃん、吉澤さんだった。地元の話などを少ししたら、おっちゃんも西成(釜ヶ崎)にいたということで話が盛り上がり、時間をどこかで潰さなくても大丈夫になったのであった。ミネショ前の緊張が和らいでいた。それからおっちゃんを見かけたら「おっちゃん、おはよう!」と挨拶するようになった。ビッグイシューを買う時には、だいたい5分10分立ち話して、それからほっこりして会場に向かう。
いつもビッグイシューを買ったら、おまけで飴ちゃんをくれるのであるが、いつぞやは、「飴をあげるのを忘れた」と小走りに呼び止めてくれたっけ。

東京に越してきてからは、違うルートで通うため、おっちゃんの前を通ることがなくなった。

先日、用事で前を通りがかり、「おっちゃん、お久しぶり!」と声をかけた。
知人のブログにおっちゃんが載ってたよ、と言ったら、「おっちゃんはいろんなところに載ってる」と国内外の様々な新聞記事を見せてくれた。
色々な方の名刺をビデオテープとケースの間に挟んでいるのをちらっと見せてくれて、「某脳科学者とも飲み友達になったりね」と楽しげに喋っていた。
「東京は人が冷たいってみんな言うけど、そんなことはないよね。みんな温かい人ばっかでさ。」と。
私も本当にそう思う。人には恵まれているし、周りには冷たい人なんて一人もいない。
「ここに立ってたらいいことがいっぱいあるんだよ。」と笑っていた。
当たり前だがきっとおっちゃんにはおっちゃんの人生の色んな出来事が歴史になって今があるはずで、もしかしたら絶望的なこともあったのかもしれないけど、「いいことがいっぱいある」って笑って言える前向きさにハッとさせらえた。
「なんか私、今やさぐれてないかな・・・。」と。

ミネラル業界には全く関係のないおっちゃんだが、私のミネラル人生においての登場人物を考えてみたら外せない人物かな、と。
節目節目でふわっと現れては、ええ言葉を頂いて前向きになれるというか。

以前はバイトとして通っていて、その頃と今とでは、仕事の信頼も責任も全く違うし、色んな事が様変わりしていった。
はっきり言うて大変なことの方が多いから(ていうか、それを引き受けたのは自分です。)、以前のバイトだった時はラクやったな〜とか逃げたい気持ちで泣き言吐いたり、自分が本当にバカなんじゃないかと自己嫌悪に陥ったりもするし、たまに辛くて惨めな気持ちでいっぱいになる(契約を新しくしてもらえるよう打診しようって言ってずっと言い出せない自分が悪いのだ。)。
でも、結局は好きな仕事で好きな業界なんだけどね。

おっちゃんは変わらずにそこにいて笑って前向きだった。
私は自分の初心と周りへの感謝の気持ちを思い出したのであった。
b0237279_14275204.jpg



ビッグイシュー日本版
http://www.bigissue.jp/index.html

[PR]
by mandalaxsuper | 2017-01-20 12:30 | Comments(0)