浅草行ってきました。

東京出張ついでに1日フリーの日を設け、念願の浅草へ。
駅を降りれば異空間。雰囲気作りから街作りがバッチリな浅草。京都みたい!
長い間お世話になっている浅草のパン屋さん「粉花」ご姉妹に案内してもらうことに。

b0237279_20311116.jpg

浅草寺へ。
実は高校の修学旅行の帰りにちらっとトイレ休憩がてら5分、10分のみ立ち寄った記憶がある、バスで。
トイレに行っただけで後は覚えていない。この提灯以外は。
今回はじっくりと堪能してみたいと思う。

ということでじっくり見てみればこの提灯、寄贈者は松下幸之助だ。
そして作っているのはなんと京都の業者さんということで、東京ながらかなり関西を感じずにはいられなかった。外には人力車の呼び込みとかもあるし、街もどことなく京風、ってことは雰囲気をチャキチャキにした京都は浅草?

提灯の横には金剛力士ではなく、風神雷神。
風神雷神の裏側にも天龍と金龍なる男女の神様像があったが、かなり珍しげな像。
龍をお祀りしているお寺だからか、どことな~く台湾っぽい雰囲気もあり、韓国っぽい雰囲気もあり・・・。

b0237279_20334642.jpg

提灯をくぐりぬけ、仲見世を通る。
お土産屋さんを見て歩くのは楽しい。
雷門の提灯型ボックスに入ったおせんべいやら、お土産屋さんなどを通り過ぎて発見した「舟和」、立ち止まらずにいられようか。
芋ようかんなどをお土産に購入。そしてずうっと気になっていた「すあま」を1個買って食べる。

b0237279_20343870.jpg

関西には「すあま」なるものを食べる文化がないため、「すあまを食す」は憧れだった。
名前自体が「すあま」て!!「アメマちゃうのん?」というぐらいに聞きなれない単語である。
舟和にそれはあった!鳥のような形の「すあま」の代金を払い、かじりながら練り歩く仲見世通り。
この味と食感、何かに似ている・・・。何やろな、と考えて近しいモノがあった。
それは、「生八つ橋」であった。これは生八つ橋の分厚い版だ。
食べハマり、帰りにお土産にボックスで買って帰ったほどに気に入った。
すあま~♪是非、寛平ちゃんに言って欲しい言葉の一つである。

b0237279_2035752.jpg

雷門の提灯の向こう側にこんな立派なものがあるとは知らなかった。
まだこの奥に本堂があるという。
しかし、ええ天気やな~~。

b0237279_20354477.jpg

本堂手前でおっと!
東京スカイツリーではないかっ。初めて見た~~と感動してパシャパシャ撮りまくり。

ところで浅草寺って「あさくさでら」じゃないんやね。
「せんそうじ」なんだそうな。
でも、隣にある「浅草神社」は「あさくさじんじゃ」なんやね。
ややこしね。(笑)

(続)
[PR]
Commented by ruggine at 2013-01-06 02:14
「イイネ」を送ってくださいましてありがとうございました。
すあまっ!!そういえば関東以北の銘菓ですね。
子供の頃から桃色のすあまが大好きで、今も帰ると必ず1回は食べます。
おいしいですよね♪
浅草寺は過去3回程おみくじを引いて3回共「凶」という思い出の場所です。(笑)
なんでも江戸城から鬼門の方角にあるとか。
これからもよろしくお願いいたします。
Commented by mandalaxsuper at 2013-01-06 12:53
>ruggineさん
コメントありがとうございます!
すあま、オイシイです。浅草寺、おみくじあったんですね。
凶って引くと落ち込みますよね~。
鬼門の方角にはお寺さんとか置いて風水で街作りをしていたのかーと思うと、すごく興味深いです。京都もそうなんですよ。
こちらこそ今後共宜しくお願いいたします。
by mandalaxsuper | 2012-12-30 20:37 | | Comments(2)