マインドフルネス

b0237279_23504720.jpg

最近仕事でいっぱいいっぱいでヨガも瞑想もままならないからか、感情が乱れやすい。特に私は手動の腕時計みたいにたまに巻いて心をニュートラルにしとかないと、気にしすぎたり、考えこむ癖があり、凹みやすいから。

しかもスタジオはオフィスの下の階。
うち7階、スタジオ6階。

瞑想だけのスタジオって新しい。
講師の若い女の子Sriさん曰く
「ロスやNYにあるみたいな宗教性のないカジュアルなマインドフルネススタジオを作りたかった。仕事帰りに寄れる誰でも出来るような。グーグルとかFacebookの会社内にもマインドフルネス出来る部屋があるのになんで日本で出来ないのかな?と思って。」とのことだった。
偶然にも、私もロスやNYにあるみたいな宗教性のないスタイリッシュなヨガスタジオを作りたくて作ったんだった。同じ意図で始めた彼女に親しみを感じた。

私の時代はマインドフルネスって言葉があまり出てきてなくてメディテーション、瞑想だったから、結構怪しげだったかも。

b0237279_23504709.jpg

今日のクラスの概要は
15分のトラタク瞑想、キャンドルの炎をじっと見つめながら集中する方法
15分の芳香瞑想、アロマを焚いて香りな集中する方法
の二本立て。

キャンドルを見つめるうちに色んな色やモヤモヤが見えてきて眠くなり、zzz...
気を取り直してからのアロマで瞑想。
暗い部屋で集中する事で鼻が利くからか、ノートの違いで香ってくる順番があり、何をブレンドしてるかわかるのが面白くて。
一瞬、調香師なれんちゃうか?と調子乗ってみたり。

時々、断片的に印象の強く残ったいつぞやの映像とかが写真みたくパシャッ、パシャッと頭の中に出てきたり。でもそれは追わずに流れるがまま放置。考えないのがコツ。
浮かんでは消え、浮かんでは消え。

b0237279_23504803.jpg

メディテーションは頭の中のデフラグ、頭の整理術、頭の中の断捨離。

脳科学的にも有効だとされるマインドフルネスはストレス緩和の近道。落ち着きと明晰さ、集中力をもたらし、分析力が高まる事で仕事のパフォーマンスも上がる。記憶力の衰えにもいい。

終わった後はスッキリ爽快でオフィスに戻るも、あるはずの書類がない…。
頭の中パニック。
平常心を取り戻すためにもう一回目をつぶりメディテーションにふけろかと思いかけたが、そこはまず探せよ!ということで目をしっかりと見開いて、まずはオフィスを整理することにしたのであった。
b0237279_23504825.jpg


[PR]
# by mandalaxsuper | 2017-05-21 23:49 | Comments(0)

ニュウマンで同級生で幼馴染のMMちゃんとランチ。
彼女の家がうちの斜め向かいだったから、お互い気付いたらおったわ、みたいな…。彼女は去年大阪に帰ったものの、関東在住十数年と長い。

ネタは関西人以外の人との本音トークについて等。「本音で話すなぁ、と思ったら関西人やったわ! それ以外の人は突っ込んでも来えへんし、当たり障りない話しかせえへんねん。大阪みたいに金額の事とか言わへんやん。あんまり踏みこまへんて感じやねん。」って。

よく関西人は土足で踏み込むていうアレか?!

私も普通に質問してるつもりが「斬り込んで来やがったなこの野郎!」って構えられたり引かれたりする時が多々あって、関西ではアイスブレイクになって、それから話が弾むのに、「なんでそれを聞くの?」みたいになるみたいで、たまにほんまに話すのが怖くなる時がある。わからなくて。
やらかしてしまうと、自分が爆弾を抱えてるんやないかと思って。人を凹ませたんやないかと思って自分も凹んで、えー…!?みたいな。

大阪のコは特にオープンなコが多いからね。
大阪で何発言しても誰も何も言わんしあまり人の行動気にせんし、むしろ腹割るのが誠実に感じてる自分もいる。
だから関西ローカルの番組は、関東で言えない事をぶちまけるのが多い。

私も慣れて来たとは言え、実は人との距離感覚がつかめな過ぎて戸惑う事が多いし、いきなり「僕は関西人嫌いなんだよね〜」っておっさんにジャブ入れられてのスタートやったから、さらに怖い。
ほんで「あまり何でも話しちゃダメ。」って聞いたし、正直でバカを見る時もあったり、感情を表に出し過ぎてもあかんねやろなと控えめに控えめにしてみたり、こんな時、京都人やったら良かったのにな、と淡い憧れを抱くのであった…。
(関西でも大阪、京都の違いは特に大きく、滋賀、奈良、和歌山もそれぞれのローカル性がある。)

私らの育った地域は特に口が悪いから、こちらではキツく聞こえないように気をつけている。
が、しかし、私の接客時の印象からか、周りにもサバサバしていると思われてしまう。それはきっと関西弁だからそう見えるんやないかと。
子供の頃から私は決して気が強くなかったし、引っ込み思案やし、どちらかと言うとへタレ部門だ。なるべく目立たぬように、はしゃがぬようにやっていたんだから。せやのに目つけられて、はい!呼び出し。出て来いや〜!が何度あったことだろう…。

もとい、仕事する上でも実は全然違う。私の関西風の味付けの仕事の仕方は多分、合理性に欠けてきっと無駄が多いかもしれない。かつおぶしの代わりに浪花節が入った出汁だから。実際のところ、関西は昆布味やけどな。
って、書いていったらキリがないけど。

それでも私はどういうワケか大阪人に見えないみたいで、っぽくない大阪人なのだ。
お茶漬け的にサラッとしてるのか…。
あめちゃん、ヒョウ柄でお好み焼きにマヨネーズとソースなコテコテの人では無いのは確かだ。
第一私はズケズケ物を言わない!

色々考えても、大阪は特殊で同じ日本でも外国で、異文化なんやろな…。
私は海外に暮らした事もあり、外国人との仕事も長いし、異文化には慣れているつもりだが、「大阪人のお前が一番異文化じゃ!」と、まるでEnglish man in N.Y.状態である。

ただ、私もMMちゃんもお互いに話の締めくくりはいつも「せやけど東京の方が暮らしやすいし、東京の方がええな。」「ほんまやな〜。」ってなる。だってもうずっとこっちにいたいもん。てか、おるし!

関東で活躍されている関西人の諸先輩方のおかげで、関西弁がポピュラーになり、あまり人に引かれなくなってきているのもありがたいことで。

これは関西から東京に通いで来てる時には全くわからなかった事だ。(しかも、ブラジル人、ドイツ人、帰国子女、宇宙人の皆様としかほぼ関わってなかったし、笑。日本の社会とは、を今教えて頂いているのである。)
深く関わる事で見えてくるもんがあるし、見たいし経験したいと思う。どんなけ嫌になろうとも、一周して良さを見直してやっぱり好きなんやなと思えるみたいな深さ。
地球の様々な場所から人が集まる東京で仕事して、あれして、これして、って経験は貴重なのだ。それが面白いし、また楽しい。
違いがあるからこそ認めることが出来るし、狭い視野を広めるチャンスをもらっている。

そんなこんなで今、東京生活2年目。

VIVA国内異文化交流!

”Be yourself nomatter what they say.”
誰になんと言われようと、自分らしく!
-English man in NYの歌詞-
b0237279_03252428.jpg


[PR]
# by mandalaxsuper | 2017-05-21 03:33 | Comments(0)

ハーキマーの夢

b0237279_18573905.jpg
この世界は一見、鞄の外側の部分しか見えていないようなものだ。
あえて言うなら暗い単色の色の鞄だ。
でもその中を開けて見てみれば、鮮やかなバッグインバッグが幾つか入っていることもある。
映画『フォレストガンプ』で言っていた言葉にも似ている。
「人生はチョコレートの箱のようなものさ、開けてみなければ中身はわからない。」
中身を開けてみないとわからないもの、それは、制限を越えないと見えないものかもしれない。
その見えないものは、本来の自分なのかもしれない。
スピ系なら魂っていうかもしれないし、ハイヤーセルフっていうかもしれないし、まあ呼び方はなんだっていい。

ハーキマーダイヤモンドのマトリックス(母岩)はセメントのようなグレーカラーの岩だ。
たまに美しい結晶が見え隠れしてキラキラしてはいるが、中を割ってみなければ美しい結晶は出てこない。

こんな夢を見た。
全てを私に任せている親戚がいる。私に仕事を全部やらせておけばとても楽なものだから自分は何もしない。
よく言えば「私に任せて安心」、悪く言えば「自分は動かずに済む」。
私の見た目はぼーっとしていて動かさなさそうなのに陰ではちゃっちゃか無駄口叩かずに動いて何も言わないから、
私ではなく、さも自分がやったかのように人に見せることが出来る。
人の土俵で相撲を取るが如く。

私はハーキマーの大きな母岩を磨いていた。
「母岩がキラキラしているのは、数え切れないほどの極小の結晶達が光に反射しているから。これもまた小さなハーキマーダイアモンドの一部なのだ。知らなかったでしょう?」と説明して見せて
「自分の思い込みで見えてなかったものが見えてくるとはこれと同じだ。」と伝える。
制限しているのは自分自身でしかない。
本来この世にダメなものなど存在しない。自分や親、国、宗教、その他によって世界が型にはめられて、
その中でしか行動出来なくなり、考えが狭まっているにすぎない。
バカなことをしないように作られたモラルなのに、正しいことをなす際にそれが仇になり、
自分で自分を自由でなくならせてしまっている。
何もできない場合もある。
もちろんモラル外のことをするのは当たり前だがしてはいけないことであり、それは新しく悪いカルマを作ることになる。
モラルがあることが前提ではあるが、枠を取り去れば広がる世界があるのになぜ見ないのか、見ようとしないのか、
出来ることなのに、出来やしないと言い張るのか。
それらは絶対に可能なのだ。
自分の枠を作ったのは自分なのだから、それにまず気づくことだ。
そして「自分は出来ないから、あなたがやればいいじゃない、って人のせいにする準備だけはして、自分も出来るのにやらないのはアカン!」と怒っていた。

そして目覚めたのであった・・・。
ハーキマーは私たちに制限を取り去るということを教えてくれているのでしょうか・・・。
その制限は自分が作っていて、その制限を外しさえすればピカーンと輝き出す。
母岩から取り出されたハーキマーの結晶のように。

「四角い枠にこだわるな。キャンバスからはみ出せ!」By 岡本太郎





[PR]
# by mandalaxsuper | 2017-03-04 19:34 | 天然石 | Comments(0)

薔薇のポプリ

b0237279_12590973.jpg

ドライにした薔薇 2本
ピンクローズ (ハーブティ用)
ピンクペッパー(スパイス)
ローズヒップ(ハーブティ用)
ローズオットー精油 2滴
ローズウッド精油 2滴
パルマローザ精油 1滴

ドライにした薔薇は一輪だけバラして花弁だけの状態にする
もう一輪はガクから下をカットしてつぼみだけにしておく
ガラスの器に花弁、ピンクローズを敷いて、ピンクペッパー、ローズヒップを散らす。
精油を垂らし、混ぜ合わせる。
最後につぼみを乗せたら出来上がり

ここではガラスのシャーレを使用しましたが、お好きな器でお試し下さい
[PR]
# by mandalaxsuper | 2017-02-12 12:48 | Comments(0)

満月瞑想をば

2月11日 09:33 満月獅子座

お天気もいい朝で余裕があったから久しぶりに瞑想をしてみた。
メッセージ降りてこないかなと、思って。
ここんとこ、全く瞑想やらそんな時間すら持てなかったから、瞑想後に気付いたら1時間ぐらい経ってた。

満月は手放すのにいい日。
だからか、昨日から昔のことを思い出して書き連ねて、心の解放をしていた。
そして何だか掃除したかったり、片付けたい気分にもなっていた。

今回の満月は、自分自身にフォーカスを当てる、自分の意思で動く、私らしくある、
そんな感じの満月みたいだ。

早速やってきたメッセージたちは
・もっと身を委ねていい
・人に頼っていい
・バカになってもいい
・嫌な時は嫌って言ってもいい、ノーと言ってもいい
・期待に応えなくてもいい
・悪いからって遠慮せずに素直に受け取ったらいい

まあ、他の人からしたら普通のことでも私にとっては難しい課題であったりする。
人に頼りにくく人に任せられない、プライドが邪魔してバカにされたくない、
完璧であろうとして、期待に応えようとして、ノーと言えず、頑張りすぎて
なんでも出来ると思われて、人の期待を上回る結果を出さないと気が済まなくて
結局自分の範囲を超えてるのにそこを理解してもらえなくて
だんだん本当の自分からかけ離れていって、しんどい・・・っていう。
最後には燃え尽き症候群になっているってパターン。
本当の私はおっちょこちょいだし、すごーく抜けていて、ぼーっとしているのに
それを出さないように演じるため、先読みして物事の準備をする癖が付いていた。本当はきっとしたくないのに。
何なのかと思ったら、私は実はきっと人を信用していないのかもしれないって気付いた。

その積み重ねで、最近嫌なこと、やりたくないこと、ストレスが増えてきた。
主に仕事面で・・・。
今こそ手放すチャンスなのだと思う。

気付いた後、嫌な部分をマインドシフトするべく変換リストを作ろうと思った。
反対語みたいなもんだろうか。
時間を作ってゆっくり取り組めたら、と思うのだが、なかなかその時間がないよね。

自分がいい人を演じようとして蓋をしているエゴ、
本当の自分が感じている「これが嫌」「あれが嫌」っていうのを大人げないからと見て見ぬふりをしているけど、
ちゃんと嫌だって思ったり、言ったりしてみようと思い立った。
そしたらきっとスッキリするんじゃねえか?って。
そうなの、私は取られたくないの!絶対に嫌なの!ほんまやめて!お願いやから違うのにして!って、
思ってみたら、ほんとにスッキリした。
「私のもの」っていう所有概念は三次元の諸悪の根源、競争意識から争いの元になるって散々勉強してきた。
ネティブアメリカン、インド哲学、仏教、、ほぼすべての教えの中に入っているし、それを実行してきたはず。
でもね、一周して原始的な部分に戻って、やっぱり嫌なもんは嫌なんだよ。
ええかっこして前の私は「そんな風に思わないの、私は。だって私はヨギだから。」って意識高い系を演じて何も感じないようにしていただけだ。
今は感情を味わうようにしている。泣けなかったのが泣けるようになったりね。
だって取られたくないんだもの!私はそれを分かち合えないし、絶対シェアできない。
なぜなら人間には感情があるのだから、私にだって感情はあるのだ。
そう感じることで、私は生きてる!って思うのだ。

そんな満月・・・。

[PR]
# by mandalaxsuper | 2017-02-11 20:27 | Comments(0)