サグとパラックは何が違うかって

b0237279_22535100.jpg

サグパニール、アルパラックなどとあるが全部緑色のカレーである。
先日やっと、サグとパラックの違いがわかって、本当にスッとした。

サグ:菜っ葉(青菜)の総称
パラック:ほうれん草
(ネパール語)

サグのカレーの場合はほうれん草ではない場合がある。
パラックはほうれん草を使っている。

ちなみにパニールはカッテージチーズ、アルはじゃがいもの意味。

昔、ちょろっといた南インドのカルナタカ州では青菜はまた違う地元の言葉で「ソップ」と言っていた。
細こいひょろ長い子供が細いタイヤの自転車で、葉っぱを山積みにして「ソッポーイ!ソッポーイ!」と売りにきてたのを思い出す。
「最後のイは合いの手みたいなもんやな。♪北風小僧のかんたろー、あ、かんたろーい♪と一緒で。」
と、うちの旦那さんが言うので、インドの南側の僻地まで行ってまでまさかマチャアキの顔と歌を思い出すとは思わなかった。菜っ葉売りが来る度に・・・。

もう十年以上もサグとパラックの違いを知らないでいた。
例えるなら、十年来のデキモンがあったとしたら、それがパッと治ったかぐらいにスッとした感じがする。

写真は昔私が作ったほうれん草のカレー
今見たらあんまり美味そうではないな・・・。
そう思うと、やっぱり器って大事やね。

レシピはここ
(一部編集したいのだが、すでにパスワード忘れてしまって中に入れない状態なので、そのまま放置ブログ)
http://veggiereci.exblog.jp

[PR]
by mandalaxsuper | 2014-08-26 22:27 | ベジタリアン | Comments(0)