ちょっとしたコダワリ。 トイレットペーパーについて

b0237279_21274228.jpg

リラックマのトイレットペーパーを発見!
めちゃ( *♛ ェ ♛)かわいい!とスーパーで見つけたのはいいけれど、かわいいのって大体エコちゃうし。
紙質がどうも再生紙っぽいな~と思い、立ち止まってじっくりパッケージを舐めわすように見てこれがパルプ100%でない事を知り、即買い。
ミルクカートンと古紙から出来ている。
これがなかなか使い心地もよい。
パルプだったら買ってなかったのか?と聞かれたら、はい、そうです、と答えよう。
というのは、自分の中でパルプ100は買わないということに決めているからだ。
自分ごときのケツに使うモノのためにわざわざ森林伐採して欲しくはない。
それだけはここ10年ほど守っている、自分の中のちょっとしたコダワリである。

但しインド生活数ヶ月は除く。こん時はトイレットペーパー自体が貴重で外国人スーパーでちょっとしか売っておらず、ましてや再生紙だ?オーガニックだ?ああん?選べる自由?みたいな風潮であり、普通のトイレットペーパーを使いました。がんばって紙自体を使わないというインド式左手使用トイレ法を心がけたが、文化的な要素からか挫折・・・。レストラン行って、店のオッサンのチャパティこねてる手が疑惑になってきてカレー食えんようになったりもしてまうし。(今は全然食べれるよー)
それもあって、普段日本にいて選べるのだから、進んでトイレ用には再生紙を選ぶ事にしている。
再生紙の需要が高まれば、その分パルプも減ってくれるだろうから。
本も読めば、ポストカードやノートも買うわけで、そこでやっぱり森林伐採に加担しているからなんともいえないが、トイレだけでも再生紙を!と自分の中では曲げないで頑張っている次第である。
[PR]
by mandalaxsuper | 2012-11-14 21:52 | 生活指導部 | Comments(0)