羽根再頻発

b0237279_1539099.jpg

大阪ショー(石の展示会)から帰って来て、また羽を頻繁に見るように。
小さい羽、大きい羽、ふんわりした羽、いろんな色の羽・・・。
ちょうど、3日間ガンガン高熱が出た今回の蠍座満月の前に。
この満月は「何かを手にするために何かを手放す」、、っていう感じの意味だったらしいけど、ほんと、熱を出して古いものを燃やし尽くした気がする。そんなセルフ錬金術的な。
高温で金属を焼き尽くす、そしてそこで不純な金属が溶け、残ったものが純粋な銀だったり金だったりする。
ガンガン燃やした後に残ったもの、それが本物で、それこそが自分の望むものだ。
人がそれはどうかな?って思ったとしても、自分のうちに残った純粋な金属を見てみればいい。
自分が行くべき道を行き、すべきことをするだけだ。
人生は選択の連続。
自分の選択を明確にするために一度燃えてみるのも必要だったのかもしれない。
羽はYesのサイン。羽を見たなら自分の疑問の答えはきっとYesだろう。
黒い羽は「あなたをサポートするよ」って意味。先に進まないといけない孤独な自分のそばにいてくれている天使のようでなんだか心強い。ゾロ目の444も同じような意味だけど、それもよく見る。

b0237279_17254957.jpg

カラスの羽は黒いと思いきや、色んな色をしている。青、グリーン、グレー、ライトブラウンのような。人口色ではきっと出し得ない自然が作り出した美しい黒。その昔、日本では黒髪の美しい様子を「烏の濡れ羽色」と表現した。なんだか艶っぽくて素敵な表現。

カラスは、縁起が悪いと言われるけれど、神や太陽の使者とされ、予知夢や天のメッセージを司るといわれている。またアニマルエッセンス(フラワーエッセンスの動物版)でもクロウ(カラス)は自分の本質に目を向けたりする時、世の中の全てが正しいこととは限らず自分自身の思った道を進まなければいけない時、全ての中からワンネスを見出す時(たくさんの点が線で繋がるとか)、自分自身を信頼すべき時に飲むエッセンス。

どんな鳥のものでもなくカラスの存在感ある黒い羽が自分の目の前に落ちて来たら、それは自分へのメッセージとして捉えてもいいのかも。

「自分自身を信頼すること」ここ最近の私のテーマになっている。
どないしょ、どないしょと弱弱しい自分をさらすのではなく、自分の芯をしっかり立て直すべき時にきている。自分の立ち位置を確認し、すべきことをしなければ。揺れている場合ではない。
[PR]
by mandalaxsuper | 2015-05-09 17:55 | Comments(0)